決意新たに | いっちゃんのひとり言

決意新たに

荻窪の自宅の自分の書斎で庭の「嘉平桜」を見ながらブログを書いている。

庭の「嘉平桜」を実父の市村嘉平が植えてくれたのは20年以上前になる。

私がKOBE証券(現・インヴァスト・7338)の社長時代に高額な給与をもらっていたので思い切って荻窪に土地を購入したのだ。

某有名機械メーカーの社員寮であった跡地を更地にしたところで購入した。

父はそれを喜んでくれて、練馬の自宅にあった桜の木を私の土地に植え替えてくれた。

なので、その桜の木を父の名を取って「嘉平(かへい)桜」と私が命名した。

桜が咲くと8年前に逝去した父が帰ってきたようで嬉しい。

「洋文、元気で頑張っているか」と父が私に話し掛けているようだ。

「お母さんは元気か。ちゃんとめんどうを見ているか」

日本人にとって桜は特別な意味のあるものだ。

太平洋戦争時は諸先輩方は靖国神社の桜の木の下で会おうと言って散っていった。

今の平和な日本があるのも先人の人たちの努力があってのものだ。

今の生活を当たり前と思ってはいけない。

敗戦の屈辱の中から皆が一生懸命働いてきたから今の日本がある。

私の中には父と母の血が流れている。

私の中には先祖が生きている。

だからこそ、毎日毎日一生懸命に世の中のために働くのだ。

本気で仕事をしているかと自分に問い続けるのだ。

稼がないで施しを受けるだけの生活では人間が駄目になる。

父は自衛官として定年まで国防の仕事をしてきた。

私も経営者として少なくとも今の従業員を守っていかねばならない。

決意新たに嘉平桜を観る。

 

 

クラッカーバックナンバーはこちらクラッカー

 

爆弾おかげさまで7刷り御礼!爆弾

アップ『1億稼ぐ営業の強化書』アップ

 

営業マンのバイブル

『昼メシは座って食べるな!』


 

    
にほんブログ村