不断の問答 | いっちゃんのひとり言

不断の問答

自分の姿だけは目に映らない。

当たり前のことだ。

自分の目に見えない自分がいる。

ただひとりの人間がいるのだ。

自分自身を一個の客観物として見て、的確に自分自身をメンテナンスする方法を知っているか。

私は寝る前に歯を磨く。

20分も洗面台の大きな鏡の前で鏡と向き合う。

自分を見つめる時間なのだ。

歯を磨きながら、鏡に映る自分に「今日も、お前は研修もコンサルも良く頑張った」と自分の体に言う。

「今日も、声が枯れそうになったが良く耐えた。

どんな状況でも倒れずに、俺に付いて来てくれてありがとう。」と言う。

生身の自分は魂だ。

鏡の中にいる自分は体だ。

俺が魂で、お前が体なのだ。

鏡越しに私は毎日、実像と鏡像の問答をする。

「少し疲れたが、休んだ方がいいか?」と問いかけると、鏡像は「何、言ってるんだ。もっとやれ。」と答える。

「走り過ぎていないか?」と聞くと「全然、走ってない。もっと早く走れ!」と言う。

俺とお前が投合し、魂と体が合体する。

やるしかないと思い、再び明日全力で走ることを決める。

全く開けたことないドアを自分の力で開ける努力をする。

今まで見えなかった世界がそこにはあるかもしれない。

夢に酔い、夢で舞い、夢をつかむ努力をし続ける。

自分自身と毎日、不断の問答を繰り返す。

やるしかない。

 

 

 

 

🎤目キラキラファーストヴィレッジチャンネル特別インタビューキラキラ目🎤

 

 

バックナンバーはこちらクラッカー

 

爆弾おかげさまで6刷り御礼!爆弾

アップ『1億稼ぐ営業の強化書』アップ

 

営業マンのバイブル

『昼メシは座って食べるな!』


 

    
にほんブログ村