人を見る目を養うには | いっちゃんのひとり言

人を見る目を養うには

「人を見る目」とは、人を見極める力のことである。

稀にもともと持っている人もいるが、多くの人は様々な経験を積み重ねながら自然と身に付けていくものである。

この目が確かだと、生きていくのに大きな武器となる。

ビジネスシーンにおいても非常に大切なものなので、どのようにしたら養うことができるか、ポイントを簡潔に記す。

①  多種多様な人に出会う

「人を見る目」を養うのに、これ以上のことはない。裏切られたり傷付いたりすることもあるだろうが、それも良い勉強。確実に目が肥えていく。

②  第一印象だけで判断しない

人は見た目が9割と言われているが、それだけで人を判断してしまうのは危険。いわゆる詐欺師というのは総じて第一印象が良いものである。

③  偏見や思い込みを捨てる

社会的な地位や肩書などを外して、その人の真実を見るようにすること。

④  言動が一致しているか否か見極める

矛盾があるかどうか冷静に洞察する習慣を持つ。

⑤  緊急時の対応の仕方を観察する

人の本性というのは、切羽詰まった時こそ出やすいものである。

いつの世も、人の幸不幸は人間関係に影響を受ける。

「人を見る目」を養って、上手に世の中を渡っていこう。

 

 

🎤目キラキラファーストヴィレッジチャンネル特別インタビューキラキラ目🎤

 

 

バックナンバーはこちらクラッカー

 

爆弾おかげさまで6刷り御礼!爆弾

アップ『1億稼ぐ営業の強化書』アップ

 

営業マンのバイブル

『昼メシは座って食べるな!』


 

    
にほんブログ村