雨降らば降れ 風吹かば吹け | いっちゃんのひとり言

雨降らば降れ 風吹かば吹け

今日は、室町時代の禅僧であった一休禅師の話である。

「一休さん」と親しまれ、幼少の頃の逸話は絵本やアニメにもなっているから、ご存知の方は多いであろう。

24歳の頃、一休さんはこんな詩歌を詠んでいる。

【有漏路(うろじ)より 無漏路(むろじ)へ帰る一休み 雨降らば降れ 風吹かば吹け】

漏というのは、人間の煩悩。

有漏路(うろじ)は煩悩の有る「この世」のこと、無漏路(むろじ)は煩悩の無い「あの世」のことである。

一休さんが言わんとしているのは、こうだ。

【人の一生とは、この世からあの世へ行くほんの短い旅に過ぎない。

今の私は、その旅の途中で一休みしているだけ。

雨も風も、好きなだけ降りつけ吹きつけばよい。

豪雨も暴風も、旅の途上の一休みの間の出来事であって、たいしたことではない。】

いわゆる諸行無常を謳ったものであるが、『雨降らば降れ 風吹かば吹け』というフレーズが潔く清々しく、私は好きだ。

生きていれば、いろいろなことが起こる。

経営者なら、なおのことだ。

それが当たり前なのだから、起きる出来事にいちいち右往左往することはない。

『雨降らば降れ 風吹かば吹け』と腹を据え地に足を付けて生きれば、気持ちが落ち着いてくる。

心に余裕があれば、人間というのは、強く明るく優しく生きていけるものだ。

🎤目キラキラファーストヴィレッジチャンネル特別インタビューキラキラ目🎤

 

 

 

バックナンバーはこちらクラッカー

 

爆弾おかげさまで6刷り御礼!爆弾

アップ『1億稼ぐ営業の強化書』アップ

 

営業マンのバイブル

『昼メシは座って食べるな!』


 

    
にほんブログ村