共感性が大切 | いっちゃんのひとり言

共感性が大切

私は、さまざまな可能性に挑戦する人間が好きだ。

冬のエベレストやK2の登頂に挑む登山家。

南極大陸を犬ぞりで横断する冒険家。

甲子園を目指す高校生。

オリンピックで100分の1秒の差に鎬を削るランナーやスイマー。

私は、こうした自分の可能性にギリギリまで挑戦する姿を見ていると、自分も強く勇気付けられる。

そして、自分も彼らに負けないようにビジネスの世界で全力で努力しようと考える。

つまり、彼らに私は共感している。

会社には、色々な人間が集まっている。

当然、学歴も今までのキャリアも能力も考え方も違う。

それはそれで良い。

しかし、同じ組織の中で全員が持っていけなければならないものがある。

それは、共感性である。

自分の属する組織、つまり会社の経営理念、ビジョン、目標に対して共感性を抱かなければ、組織の成長はない。

組織の目指すべき方向性に共感できず、自分には関係ないことと傍観者ばかりの集団であったら、その組織は崩壊する。

そして、リーダーは組織構成員に対して、常にカルチャーフィッティングをし続ける必要がある。

我々はどこに向かい進んでいるのか。

我々の目指す目標達成のために、空想家や夢想家はいらないのだ。

いわんや、目標に対する冷笑家や傍観者もいらない。

我々の可能性に対して、共に歩んでいく理念。

目標を共有していく仲間が組織を作っていくのだ。

共に汗をかき、泥にまみれ、ともに血を流すかもしれないが、目標に向かって突き進む共感性が組織には必要なのだ。

 

🎤目キラキラファーストヴィレッジチャンネル特別インタビューキラキラ目🎤

 

 

 

バックナンバーはこちらクラッカー

 

爆弾おかげさまで6刷り御礼!爆弾

アップ『1億稼ぐ営業の強化書』アップ

 

営業マンのバイブル

『昼メシは座って食べるな!』


 

    
にほんブログ村