2010-06-16 07:40:21

お疲れ様、馬場社長

テーマ:名経営者編



進学塾のノウハウと、家庭教師のきめ細かさで知られている東京個別指導学院(TKG)。

同社の創業オーナーである馬場社長が、527日に現役を退かれました。
いっちゃんのひとり言



いっちゃんのひとり言



――馬場社長との出会いは、今から13年前にさかのぼります。


私は野村證券の大森支店長当時、ヘッドハンティング会社の縄文アソシエイツを通じてご紹介されました。

現職の支店長の私に対し、役員として受け入れたい!とヘッドハンティングすること自体に驚きました。

東京個別指導学院はその当時「日本教育公社」という社名で、まだ株式公開されていませんでした。


口頭で、お断りしたのですが「お会いだけでもして欲しい」とヘッドハンティング会社より強いご要望があり、カナダ大使館下のレストランで食事することになりました。


初めてお会いした馬場社長は、なんと私と同い年ではありませんか。


まるで中三トリオ!?のような気安さで、あっという間にすっかり意気投合。

話を伺うと、馬場社長は慶応大学時代から、父親が経営する会社の倉庫の上で町の子ども達を集めて塾をやっていたそうです。



「先生! 100点とったよー!!」


満面の笑みで学校の帰りに答案用紙を持って来る子ども達が可愛くて、塾を通じての教育の醍醐味を感じられたとか。


子ども達というのは、乾いたスポンジのように知識をどんどん吸収していくそうです。

大学生だった馬場社長は、次第に子ども達に「プラスの連鎖」を感じるようになりました。


一生懸命指導する


夢中になって勉強に取り組む

 ↓

学校のテストで良い点数をとる

 ↓

何事にも意欲的になる


目標を持った子ども達の成長する姿からプラスの連鎖を肌で感じ、「もっと頑張ろう!」と奮起したそうです。


この体験が、後に教育事業を展開する原点となったのです。



慶応大学卒業後は、一年間公文の教育に携わった後に独立。東京個別指導学院を創業されました。

東京個別指導学院の特長は、それまで塾の主体であった集団型ではなく、11の家庭教師型の教育をはじめて塾に導入したことです。


本来の家庭教師ですと家庭にお邪魔して指導するため、母親と先生がお互い気を使ってしまいます。


しかし、通いやすい駅のすぐそばに教室を構え、ブースで区切られたスペースなら集中して勉強に取り組めます。


集団塾と家庭教師の、まさにイイとこどりという画期的な個別指導塾の経営がスタートしました。


●集団塾のイイところ


進学・受験のノウハウがある。

通塾するため、学習習慣を身につけられる。

自分のレベルがわかる。

学習環境が整っている


●家庭教師のイイところ


自分のレベルやペースにあわせた授業をしてくれる。

きめ細やかな授業をしてくれる。

時間に融通がきく。

子どもの相談相手になってくれる。


さらに、一人ひとりの子どもに対して「どこが分からないのか」進捗に合わせた独自のテキストを作成。


テストでこまめにチェックし、理解しているレベルまで戻ってから勉強を開始します。

このように先生と1対1で、確実に力がついていく個別指導の仕組みを確立されました。

我々が学生時代、駿台や代々木ゼミの先生はマメ粒くらいに小さくて、大人数の学生で埋まった教室の中で先生とは文字通り遠い存在でした。()


それに比べ、馬場社長が作られた教育システムは、子どもの心を捉えて大飛躍!


あっという間に、東証一部上場を果たしたのです。

ヘッドハンティングはお断りしたものの、馬場社長とはその時の食事会がご縁となり、1年に2~3回、会食を通じて懇親を深めて参りました。


その後IRの進め方やファイナンスの助言、M&Aの提案等、折りを見てアドバイスさせて頂きました。

今から3年前、通信教育大手のベネッセと資本提携をしました。ベネッセの「赤ペン先生」添削システムと東京個別指導学院の個別指導のノウハウは、お互いシナジー効果を発揮しています。

今回、馬場社長の引退は事業が軌道に乗り、30年近く教育業界に貢献され続けてきた一つの区切りのようです。


先日も馬場社長と日本橋で会食をし、有意義な時間を過ごすことができました。


今後は世界各国を回り、色々な国の教育の在り方を研究されるとのこと。


ゼロから教育事業を立ち上げた馬場さんは、まさに起業家です。

一年後、また新しいビジネスを起こされるようでしたら、馬場さんのために応援していきたい所存です。





いっちゃんのひとり言





AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

市村洋文さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。