健美幸生【けんびこうせい】〜あなただけのオーダーメイドセッション Powerd by 山田佳奈

健美幸生【けんびこうせい】〜あなただけのオーダーメイドセッション Powerd by 山田佳奈

五感と直観を活かして、健康で美しく幸せに生きる術を発信中。しあわせのかたちは人それぞれ違うから、あなただけのオーダーメイドセッションで、しあわせを叶えます。アーユルヴェーダ道先案内人。のべ6000人の施術経験者セラピスト。遠隔健康診断、イタリア美容雑貨販売。


テーマ:

BUONGIORNO!こんにちは!
山田佳奈です。

 

『欲しい未来を、イメージの力で創り出す方法』は、

『創造の力をどう使うのか』ということに帰着します。

 

 

簡単に書くと、自分の『あ』りたい姿をイメージする。

 

 

 

これに尽きるのですが、大事なことは、

 

 ❌ 自分の『な』りたい姿をイメージする

 

のではない。という違い。

 

 

 

例えば、何かの壁にぶつかって、困っている状況があったとしたら、

 

  ❌ その状況を打開している自分

 

をイメージするのではなくて、

 

 ⭕️ その状況から解放されて、『喜んでいる』自分

 

 

をイメージするのです。

 

 

もちろん、状況を打開したり、解放されたり、

この部分も大事なのですが、

もっと大事なのは、そのあとの、『どうありたい自分』なのかが大事。

 

 

そこに焦点をギューーーーっと合わせてイメージします。

 

 

 

そうしたら、不思議と、勝手に?!状況は、打開されたり、解放されたり、

困難な状況そのものがなくなったりします。

 

 

 

 

ところが、前半部分に固執して、

 

 

   状況が変わりますように!

 

 

といくらお願いをしても、変わらないのが不思議なところ。

 

 

 

これって、もしかして、なんですが、

神様目線で言えば、

 

 

 神 この状況なくして、おまさんの幸せを作れんから作っとるんじゃ!

 

 

という意図があったとしたら、どうでしょう。

 

 

 

この状況を変えてくれってっ頼むこと自体が、

そもそも、神様に失礼(笑)

 

 

 

だったら、その状況でもなんでもいいから!

私、幸せになる!!!ってイメージ(つまり、お願い?)をしたほうが、

神様の方もああっさり、

 

 

 神 そうかいそうかい!ほな、もうこのステージはおしまいじゃな!はっはっは!!!

 

 

って、終わりにしてくれる気がしませんか?

 

 

 

 

とにかく、創造のエネルギーは、状況に使うのではないのです。

自分の『あ』りかたに使う。

 

 

 

巷で、BEを決める。DOを決めるのではないと言われているのは、

まさに、ここだと思うのですよ。

 

 

 

 

 

 

手紙まずはじめは、遠隔健康診断のお申し込みをお勧めします。
お申込みはこちらからどうぞ!矢印お申込みフォーム

テーマ:

BUONGIORNO!こんにちは!
山田佳奈です。

 

 

 

いろんな自分の思考だったり、感情の中を

いわば、『観察』して、『無意識に眺めて』いる瞬間に訪れる静寂は、

とてつもなく居心地が良くて、

まるで宇宙の・・・いや、神様に抱かれているかのような不思議な感覚なのですけれど、

 

 

 

これこそが、『人生を豊かにする秘技』なんだと、私は信じていたりします。

 

 

 

 

 

なんでって、理由は、わかりません(笑)

でも、一つだけ言えることがあって。

 

 

完全に瞑想状態・・・つまり、自分の中に幽体離脱できた次の瞬間、

少なくとも次の日までには、

なにかしらの『ご褒美』がやってきていたから(笑)

 

 

不完全な瞑想、不完全な状態では、やってこないんですけど、

もうそんな至福な時間を過ごした後は、

必ずやってきた『ご褒美』

 

 

そんな『ご褒美』は、いろんな形で、予想だもしない形でやってきていました。

 

 

わかりやすい形では、仕事の受注。

マッサージのご予約を頂戴したり。

仕事のつながるお人の紹介を受けたり。

 

 

めっちゃわかりにくい形では、

失恋したり → おかげで、自分の本心に気づくことができたり、新しい出会いがある

事故したり → 事故前日に瞑想したら、完全に事故しましたけど、おかげで今の自分があります

投資に失敗したり → それで、やたら、投資について勉強できました!

 

 

 

見る人によっては、

いや、考え方変えただけやろ!!!

ってツッコミが入るのかもしれませんが、

最初は、わかりにくいギフトを頂戴したくはないし、

いいギフトばっかりもらいたいのは、人間の心情。

 

 

でも、親になってみてわかるのは、

親に諭されたこととか、怒られることって、愛しかない。

 

 

 

言っちゃ悪いけど、

他人の子どもを真剣に怒れないし、怒れるのは、その子の親だけ。

 

 

 

本当に愛してるからこそ、愛されているからこそ、

怒りのエネルギーって、向けられる。

 

 

 

 

だから、欲しくないギフトも、最大限の愛だって、今ならわかるのです。

 

 

 

 

 

でもね、実際、欲しくないギフトは、やっぱり欲しくない(笑)

 

 

 

 

 

それで、編み出したのが、

『欲しい未来を、イメージの力で創り出す方法』

 

 

 

気を操れると、未来は創れるというところまでを実験してみたんです。

これは、ごくごく最近、実験していたこと。

 

 

 

ここ、2、3年の実験です。

 

 

 

気を操れると、未来は、創れる・・・けど、変えれません。

気を操れると、未来は、変えようと思っても、変えられません。

 

 

 

ここが大事。

 

 

 

もう、起こりそうな嫌な現実を変えようと思ったら、

嫌な現実を回避するのではなくて、

もっといい現実を創ることはできる。

 

 

変えよう、という消極的な現実にエネルギーを注ぐのではなくて、

もっと素敵な現実を作りたい、という積極的な創造のエネルギーを創ることはできます。

 

 

 

総合的に言うと、回避できるところは回避して、

より良い未来を引き寄せることはできるかもしれない。

 

 

という感じ、かもしれません。

 

 

 

ここでいう、創造のエネルギーについて、知りたい方は、

こちらのメルマガ登録をどうぞ!(明日、ちょうどこの話題を発信予定です)

  https://55auto.biz/firenze-lokalila/touroku/entryform2.htm

 

 

この創造のエネルギーって、誰でも持っています。

エネルギーの大小はあるかもしれないけど、

自分で自分の世界を創りだすこと自体が、

人生の使命だし、人生をより豊かにしてくれます。

 

 

次回は、この創造のエネルギーをどう使うのか、について

書いてみますね!

 

 

 

 

 


テーマ:

BUONGIORNO!こんにちは!
山田佳奈です。

 

幽体離脱って、興味があるけど、実際どうやねん・・・。

なところは、前回までのお話だったのですが、

訓練すれば、多分誰でもできるようになると思います。

 

 

コツは、『意識を集中すること』

 

 

これだけなんです。

思考に集中するんじゃなくて、意識に集中する。

 

 

ここに行きたいって思うとこまでは、思考だけど、

その場所の石ころひとつまでは、思考するんじゃなくて、

意識するんです。

 

 

ぼーっとしながら、そこに、石ころがある。

こんな景色がある。

そんな人たちがいる。

 

 

って、頭で考えるんじゃなくて、

ぼーっとしながらイメージするんです。

 

 

 

 

実際に、幽体離脱して、他の場所に移動することって、

もしかしたら、これから書くこと以上に難しいことかもしれません。

 

 

だから、別に、誰でもできるって書いたけど、

別に出来なくても不思議ではないし、

そんなところに、ぶっちゃけエネルギーを投じなくてもいいとおもうんです。

 

 

 

もっとエネルギーを注ぐべきところはたくさんあって、

普段の生活のこととか、自分が幸せになるための未来のこととか。

そんなことの方が、私たちにはずっと大事。

だって、今、生きてることこそが宝ですもん。

 

 

 

幽体離脱って言葉のイメージ通りですけど、

ふわふわしたどうでもいいことより、

地に足ついた今の現実の方がずっと大事。

 

 

だからっていうわけではないのだけど、

幽体離脱してみたいけど、怖かったり、

幽体離脱できなかったけど、やってみたい方に

もっともっと簡単で、現実味のあることを書きます。

 

 

 

それが、幽体離脱して、自分の中に入り込む方法。

 

 

 

 

自分が何者がを知って、自分自身をもっと豊かにする方法です。

 

 

 

 

 

方法は、幽体離脱の方法論と大体同じ。

 

 

 

というか、私が

 

『なんか、いろんな場所に行ってみたけど、

自分の中って、どうなってるのかな?』

 

と思って、編み出した方法だったりします。

 

 

 

 

その頃には、植物の中に入り込んで、

リソソーム内で溺れて、

ミトコンドリアの中で昼寝して、

リボソームで迷路にはまったり。

 

雲の上で寝たいと思って、移動してみたら、

なんなら、スカスカやし、つぶつぶやし、ガサガサで寝にくかったりしたり。

 

イソギンチャクのツルツルな触指に絡まれながら、

熱帯魚と泳ごうとしたら、

そもそも、そんなに泳ぐん上手ちゃうかったわ!って

自分で突っ込んだりしたりしていたので

(そういうところは、自分の等身大のイメージ通りw)

 

 

なんか、どこでもいける気がしていたのです。

 

 

 

でも、一番その時に興味があったのは、自分自身のことで。(今もですが)

 

 

 

 

自分って、いったい何者なんだろう。

血管の中とか、そんな物質的なところじゃなくて、

心の中って、いったい何を思って、どんな感じなんだろうって。

 

 

 

 

そこにのみ、興味が集中してたんです。

 

 

 

 

でも、前に書いたように、

 

自分って、どこにあるんだろう。

幽体って何?

幽体が肉体から離脱するって、

じゃ、幽体が心?幽体が魂?

 

 

 

って、この疑問にぶつかるわけですよ。

 

 

 

 

そこで、子どもの私は考えたわけです。

 

 

『今、自分が考えてることとか、感じてるところの中に入ってみたい!!!』って。

 

 

 

 

それこそが、おそらく、心のある場所だし、

心が存在している場所なんだろうって。

 

 

 

 

 

で。

 

 

 

 

 

 

幽体離脱するときの方法と同じやり方で、

自分の中に入る試みをしてみました。

 

 

 

 

 

ぼーっとしているとね、(瞑想の時みたいに)

あれこれ考え出すじゃないですか。

 

 

例えば、

『こんなことして、本当に自分の中に入れるのかな』

って思ったとするでしょ?

 

 

 

そしたら、ひたすら、

ニコニコ。『こんなことして、本当に自分の中に入れるのかな』

って言ってる(考えてる)自分を『視る』

 

 

 

 

(^-^)『っていうか、できるわけないやん!』

って考えてる自分を『眺める』

 

 

思考は止まらなくなるんですよ。そのうちに。

 

 

ニコニコ。『できるかもしれへんやん!』

 

(^-^)『いやいや、で、どっちに入りたいの?できると思ってる自分?できるはずないと思ってる俺?』

 

ニコニコ。『え、ちょっと待って待って!私って二人いるわけ?!』

 

(^-^)『そうだろ。できると思ってるお前と、できないと思ってる俺。』

 

ニコニコ。『でもさ、そんな俺様は、誰の口と頭で考えてるわけ?私の体と同じじゃない!?』

 

(^-^)『お前、心が一つだと思ってるわけ?バカジャネーノ?いくつだっていいじゃねえか!』

 

ニコニコ。『え?!そうなの?!知らなかった!!!』

 

(^-^)『俺も知らねーよ!へへ、騙されやがった!!!』

 

 

みたいな会話が、頭の中で繰り広げられるわけですよ(これ、子どもの頃の思考のまんまですw)

 

 

 

 

 

 

でも、ひたすら、この会話すらも、第三者になったかのように

すでに、自分の体から離れて、幽体になったかのようにして、『眺める』こと数十分。。。。

 

 

 

 

ふと、このおどろおどろしい会話も止んで、

(瞬間移動するときに、思考を使いまくって、ぼーっとする瞬間のように)

 

 

 

 

ピタ!!!!!!!!!!!!!

 

 

 

 

 

と、思考の会話もおさまって、

幽体離脱っぽくなると同時に、

スポっと、自分の心の中に入り込める瞬間があります。

 

 

 

 

もう、何回も入ってるけど、

心って、そんな『思考の会話』でもなく、『何かを感じてる』わけでもなくてね。

 

image

 

 

すごくすごく穏やかで、

無限の色と光があって、

時限が無限で、広くて、

カラダの枠を感じなくて、

何だろう。壮大。。。。。

 

 

 

 

ここで、気づく人もいるかもしれないけど、

これって、禅メソッドの瞑想とすごく似てるんです。

 

 

 

瞑想・マインドフルネスの入り口と、ほとんど一緒。

 

 

逆に言うと、瞑想だったり、マインドフルネスをしたことのある人は、

いつでも幽体離脱だってできるし、

自分の中にも、肉体の神経の中にも、植物の中でも、太陽にでも

行くことができると、

私は思ってます。

 

 

 

で、

 

 

 

そんな自分の中に入り込んで、どうして、それが人生を豊かにするのか。

 

 

 

 

それって、実はとても簡単なことで。

 

 

 

またまた長くなったので、このお話の続きは、

また次回に!

 

 


テーマ:

BUONGIORNO!こんにちは!
山田佳奈です。

 

 

 

幽体離脱の方法なんて、知りたい人いるのかな・・・と思っていたら、

 

なんと!

フェイスブックで、

 

 

 

知りたいです!!!なんて声もあったりして、

 

 

 

なに?もしかして、幽体離脱、みんなしてみたいの?!

 

 

なんて、ものっそ(ものすごくの最上級w)、

不思議な気持ちでいます(汗)

 

 

 

・・・・だってね、

これ、カミングアウトするの、結構勇気いったもん(笑)

 

 

 

だってね、だってね!!!

 

 

はたから見たら、めっちゃ変な人やし!(いや、自分は変やと、自覚はしてるけど)

はたから見たら、怪しい人やし!(いや、公言しなくても、怪しい人やけど)

なんや、もっとおかしな人やと思って、みんな寄ってこなくなるんちゃうか?!

(いや、そもそも寄ってくるこないは、関係ないw)

 

 

なんて、まだまだ『はたから見たら』(他人軸)設定が自分の中にあるんだなあ。と

ありがたく、内観させていただいて、

本当に、まだまだ伸びしろあるわ!私!!!!

 

 

という、自己満足を繰り広げておりました(笑)

 

 

 

 

そんな

前置きはさておき。

 

 

 

幽体離脱の方法を知っていると、

じぶんの心の中に入り込む方法も、スルンとできてしまうので、

仮に、現実に幽体離脱ができなかったとしても、

今後の人生の中で、お役に立つんではないかと思って、

 

 

 

これまた、勇気を出して、書いてみます。

 

 

 

 

 

 

幽体離脱・・・・の定義、というか、

何が幽体で、何が離脱で、

どんな状態を幽体離脱というのかは、はっきり言って、知りません(笑)

 

 

ただ、私が体験していることは、

 

 

 

じぶんの姿をじぶんで見れる状態で、

じぶんの意識のみを、移動・瞬間移動する

 

 

 

という感覚があります。

 

 

じぶんの意識が移動している時に、

その意識を他人が見ることができるかどうかは、わかりません。

(他人になったことないし、移動中に他人の目線を見れないので・・・。)

 

 

 

ただ、すごーくリアリティを感じることもあるし、

そうでない時もある、ということくらいしか、感覚ではわからないです。

 

 

 

でも、実際、今じぶんがいる場所以外の、場所に

意識があるということは確かで、

今じぶんがいる場所の感覚は、ほぼありません。

 

 

 

肉体的な感覚は、その時にはなくて、

触覚は、ないのです。

聴覚があるかどうかは、非常に微妙なところですが、

多分、ないのだけど、インスピレーションのような形では認識できる・・・という感じかな。

 

 

とにかく、普段の状況とは全く違います。

 

 

で、どうするか、なんですけど。

 

 

 

例えば、行きたい場所があるとします。

 

私は、行った場所でやってたのですが、

別に、行ったことのない場所でも、できる方はできると思います。

 

 

 

大事なことは、『めちゃくちゃ意識する』こと。

そこに、『行きたい』と『意識的に意識する』こと。

 

 

 

もし、その場所が行ったことのある場所だったら、

行きたい場所の周辺の、路地裏の小道に落ちてる石ころまで詳細に意識してみるんです。

 

 

 

あと、時空軸も。

行きたい場所の、何年何月何日の、どんな時間帯なのか。(何時何分なのか)

 

 

すごーくすごーくすごーーーーーーーーく意識して意識して意識しまくったら、

一旦思考を停止します。

 

 

ボケーっとする感じ。

 

 

 

 

そして、そのあと、

じぶんのカラダから、その使いまくった意識だけを解放してあげます。

(使いまくったあとなので、自然と疲れていて、解放されていく感覚ですが・・・)

 

 

 

そしたら、突然。

 

 

ポカン!

 

 

 

と、肉体から魂みたいな意識が飛び出して、

肉体がなくなるような、重さを感じないじぶんが飛び出てきます。

 

 

その意識のじぶんは、肉体を見ようと思えば見えるし、

そのまま、さっきまで意識していた場所に、瞬間的に移動している場合もあります。

 

 

 

移動した先には、行き交う人の様子や、雑踏の音の雰囲気や、

電車の音だったり、も雰囲気で感じ取ることができます。

 

 

 

その場所では、あくまで自分は意識だけしかいないので、

何かじぶんがアクションを起こすことはできないように思います。

 

 

・・・・というか、そんなこと、ようしなかったので、したことありません!!!

 

 

私は、見るだけにしていましたが、

もし、この記述で幽体離脱ができるようになって、

例えば、未来を変えちゃったり!なんてことができちゃったら、びっくりですが、

わかりません!

・・・・どうぞ自己責任でお願いします(汗)

 

 

 

 

まあ、とにかく、『私の』やり方は、そんな感じですが、

戻る時も簡単で、

 

 

 

『帰ろう』

 

 

 

って意識するだけで、スゥッと意識が肉体に入って、

肉体の重さをずしんっと感じたら、戻ってこれてます。

 

 

というか、使いまくって、しんどいので、

そのまま寝落ちするパターンばかりですが(笑)

 

 

 

意識をとにかくめちゃくちゃ使うので、

リラックスしている体位でないと、到底できません。

 

 

だから、いつも、私は寝転んでやってますが、

別に座ってても、

もしかしたら、超人レベルになったら、仕事してでもできるのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

・・・・・・と、ここまで書いてみて。

 

 

 

 

これ、誰か、参考にする人、おるんかな?!って気がしてきた(笑)

 

 

 

いや、むしろ、余計に危ない人に思われるんちゃうかな(汗)みたいな・・・。

友達いなくなったら、どうしよう・・・(泣)

 

 

 

いや、泣くよ。マジで(号泣)

 

 

 

 

 

いや、もう、しゃあない。しゃあないねん・・・。

カミングアウト、してもうたしな・・・。(半分やけくそですw)

 

 

 

あかん。誰かほんまカマってな。

 ↑

 コメントとか、感想とかまじでください。

 スルーだと、ほんまに泣きそう(ビクビクしてます。)・・・。

 

 

 

 

でも、でも、でも、これね。

この次が本題やねん!

 

 ↑ 

 もう、何やったら、怖すぎて、普通に文章が書けてません。

 

 

 

で、実際、私が、今している幽体離脱は、

じぶんの心の中に入ること、に特化していたりします。

 

 

 

なんで、そんなことをするかというと、

『じぶんが何者か』を知りたい以上に、

『じぶんの未来を豊かにしたい』から。という理由につきます。

 

 

 

 

それがどういうことかは、

また次回に続きます。

 

 追伸。

 引っ張ってるわけじゃなくて、本気でビビりながら書いてますので、

 ご了承ください。。。

 


テーマ:

BUONGIORNO!こんにちは!
山田佳奈です。

 

前のブログからの続きです。

引っ張ってるんじゃなくて、本当に長くなっちゃうだけなので、

お暇つぶしに読んでくださいね。

 

読んでくださって、ありがとうございます。

 

 

 

 

幽体離脱はね、行ったことのある場所じゃないといけない。

だから、行く場所を増やして、寝る前にまた楽しむってことをやってたわたし(笑)

 

 

 

でも、やっぱりリアリティにはちょっとかけるし、

すぐ飽きちゃってたのです。

 

 

行ったことない場所にチャレンジはたくさんしてみましたよ。

そりゃあもう、好奇心の塊ですから!

 

 

 

最初は、練習で、何も情報を取り入れずにやってみて、

そのあと、あっているのかどうか、調べてみるっていうやり方で。

 

 

でも、実際、幽体離脱して行ったみたところと

旅情報誌とかを重ねてみても、

微妙にズレてるのか、それとも本当にそんなところがあるのか、

何となく確信が取れなかったんです。

 

 

 

だから、もしかしたら、本当に実在するところに行っていたのかも知れないし、

(例えば、観光ゾーンからちょっとずれた小道だったり)

そうでないのかもしれない。

 

 

本当のところは、そこに行ってみない限りわからないんですけど、

日本国内であれば、

 

 『ここ、何でか知らんけど知ってる!!!』

 

レベルで遭遇するところは多かったので、

もしかしたら、本当に幽体離脱できてたのかもしれませんが(笑)

 

 

 

だから、行ったことのあるところしかできない、と公言しているのは、そういうことなのです。

 

 

そうなると、

海外なんて、実際どうだったのか、わかりません(笑)

なんせ、海外経験は、

幼い頃のハワイ・LA、

そして、南インドとイタリア(ローマ・フィレンツェ・バーリ・アルベロベッロ・マテーラ)

しか知りませんのでね!!!

 

 

 

だから、知らない場所よりも、知っている場所を訪ねた方が

ちょっとでもリアリティがあるお空さんぽしてた方が楽しかったんだ。

 ↑ 

 ちい散歩みたいwww

 

 

 

ところがね、

一つだけ、飽きない場所があって、

それだけは、今も習慣として、残っていたりします。

 

 

それがね。

 

 

 

じぶんの心の中の散歩。本当に空中散歩みたいな。

 

 

幼いながらに、じぶんって、いったい何者なんだろう。

何するために生きてるんだろう。

じぶんの価値って何?

じぶんがいることで、誰がどう喜んでるの?

とか

 

 

 

めちゃめちゃ考える子でしてね。

 

 

 

そして、ものっごっつ真面目な子だったので、

その答えが本当に欲しくて欲しくてしょうがなかった。

 

 

 

だから、日々、逆説のことも考えてたんです。

 

 

じぶんが死んだら、誰がどう哀しむんだろう。

じぶんがいなかったら、世界の何かが変わるんだろうか。

じぶんが成し得なかったことがあったら、何に影響するんだろう。

じぶんって、神様なのかな?

とか(笑)

 

 

 

でもね、答えは8歳児には出ないのです。

もしかしたら、今の8歳児には答えは出るのかもしれないけど、

当時の私にはでなかった。

 

 

 

それで、編み出したのが、幽体離脱・じぶんの中バージョン(笑)

 

 

 

 

幽体離脱で、いろんな場所のリアリティを感じてたから、

もしかしたら、じぶんの中に入り込めたら、

もっとじぶんの感じてるリアルをはっきり感じることができるんじゃないかと思って、

飛び込んでみたんです。

 

 

 

 

実際、幽体離脱するより、最初は、入り込むこと自体が難しかったのを覚えてます。

 

 

 

 

だって、それが、どこなのかわからなかったから。

 

 

 

心臓に入ったらいいのか、

脳みそに入ったらいいのか、

それとも、心臓でも脳みそでもない、ココロってのは、体にあるのか、

体以外の、どこか浮いてるところの、タマシイっていうところに、自分がいるのか。

 

 

それがどうしてもわからなかったから。

 

 

 

だから、小さい時になりたかった職業の一つに、

脳外科医と、心臓外科医があったんですけど(笑)

 ↑ 

 算数が絶望的に嫌いだったので、すぐ諦めた人w

 

 

 

話が逸れました。。。

 

 

で、どこに自分があるのか、わからなかったので、

いつもする方法で、自分の中に入ってみたんです。

 

 

 

 

 

続きはまた長くなりそうなので、次回に!!

 

 

image

余談;そういえば、植物の中とか、細胞の中に入り込んだこともあって、

   高校生の時に、生物の授業で、リソソームとかリボソームとか出てきた時に、

   ああ、あの時、溺れたのは、リソソームで、迷子になったのはリボソームだったのか!!!

   とか納得した私がいました(笑)

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス