2011-01-08 23:31:49

デパートの古径

テーマ:絵画

忘れないための美術館-古径



上は、小林古径の「柿」(1934年、ポーラ美術館蔵)

大丸神戸店に買い物に行ったら、7階の美術画廊で、「掛軸秀作展」なるものを開催していて、名の通った日本画家の掛軸作品を展示販売していた。

そのなかに、小林古径の作品もあった。松の枝にとまったオオルリを描いたもので、大きさは10号くらいだろうか。いい絵だったなあ。でも、そんなことはどうでもいい、価格がすごいのであって、約1200万円。ほう!としか言いようがない、高いのか安いのかよく分からないから。

横山大観の6号くらいの富士の絵もあった。これは、5250万円。250万円は消費税だろう。消費税が250万円とは、これもほう!としか言葉が出ない。


しかし、古径や大観の作品をデパートで売っているという事実に、私はたいへん驚いたのだが、これはそれほど不思議がることではないのだろうか?


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。