『an・an』御提案のブラハラ対策 | ほたるいかの書きつけ
2009-08-25 01:56:49

『an・an』御提案のブラハラ対策

テーマ:血液型性格判断
 前回 のコメント欄で、Jさんから「もっとやらんかいッ!!」(意訳)と励ましのお便りをいただいたので、ABO FANさん監修の武将の話に行く前に、もう少し紹介してみる(コメント欄での対応に精神的に疲れたのでというのもあるのですが)。

 で、同じくコメント欄で、B研さんから「ブラハラという言葉の一般化が進めば良いと思います」とのコメントもいただいた。確かにその通りで、言葉というものはある概念を確立する上で大変重要な役割を果たすものだと思うし、「ブラハラ」の一言で、その単語がなければ大量の言葉を使って説明しなきゃいけないことがたちどころに伝わる(どこまで正確かどうかは別にして)。というわけで、「ブラハラ」普及活動(「ブラハラ普及」活動じゃなくて、「ブラハラ」普及活動ですよ!)の一環として、『an・an』の「ブラハラ対抗術」のコーナーを、もう少し紹介してみよう。

 前回紹介したように、このコーナー(「誤解と偏見を吹き飛ばす!? ブラッドハラスメント対抗術」、p.80-81)は、各血液型の人に対して、4種の血液型それぞれからどのようなことを言われるのかを示し、そして各血液型ごとに「原因」と「対策」をアドバイスするものとなっている。ってわかりにくいな。ええと、前回A型を例に少し紹介したので、今回はB型にしようか。B型のは、Oからは「いい加減で、口先ばっかり」、Aからは「野蛮よね!」、Bからは「人の邪魔ばかりしないで!」、ABからは「ウソつきの顔してる」(これヒドイよねえ)と言われることになっているらしい。それぞれの「一言」について、若干詳しい解説がついている。とてもヒドイAB→Bについて引用すると、
分析力抜群なAB型は、手の内を明かさず行動するマイペースなB型を、ごまかし上手と判断しがち。"隠し事をしている"と思いやすいAB型には、日時や場所など証拠となる事柄を織り交ぜながら話して。
だって。これって、Bに対してもヒドイ言い草だけど、ABに対してもムチャクチャだよねえ。
 こんなのが、Bだけじゃなく、A, O, ABそれぞれにも書かれている。

 次に原因と対策。これは、各血液型について4種類のみ(AB→Bとかじゃなくて、B型の人にたいするアドバイス、ということ)。折角なので、B型の原因と対策を紹介しておこう。
原因 アイデアが斬新で冒険心に富み、怖いものなしで行動し、すぐ飛びつくわりには飽き性。自分流のスタイルを貫くので枠からはみ出ることが多く、規律無視は日常茶飯事。好き嫌いが激しくて嫌いなことは見向きもしない。
対策 その場のノリで話してしまうと、自分では楽勝だと思っても、じっくり考えたら実行できないことも出てくるはず。相手に期待を持たせて約束違反にならないように。できそうにないことは最初から口にしないほうがいいでしょう。
どう思います?勝手な決めつけと、誰にでも当てはまる言説の組み合わせ。「すぐ飛びつくわりには飽き性」なんて言い回しも、「飽き性なわりにはすぐに飛びつく」でだいぶ印象変わるのだけど、言ってることは同じ。そういう二面性は誰にもあるもんで、そう言われたら「そう言われればそうかな」と誰だって思うだろう。「規律違反は日常茶飯事」ってのも無茶苦茶だけど、どういう類の規律かを書いてないので、重大な規律違反かもしれないし、落ちてた100円玉をくすねてしまった、ぐらいの規律違反かもしれない。電車・バスでお年寄りに席譲らなかった、なんてのも、規律無視と言われれば「そうかなあ」と思いますよね。
 対策のほうはもう完全に誰に対しても当てはまる話。当てはまるというか、社会人として気をつけなきゃいけない当たり前のことでしょう。

 まあ万事がこんな調子で、まさにブラハラ被害者に対する二次加害を2ページにわたって繰り広げている特集なのであるが、面白いので「典型的なブラハラ発言」として出しているものを一覧にしておこう。
A→A いちいち小うるさいんだから
O→A ほら、またくだらないこと言ってる
B→A ホント、足手まとい!
AB→A いてもいなくても同じじゃない?
A→B 野蛮よね!
O→B いい加減で、口先ばっかり
B→B 人の邪魔ばかりしないで!
AB→B ウソつきの顔してる
A→O ズボラで無神経すぎ
O→O 実力ないくせにイバってる
B→O 存在が暑苦しい!
AB→O 学習能力ゼロだよね
A→AB 自己チューで冷酷
O→AB あー、陰気が移る
B→AB ケチくさっ!
AB→AB ズル賢いよね
…よくもまあこんだけ悪口考えつくもんだ。というか、こういう悪口を広めてきたのはan・an、アンタらだろうがッ!!!

最後に、「あえて振る舞う、血液型かく乱術」の一覧も出しておこう。前のエントリでは、一番最初の「みんなが盛り上がってる席でも、突然「帰るから」と言い、本当に帰る」という「AB型演出術」についてるコメントを紹介したが、ここでは詳しいコメントは抜きにして、何をやるか、そしてそれが何型の演出術なのかの一覧を書いておこう。
AB: みんなが盛り上がってる席でも、突然「帰るから」と言い、本当に帰る。
A: 初めてのお店には入りたがらない。
O: 飲み会では必ず場を仕切る。
A: 「一大事、一大事!」とひとり気をもんで、大騒ぎしまくる。
O: 上司にも突っかかっていく。
B: 都合が悪いことは、すっとぼける。
AB: 常に書物を持ち歩く。
B: 多数決の場面では、少数派にまわる。
O: カラオケでは真っ先に歌いだす。
AB: 最初と最後の帳尻だけはうまく合わせる。
B: みんなの知らないマイナーなものを「レアだから」と好む。
A: 礼状やお礼メールを欠かさない。
いや~、こうやってブラハラは拡大していくんですなあ。こんなの完全にステレオタイプの植付けじゃん。大体、「一大事、一大事!」なんて、ただのバカじゃんか。

 というわけで、ブラハラに気をまわさざるを得ない状況に追い込んだという点では一歩前進ですが、基本的にブラハラ推進雑誌の中なので、「対策」なるものはかえって悪質。だいたい、2ページにわたって書いてるのに、ブラハラ自体への批判は皆無ですよ。タイトルの下には「相手に悪気はないとわかっていても」って、悪気がなきゃいいのかよ! セクハラだってパワハラだって、悪気があるとは限らんだろうが。血液型で人を判断してしまうこと自体がブラハラなんだから、ブラハラ対策と称して血液型別ブラハラ及び血液型別ブラハラ対策なんぞを載せることがブラハラそのものなのだ。

→次の『an・an』についてのエントリ

FSMさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス