福岡女子大学の中にある地域連携センターに行きました。
 
「活躍する女性と社会人の学び」
リカレントカフェというのも新鮮です。
 

 

リカレントカフェ・・・ネットで調べてみました。

なるほど。。「面白そう!」 それで、参加申し込みしました。

 

私の決断ポイントは「ときめきを感じるかどうか」です。

 

都市高速を走って、40分ほどで、
こちらの大学につきます。

 

最近の大学はとってもきれいで、いるだけで心がほっとしてきます。

このような環境で「学ぶ」ことができる学生さん、

すてきな時間ですね。

 

 

 

最初のお題はこちらです。

 

「女性が社会で輝くためにどんな「学び」が必要か?

 

 

 

私たちの班は

「輝く」って、何だろう?

そこから話が始まりました。

 

 
輝く…
ときめき、
ワクワクすること。
 
認めてもらえること
ありがとう
 
 
シートがどんどん埋まっていきます。
 
2つ目のお題は、
「社会人女性が学びやすい環境をどう作る?」
 
時短
 
今朝のテレビで出ていたコメントが浮かびました。
 
「時短で帰る人の分のしわ寄せが私に来る・・」
 
社会人女性が学びやすい環境、
時短、習い事、資格取得のサポート、それだけでは足りない。

女性はその時その時で優先するステージが異なっていく。
子育てに数年。

その数年を乗り切れるような体制、時短ができれば、
そのあとまたフルタイムへ。
 
そのパネラーの方の会社では
「出産、育児が理由による退職者ゼロを実現」されているそうです。
 
男性の方でしたが、こうも言われていました。
「女性が働きやすい職場は、男性も働きやすい」と。

 
 
 
ほめ達で伝えていることが頭に浮かびました。
 
お互いを認め合える、お互いの価値に気づき、
お互いを応援し合える。
そんな場があることも『学び』やすい環境には、
大切だと感じました。
 
香椎の大学から大急ぎで戻り、
いつもの大野城市南コミュニティ―で
夢ロゴアート教室。
 
今日は4年目の方で、インストラクターの資格を取る方の
レッスンです。
19時~21時。
 

 

 

お二人とも仕事と家庭を持たれていて、
お一人の方は仕事が終わって大急ぎで帰宅し
途中まで食事を作っておいて、
続きはご主人が作ってくれるそうです。

 

女性が輝くために・・。

学ぶには・・・。

 

「毎日少しずつ成長して、誰かの役に立つこと」

 

これは、ほめ達検定を受けに来た
小学生の女の子が描いた言葉です。

 

今日のセミナーのテーマを考えるときに、
その小学5年生の女の子の答えが浮かびました。

 

輝くこと、成長と貢献ですね。