今日は「ほめ達!入門編」を福岡で開催しました。

 

大野城市の市役所に隣接する「大野城まどかぴあ」での開催です。

8名の方が参加されました。


遠くは熊本、佐賀からも。

 

 

 

みなさん時間に余裕があるということで、
お一人お一人の話をゆっくりとしていただく時間も取れました。

 

image

 

ほめる、ということについて、お一人の方から
こんなお話を伺いました。

 

その方は少し高齢の要介護、要支援のご両親の

お世話もされているそうです。

 

 

 

「おかあさん、国体に出たものね!」

 

こう、声をかけると、表情が明かくなるそうなんです。
国体に出られた素晴らしい思い出が、
心を暖かくするんでしょうね。

 

きっと私たちの心の中には、
年月がたてばたつほど色濃く残るすてきな思い出があるのだと思います。

それが、心に広がる言葉なんでしょうね。

 

私は、自分が母がパッっと笑顔が輝くような
そんな言葉をかけただろうか・・・。

昔のことだから‥と思っていたかもしれない。


ちょっと今度、そんな言葉を母にかけてみたくなりました。

 

 

そして、もう一つお話されました。

 

それは、私が
当たり前ってないんですよね、という話の際に、

「朝、登校、出勤する前や、夜、寝る前に
ケンカや嫌な気持ちで送りだしたり、寝たりしないようにしている」

そんなことを話した際に、
「私、それやっています」

そのかたが、笑顔で言われました。

 

 

両親とは、私が2階に上がる前に挨拶することにしています。」
 

「1日の業務は終了しました。 今日も一日ありがとうございました。 明日も笑顔でお会いしましょう。おやすみなさい」

と、挨拶しておやすみなさいをしてます(^^)
それは、
2人がいつ何がおきてもおかしくない年齢だから。

このきっかけは、

「朝起きたら、体が冷たくなっていた」という、2人の方の体験話から決めた事なんです。」 そう話されました。 今を生きている、この一瞬一瞬。

「今日も一日ありがとうございました。
明日も笑顔でお会いしましょう。おやすみなさい」

 

なんて素敵な言葉なんでしょう。

この言葉をお話されるその方の笑顔も
とてもやさしくて、とても輝いてました。

 

また一つ、気付きをいただきました。

 

 

 

image

 

 

ほめるのが苦手、という方と、

ほめられるのが苦手という方もしらっしゃいます。

 

ほめ達ということで、ほめることに関心が向きがちなんですが、

 

ほめられても素直に受け取れない。

そんな話も時々聞きます。

 

前は私もちょっとほめられるのが苦手でした。
素直にうけとれなかったり。。。

親にほめらえていなかったから、
そう言われる方もいらっしゃいます。
私もそうでしたので、気持ちがなんかわかります。

 

研修の最後に、笑顔でこう、発表されました。

 

ほめられたことを素直に喜べるように
前向きになっていきたいです。

 

開催してよかった。
初めて会った方同士が互いに頷いて笑顔で聞いている光景に
改めてそう思いました。

 

 

 

 

 

そして、素敵なご夫婦も参加されました。

 

ご主人がお申込みされました。

そして締め切りの前日に、

「妻も参加できますか?」と連絡がありました。

 

 

ご主人が参加してみないか、と持ち掛けて

参加してみようかな、と、答えてらっしゃる奥様の姿が

見えるようでした。

 

素直

 

そんな言葉が浮かびました。

 

 

image

 

 

そして、仕事が終わってから高速を通って
1時間かけて北九州から応援に駆けつけてくれた
坂本講師。

プロジェクターの設定など、バッチリ!!
ありがとうございます。

 

 
4日連続の研修でした。
 
23日 長崎で管理職研修
24日 長崎 管理職研修
25日 うきは市 法人会様講演会
26日 大野城市 ほめ達入門編
 
どの回でも必ずアンケートに書いてくださったり、
終わって言ってもらえるのが
 
「中村先生、ずっと笑顔でしたね」
 
笑顔がとても苦手だった子どもでした。
今、とてもうれしい言葉です。ありがとうございます♪
 
●ほめ達入門編 in 福岡
11月10日(日) 14時~15時半で開催します。

ほめ達!入門編 in 福岡(詳細・お申込み)