先手必笑® ほめるコミュニケーションの達人
ほめ達の中村早岐子です。
 
昨年に続き、今年も三幸学園さんから講演の依頼をいただきました。
博多駅から数分の「福岡医療秘書専門学校」様。
 
image
 

前回は講師の先生方への研修でしたが、
今回は学生さん方が実習に行かれる先の
介護施設の方々への「ほめ達セミナー」でした。

 

この辺りは、専門学校が何校か並んでいます。

こちらの校舎は表通りからちょっと入ったところにあります。

 

少し迷って、近くのよその専門学校の生徒さんへ

場所を聞いてみました。

 

笑顔で、場所を説明し得くれました。

ありがとうございます、と伝えると、
にこっと最高の笑顔で、ペコリととお辞儀をして戻っていきました。


なんか、うれしいですね。 

 

開始時間が13時15分。
30分前に会場に案内していただきました。

 

 
 
普通だったら、先に来ている参加者がいたりするのですが、
なぜか無人でした。
 
実は、私が機材の準備をしやすい様にと、
それまでの前半を別室でして、開始時間の前に
こちらの部屋に入ってもらうようにしてくださっていました。
 
ちょっとした気遣いがありがたいです。
そしてさらに、移動でもし何分か遅れたとしたら、
その分、終了も伸ばしてもらっていいので、とのことでした。
 
 
 
 
ほめて認めてから、注意をすると「事故率が減少」
三重県警のグラフのデータに皆さん驚いてました。
 
介護の現場、ちょっとしたミスや思い違いが
大きなミスや命をも脅かしかねません。
 
実習生を受け入れてくださる介護施設の方に、
参考になることが多かったようで、
もっと聞きたいという声をたくさんいただきました。
 
先日の保育園の方への講演後の振り返りシートに
感想がこう書かれていました。
 
===================
いつも意識しながらできずにいる「ほめる」こと。
私にはとても難しいことでいつも悩んだり、
考えたりしていました。
まずは、笑顔から練習していこうと思います。
あたたかい気持ちになりました。
===================
 
講演や研修は一つのきっかけ。
その短い時間で心に温かいものが伝わるとしたら
講師としてこれほどうれしいことはありません。
 
この「あたたかい気持ち」が、相手の方と
笑顔で向き合って挨拶を交わすパワーになる気がしています。
笑顔になれるきっかけは、温かい気持ち。

私の研修や講演はそんな「あたたかい気持ち」になっていただきたい。
そして、わくわくするような「ときめき」も持って帰っていただけたら
幸せです。
 
 
オフィスファインのロゴマークは四葉のクローバー
 
image
 
 
すごい、さすが、すばらしい、スマイル、4つのSです。
 
先手必笑® ほめるコミュニケーションの達人
ほめ達の中村早岐子です。