11月6日 smileカード (ほめ達レシピ)
夢は人を元気にさせる
 

こんにちは
 
空を飛ぶことにあこがれていた、
そんな生徒さんとの思わぬつながりが・・・今。
後で伝えますね。
 
今日は13時30分から福岡空港の少し先にある
篠栗というところで「ほめ達」の講演です。
 
篠栗に呼ばれるのは2回目で、
前回は篠栗町のしるばぁ大学の方へ
筆文字アート(ゆめカード)づくりを伝えてきました。
 
その時の写真です。
本当に皆さん、楽しそうに参加してくださいました。
 
 
そしてうれしかったのは、
その2時間でマスターした筆文字や
パステルアートをさっそく、
会報などで使ってくださってるという報告をいただいたからなんです。
 
新しいこと、
未知の自分との出会いは
「夢」「ときめき」「わくわく」
 
そんな元気の出るキーワードが次々と
浮かんできます。
 
 
今日は、同じ「篠栗町社会福祉協議会」様からのご依頼ですが
内容は「ほめ達!」
 
福祉協力員全体研修会の中での講演です。
 
日々活動されている方々に
笑顔と元気と勇気と・・・そして「夢」を伝えてきます。
 
 
私の小さい時の夢は
アテンションプリーズ(1970年ぐらい)を見て
あこがれたスチュワーデスでした。
 
でも、誰にも言えずに心の中に・・。
だって、無理に決まってる。
 
 
ただ、進路を考えるときに
貧乏だったので家計を助けたい、
私は高卒で頑張る!妹を大学に行かせたい!
 
 
そんな思いがエネルギーとなって
強く強くエネルギーとなって
そして、ほめてもらった一言「笑顔」がスイッチになって
夢に挑戦する勇気が持てた
 

人は自分がかなえられない夢は描かないということを

この間、人から聞きました

 

あとは、叶えられるまで進むか、

諦めてしまうか・・。

 

 

私がエアラインスクールで教えていた時

 

「笑顔」「挨拶」「夢」「飛ぶことの楽しさ」「お客様の笑顔」

 

プラスのメッセージを彼女たちに送り続けました。

しかし、1回、2回、3回と落ちてくると凹みます。

 

 

きっと受かるタイミングがあるはず!

そこまで頑張れるか試されていると思って、

あと一歩踏み出す。

 

 

そうやって、キャビンアテンダントの切符を手にして

日本、世界の空へと飛び立っていった生徒がたくさんいます。

 

 

そんな一人に、ゆかさんがいます。

何度も、何度も相談に乗った生徒さん。

受験してはだめで、まただめで・・。

彼女の涙を何度も見ました。

そして、合格した時は、私も涙しました。

 

その彼女の名前を意外なところで聞きました。

 

 

ほめ達認定講師の川端講師からです。

ほめ達セミナーを受けに来られた方で

セミナー前に声をかけてこられた方がいたそうです。

それが、ゆかさん。

 

そのゆかさんからのメッセージを伝えてくれました。

 

 

「中村早岐子さんがほめ達!の講師をされていて、

ほめ達!に興味を持っていました。」

 

とセミナー前に、川端講師に声をかけてくださったそうです。

 

 

1998年ぐらいの生徒さんだったと思います。

まだLCCが登場する前・・。

もう20年ほど前になるんですね。。

 

それでも覚えていてくれていた。

うれしいです。

そしてほめ達をしている私を知って

興味をもって受けに来てくれた。

 

 

幸せです・・・。

それでは、篠栗に行ってきます!

 

 

11月6 SMILEカード (ほめ達レシピ)
夢は人を元気にさせる

 

 

image