私のテーマに「女性を応援したい!輝かせたい!」というのがあります。
 
 
研修の最後に、
「あなたにとって人生とは、仕事とは、家族とは、友人とは?」
自分が笑顔になれる答えを心にとめて笑顔で帰路についてもらいたい、
そう願っています。
 
私も仕事と家事と子育ての両立で悩んだことがあります。
それに、嫁としてのことも・・。
さだまさしさんの歌「関白宣言」の歌詞のように
「うまくこなせ」と言われても・・・
だったら、そういうあなたがやってみて、と、
私、がんばってるだから、と、ぽそっと言いたくなった時も、あったかも・・。笑
 
女性はマルチタスクと言われてきて、
夕食の献立3つ4つを作りながら子供の宿題見て、
お風呂を沸かして、洗濯物たたんで・・と
さらに、やり残した掃除もパパっと合間にやってしまう。
それは自分のやり方でできたとしても、・・
 
実際は、自分が何とか頑張ればできる、ということばかりではない・・。
仕事の現場に出れば、理不尽な場面にも出会うし、
留守させている子供のことが頭によぎりながら、
ごめんね、もうちょっと・・と、持ち越せない業務に追われてしまうことも・・。
 
だから、わかってもらいたい、ってことがあります。
ニコニコって笑顔でいても、心の中で歯を食いしばってやっていることも・・。
 
 
働く職場に明るい挨拶、笑顔があって、「ありがとう」の言葉が飛び交う、
そんな職場があると、パワーも出ます。
 
研修の最後に、3分だけ、私のことについてお話させてもらいました。
なぜ私が「ほめる」ということを、伝えていっているのか・・。
その理由を・・16歳の時のひとことを伝えています。
この写真は、その時のものです。
受講者が私を見つめ、みな、真剣に聞いてくれました。
自分の人生は自分で創る。どうぞ、最高の人生を!