今日は久し振りのオーディオネタ

その前に今日の名古屋空港展開
    IRANイン・アウト・テストは何も動き無しのハズレ日


ではオーディオネタの内容ですが

今まで使っていたDENONのアナログプレーヤー
イメージ 1
とうとうご臨終です

こんなの直せる様な代物でも無いので
イメージ 2
リサイクルショップで処分


ヤフオクで色々吟味して
    テクニクスのターンテーブルを手に入れました
  
SL-1200MK3D
イメージ 3
これはDJ用なんですが
   オーディオ用で使っても評判の良い物です

DJ用なので
    ダストカバーは被せてあるだけ
イメージ 4
ご覧の様にヒンジが付いていません


このままでは使い辛いので
    またヤフオクでヒンジの金具1セットを手に入れました
イメージ 5

これに交換するんですが
       説明図が無いので方法が分らない

ネットで検索したが
     詳しい交換方法が見つからない

で!自分なりに工夫して交換したので
             詳しく解説していきます

それでは手始めに
   本体を逆さまにひっくり返すんですが

トーンアーム周りを保護するため
    ダストカバーをはめてテープでズレない様固定しました
イメージ 6
このまま固定してひっくり返したら
     ターンテーブルがゴトンと外れた

危ないですね~
    ターンテーブルも外しておきます

テーブルには穴が2箇所開いています
     両手の人差し指を穴に入れ真っ直ぐ上に持ち上げます
イメージ 7
持ち上げるときは斜めにならない様に注意します

外した状態
イメージ 8
これでひっくり返しても
     落ちるものは無いはずです
        またダストカバーを被せてテープで固定します

トーンアームの固定も忘れない様注意してください

裏返すとこんな状態です
イメージ 9
ダストカバーにキズが付かない様
        エアーキャップを敷いておきました

まずドライバーで21本のネジを抜くんですが

その前に4本のインシュレーターを
       反時計周りに回して外します(ネジ込み式)
イメージ 10

インシュレーターを外し
    裏側全面のネジ(21本)全て抜きます
イメージ 11
3種類ある各ネジは無くさない様に注意してください


そして裏側のパネルを上に持ち上げて外します
      モーターの穴部分がひっかかり気味なので注意します

外れたら前方に5cmほどずらすだけでいいです
          ここは後ろのネジが外せればいいので・・・

イメージ 12
2本のネジで止まっている金具を
      プラスドライバーを使って外します 
                  左右2箇所あります 


外した2本のネジは
   トリツケバンを固定するときに使うので無くさないように
イメージ 13
外すネジは1箇所で2本だけ
      関係ないネジは外さない様注意してください

そしてここで交換するパーツは
トリツケバン(SFUP122-23C)300円
トリツケイタ(SFUP122-24-1)200円
ケース(SFUMM02N04)100円
タップピン2本
イメージ 14

トリツケバンに開いている穴にはネジ山が切って無いので
       各タップピンで予めタップを切っておくと後が楽です
           
本体から外した金色のネジと
    ケースを固定する黒いネジと間違えないように使用して下さい

本体に取り付ける前に
   トリツケバン・ケース・トリツケイタを黒いネジで先に固定します
イメージ 15

横から見たところです
    ケースの上下を間違えない様に注意
イメージ 16


イメージ 17
                  
ちょっと写真がブレてますが
     組んだ金具を本体に固定したところです
イメージ 18

左右とも交換したところ
イメージ 19

金具の組み付けがしっかり固定出来たら
    裏側のパネルをはめ21本のネジで固定します
           3種類あるネジは穴を間違えない様に注意
             
ここでプラスドライバーは良いものを使いましょう

ネジ山に合わないドライバーを使うと
               ネジ山が潰れます

ネジで固定できたら
  インシュレーターもネジ込んでおきます
      ここはネジ込み過ぎない様注意します
          出来るなら水平をきちんと出すと良いのですが・・・

裏側が全て固定できたら
    本体を表側に返しターンテーブルをハメ込みます
             ハメ込むときも真っ直ぐに入れて下さい
               
次はダストカバーの金具を交換します

まず今付いているゴムを外します
    外すと云うより剥がしてズラして抜き取る感じです
イメージ 20
接着されている部分がありますが
            意外と簡単に外せます

外したら
チョウバン(SFATM02N01A1)500円を
              ダストカバーに取り付けます

カバーの溝にしっかりはめ込んだら
         ドライバーで固定して完成(2箇所)
イメージ 21
ここは簡単に出来ますが
       前後間違えない様に注意します

      
次はダストカバーのチョウバンを
     本体に組み付けたケースにさし込んで完成
イメージ 22

前から見たところですがバッチリです
イメージ 23


電源を入れて一応試運転
イメージ 24

これで完成です

テクニクスSL1200MK3D
          ヒンジの交換方法
              参考になれば幸いです


参考までにパーツの品名品番を書いておきます
      今もヤフオクで1組セットで販売されています
          価格にバラツキがあるので上手く探して下さいにひひ

チョウバンSFATM02N01A1 ×2
トリツケバンSFUP122-23C ×2
ケースSFUMM02N04 ×2
トリツケイタSFUP122-24-1 ×2
タッピングネジ4本 品番なし