タミヤ1/12 
   ポルシェ・カレラGTの製作
 
体調不良のため
   久し振りの更新になりました
 
 
帯状疱疹の痛みが続く中
    のんびりプラモでも作って気を紛らせています
 
 
前回はドア周りが完成して
    今回はリヤカウルの製作からです
 
 
これから載せるレポは
    のんびりと作った数日分になります
 
 
まずはリヤカウル部分の組説
イメージ 1
 
 
 
リヤカウルに
    塗装した各パーツを取り付けます
イメージ 2
そんなに難しい部分は無いですが
    開閉する燃料タンクのフタがなぜか上手く開きません
              気にせず閉じたままにしておきましょうにひひ
          
 
 
 
こんな所にもエッチングパーツが使われています        
イメージ 4
これだけでもリアルになりますね
 
 
 
 
テールレンズなんですが
    クリアーレッドで塗装しないといけません
 
このくらいのキットなら
   初めからレッドのクリアーパーツが付いていてもいいのにねシラー
イメージ 5
ところでテールレンズの取り付けなんですが
     組説ではカウルのミゾにカチッとハメ込むことになっています
 
ところがレンズに余分なバリが出ているので
     バリを上手く削ってやらないとハマらないので要注意
 
 
おかげでカウルにハメ込む時少々キズが付いてしまった
イメージ 6
 
 
 
次はリヤ部分の製作
イメージ 7
ここでも各パーツを塗装して取り付けるのですが
Q2のパーツは後から作るリヤスポユニットの位置に関係するため
完成したユニットと位置を合わせながら同時に接着することに・・・
 
 
 
次はそのリヤスポユニットの製作
イメージ 8
ここではリヤスポをスプリングでアップさせるため
      ギヤとスプリングにストッパーなどを組み合わせた
                ちょっと複雑な作りになっています
 
まあ組説通り組めば簡単なんですが・・・
イメージ 9
こんな感じですが
    見ただけではどんな動きをするか分かりませんね
 
 
参考までに・・・
イメージ 16
 
 
 
完成したリヤスポユニット
イメージ 10
ユニットの左右がシャフトで繋がっています
     これでリヤスポが左右同時にアップしてくれます
 
 
 
次はユニットをカウルに取り付けます
イメージ 3
 
ここでQ2のパーツを
    先にリヤスポユニットにネジで固定しておきます
 
 
次にリヤスポユニットを接着するのですが・・・
イメージ 11
 
 
 
 
リヤスポの位置を決めるため
イメージ 12
 
 
 
 
リヤスポを仮組して位置を決めて
イメージ 13
 
 
 
 
この部分は可動させるため負荷がかかります
    Q2のパーツは瞬間でガッチリ接着しておきました
イメージ 14
これで白いナンバープレートを押すと
 
 
 
リヤスポがスプリングによってアップしてくれます
イメージ 15
おお~!いいんでね~のにひひ
 
 
と!今回はここまで
 
次回はエンジンフードの製作
      そしてリヤカウルを車体に取り付けと・・・
 
だんだん完成に近づいております
               おたのしみに~にひひ