【続編】… 北海道が 「いちばん人口減ってる」 | フード食ビジネス 専門家 経営コンサルタント 飲食店 活性化 プロデュース 太田耕平 札幌 北海道 ファインド ブログ

フード食ビジネス 専門家 経営コンサルタント 飲食店 活性化 プロデュース 太田耕平 札幌 北海道 ファインド ブログ

飲食店,ブランディング,QC活動,PDCA活動,食ビジネス,フードビジネス,専門家,研究所,集客,売上不振,サービス業,開店起業開業サポート,人事制度改革,ファインド,札幌,太田耕平,札幌,北海道 コンサルティング,有限会社ファインド



北海道内に
「179」 ある市町村のうち …

「174市町村」 で
人口が、減っているということです!

人口が減った
「TOP-4」 市町村は
下記の通りだそうです

 ◇ 函館市:マイナス 2,923人
 ◇ 小樽市:マイナス 2,115人
 ◇ 旭川市:マイナス 2,007人
 ◇ 釧路市:マイナス 1,882人

人口が増えている、5つの市町村は
下記の通りだそうです

 ◇ 札幌市:プラス 5,231人
 ◇ 千歳市:プラス 330人
 ◇ 東神楽町:プラス 149人
 ◇ 恵庭市:プラス 103人
 ◇ 東川町:プラス 41人

実は、札幌市も
出生数から死亡数を引いた
自然増減では …
「マイナス」 だということなのです

つまり、生まれる子ども数が増えて
人口が増えたということではない!
… ということなのです

他の町から
札幌へ引っ越してきた数が多いというだけで
根本的な問題解決とは
到底、言い難い状況ですね!

※ ニュースソース:NHK

★ 元記事は下記をご覧ください
 ↓ ↓ ↓


2016 サービス業
「活性化ツール」 各種






 ブログランキング・にほんブログ村へ