こんにちは。

おびなた敦子です。

 

いつも読んでいただいて、ありがとうございます!

 

 

病気になるのも、

どんなに辛い経験をするのも、

とっても幸せに暮らしているのも、

いいと思うことも、悪いと思うことも、

 

 

なんのために、その経験をしているのでしょう?

 

 

 

 

様々な経験することの先に、

本当の生きる目的があるのです。

 

 

 

全ては、無条件を、神を思い出すため。

と、トリニティでは伝えられています。

 

 

 

病気になったり、辛いことがあったり、

 

そこで、「神様お願い」って思うかもしれない。

 

 

神様からすると、

それは、半分アタリで、半分ハズレ。

 

 

 

神様を思い出したのは、アタリ。

だけど、神様にお願いするのは、ハズレ。

 

 

神様は、私たちのお願いを叶えるためにいるわけではないし、

神様は、私たちの病気を治すためにいるわけでもないんですね。

 

 

 

何よりも、神様は、

人間の、本当の生きる目的を知ってもらいたいんです。

 

 

神様は、人間と無条件に愛し愛され愛し合うために、

そのために、この世界と人間を創られたんです。

 

 

どんなに病気で苦しくても、

どんなに悲しく、不安や恐怖でいっぱいでも、

神様は、あなたが神様を観ようと思ったら、そこにいて、

無条件の愛として存在しているのが神様なのです。

 

父と子と精霊の無条件の愛のマリアトリニティ