今年初めての某NPOで農業体験。




と~っっても、良いお天気だった。暖かくて、でも風はひんやりと気持ちよくて。



まずは、種付け。土を広げて、機械で種を蒔いて、


水をたっぷりかけて、もう一度この機械で砂を上からかぶせた後、




保温機へ。ぐるぐるの太い電熱線の周りに水が流れてきて水蒸気であっためる。


このあたりは寒くて温度が上がらないので、保温機で30度に保ってやると1週間でで苗になるそう。



次は、椎茸。


丸太をのこぎりで半分に。


Iさんっていう、おじいちゃんがやり方を見せてくれたんだけど、見た感じとっても簡単そうだった。


なのに!実際に子供達がやってみたら、ぜんぜんっっダメ。


長男なんか、おじいちゃんに直接てほどきを受けてた。


よぼよぼで、言ってること全然分からないのに(方言もきついし)。


かっこいいね~って、子供達と尊敬のまなざし目




ドリルで木に穴を開けたら、菌のクイみたいなのを金槌で打ち込んでいく。


すると木全体に菌がまわって、あちこちから生えてくるんだって。知らなかった!!




あと、タラの芽っていうものが、こういう風に生えているものだっていうのも初めて知った!!びっくり。




お昼休憩の後は、ジャガイモと堆肥作業。


ジャガイモ班は、去年と同じように、ジャガイモを半分に切って、切り口に灰を付けて畝に埋めていってた。


私たちは堆肥班。


田圃に堆肥を蒔いていくんだけど。







このころになったら、もう子供達飽きちゃって、遊んだり働いたり。半分ずつ。


私は、またもや1人でもくもくと働いちゃった。他のお父さんお母さんは、適当に手を抜いてるのに。


ほんっと、不器用な性格だわ、私って。すべてに全力投球しないと気持ち悪くて仕方ないんだよね。


だって、主催者の人たちばっかり頑張ってるから、ちゃんと手伝わないと悪い気がしちゃうんだもん。




実は、今日、ドタキャンしようかと何回も思ったんだけど、行くって言っちゃったからなあ(雨降れば良かったのに)とか思ってたんだけど、とっても楽しかったニコニコ


でも疲れた。だけど仕事しなくちゃ。