脱穀体験に行ってきた。

テーマ:

いつものNPOさんのところで。


2年前は虫とか無関心だった子供達。それなのに、今朝は現地に到着するなり、あぜ道に突進。


そして次男が何かを持って走ってきた。。





カエルさんとも、すっかりお友達になったようで。。


バッタが交尾してる最中のも発見したし。カエルさんも3種類ぐらい捕まえたし。蛇の抜け殻も発見したし。




今日の脱穀は、主催者さんのご実家に随分長く眠っていたという、手動式脱穀機。70代のお百姓おじいちゃんが、自分が50年前に見たことがある気がするって言ってたぐらいのアンティーク品。





あまりに珍しいからか、NHKが取材に来てました。お昼のNHKニュースにしっかり映っちゃったわ。長男はドアップ。次男と私は説明を聞く親子の図って感じで(ダンナは家で仕事してたので急遽録画しておいてもらった)。


これ、足踏み式でグルグル回しながら脱穀するんだけど、モミがガンガン飛び散るし、取りきれずに残ったモミを全部手作業でとっていったから、めちゃくちゃ時間がかかるのなんのって。「体験」じゃなくて、普通に農家の主婦として黙々と仕事しちゃったDASH!





それなのに、お昼を食べた後で、お百姓のおじいちゃんが脱穀機を貸してくださって。そうしたら、あれだけ大変だった作業がほんの10分で完璧に完了しちゃった。


技術の進化って、本当にありがたいです。


子供達も、これで今年は籾蒔き(苗床づくり)→田植え→稲刈り→脱穀と一通りの作業を体験できた。ご飯を食べるときも「お百姓さんが一生懸命作ってくださったんだから残さず食べなさい」って言えるわ。


そして。終わり頃になって、ふと気がついた。




稲刈りした場所から、また何かが生えてる。


なんですか?って聞いたら、これが「二毛作」なんだって!


東北だから寒くてすぐにしおれて育たないけど、九州なんかだと、これがまた成長して普通に稲穂になるんだそう!!


びっくり!


二毛作って、稲を刈り取ったところに、もう一度最初から田植えし直すのかと思ってた~!!!



すごいわ(^∇^)





朝は7時起床。夜は9時就寝。


朝ご飯は、サンドイッチ(レタス、キュウリ、ベーコン、ハム、トマト、チーズ、卵焼き)。グレープフルーツジュース。

昼ご飯は、玄米ジャコおにぎり。ソーセージ。鱈の唐揚げ。ゴボウのきんぴら(豚バラ、人参)。焼き芋。焼き栗。焼き枝豆(!)

夕飯は、カレーライス(牛こま肉。人参、タマネギ、プルーン、ピーマン、カボチャ、ジャガイモ、茄子、しめじ)。



長男は、BE-GO。国語なぞぺー。漢字。算数パズル。お風呂掃除。里見八犬伝。

次男は、BE-GO。漢字カルタ。ガリバー旅行記。ピアノ。