久々の更新です、すみませんあせる

 

フィラー注入には内出血・紅斑・アレルギー・血流障害による皮膚障害などのリスクがあります。ヒアルロン酸製剤のアレルギーは非常に稀であるため事前のアレルギーテストは不要です。内出血はベテランの術者がおこなっても、100%避けることはできません。最も注意すべきはフィラーによる血管塞栓(特に動脈塞栓)ですが、塞栓は解剖学の熟知と手技の熟練によって回避することができます。

 

さて・・・

6月1日より医療法が改正され

虚偽又は誇大等の不適切な内容を禁止する広告規制とやらが発動されることになりました。

 

・・・一部の悪質なクリニックのせいで、

大半の真面目にやってる医師たちもそのあおりを受けることになり、

ほんまに腹立たしいことですM

 

ホームページだけでなくブログも広告媒体とみなされ、術前・術後写真だけの掲載は規制対象となります。ということで、写真とともに治療の詳細だけでなく治療に伴うリスクや治療費用の明示が必要になります。

 

広告規制は6月からですが、

今後はリスクと治療費もきっちり明示してゆきます。

 

ということで、毎々ブログの冒頭にアップ上記のような文章を置くことにしました。

 

まあね、こういう規制を作っても

悪徳クリニックはまたその網目をくぐり抜けるにきまってるんですけどねドクロ

 

さて、前回症例の続きです~照れビックリマーク

 

前回列挙した問題点を解決すべく、

注入した部位は・・・

 

このような感じです。

注入量は全部でヒアルロン酸が6.85㏄、

ボトックスビスタが28単位です。

 

アアラガン社のセミナーで使用させていただいた症例なので、

すべてアラガン製剤になっております。

 

6.85㏄は1回の注入量としては多いと感じるかもしれません。(通常はこれを2~3回に分けてやることが多いです。この症例は、発表用にフルスペックでやった症例ですあはは…。)

 

学会でも、

注入量が多いことが「悪」のように言われることもありますがあせる

 

老化で失われていってるボリュームは実はもっともっと多いのです。

例えば、老化で20㏄の容量が減少したとして・・・

それをたった1~2㏄のフィラーでなんとかせえというのは、無理がありますよね・・・真顔

 

単純に減った分だけの容量を足せばよい、

ということでは決してないのですが。

 

さて、結果音譜。まず正面です。

最初は細かいとこは見ずに、全体を見てください。

パッとみた印象、これが一番大事ですイエローハーツ

非常に若々しく、柔和なお顔になっています。

 

オトガイ筋の過収縮でぐちゃっとなっていた顎も

キレイなラインになっています。

 

ななめ側面から見ると、

もっとリフトアップ効果が良く分かりますよ。

顎下のたるみがすごく良くなっていますね照れキラキラ

フェイスラインもとてもキレイになりました。

(次回に続きます。)

 

この症例の治療費(税抜き)は

ヒアルロン酸製剤7本  40万円(ボリュームディスカント後の価格です。)

ボトックス 2部位(目尻・眉間) 8万円

その他 注入手技料 2,500円 マイクロカニューレ代 1,000円 麻酔クリーム代 500円

 

合格いわクリ日記はこちら。併せて読んでくださいませ。