・「大変なら、お惣菜でいいよ~」って、ちょっと違いません?

こんばんは^^

初めての子育てに自信が持てる山形のベビーマッサージ:石澤美樹です。

子どもの世話に追われて夕飯の準備ができそうもないとき。

体調が悪くて、どうにも気合が入らないとき。

パパが言ってくれる、この


「大変なら、お惣菜でいいよ」


というセリフ。

そうじゃなーーーーーーーい!と思っちゃうんですが・・・みなさんはどうですか?




だって、

結局、お惣菜のメニューを考えて、買いに行き、盛り付けて、片付けるのはママの仕事じゃないですか(笑)

だ・か・ら・・・・

「その一連の流れが面倒なんじゃい」

と、やさぐれるワケなんです。

パパなりに気を使ってくれてるんだろうけど、それなら、お弁当でも買って帰ってきてくれた方が、数倍助かりますよね~(^^;

子育てや家事って、パパにとっては点、ママにとっては線。

子育て中のこうしたギャップに、モヤモヤすることってありませんか?

そんなママ&パパのために、先日横浜市でこんなイベントが開催されたんですよ♪

「家事ギャップ&産後クライシスを吹きとばせ!〜夫婦で学ぶ、産後のリアルな子育てとお金のこと〜」

実はこれ、私が所属している「乳幼児子育てサポート協会」で開催しているイベントで、

時間が自由にならない子育てを、パパたちがリアルに体験できちゃうイベントなんです。

もちろん、目的は、



パパとママが、仲良く子育てをしていくためのもの。

当日の感想の中にあった、

少しでも子育ての役に立てればと思い参加しました。

実際はもっと時間がかかったり、大変だと思うので毎日子どもを見てくれている妻に感謝です。

こんな風に感じてもらうだけでも、全然違いますよね。

子育て中に欲しいのは、「がんばれ」をいう応援じゃなくて、「わかるよ」という共感なんじゃないかな〜。
AD