2011年04月30日(土)

フィギュアスケート 世界選手権 2011 結果

テーマ:フィギュアスケート 世界選手権 2011
フィギュアスケート 世界選手権 2011 結果
●美姫が2位 真央は7位 1位はヨナ 女子SP
 【モスクワ芳賀竜也】フィギュアスケートの世界選手権は第5日の29日、当地で女子ショートプログラム(SP)を行い、前回トリノ大会以来、1年1カ月ぶりの復帰戦となったバンクーバー五輪金メダリストの金妍児(キム・ヨナ)=韓国=が65.91点で首位に立った。
 07年東京大会以来の優勝を目指す安藤美姫(トヨタ自動車)は安定した演技で65.58点をマークして2位につけた。2連覇が懸かるバンクーバー五輪銀メダルの浅田真央(中京大)は得点が伸びず、58.66点で7位。世界選手権初出場の村上佳菜子(愛知・中京大中京高)は54.86点で10位だった。
 第4日の28日に行われたペアのフリーでは、SP2位のアリョーナ・サブチェンコ、ロビン・ゾルコビー組(ドイツ)が優勝。日本勢ペアとして8年ぶりに出場しSP6位発進した高橋成美(木下工務店ク東京)マービン・トラン(カナダ)組は9位だった。
★小塚、SP6位から“完璧”大逆転 初の銀メダル
★チャン、驚異の280.98点 世界歴代最高V
★高橋「燃えてきた ソチ目指す」
★足元に集中、会心の演技…「銀」の小塚
★プルシェンコ復帰可能 ISU会長が見解
●小塚が銀メダル 高橋5位、織田6位 男子
 【モスクワ芳賀竜也】フィギュアスケートの世界選手権は第4日の28日、当地で男子フリーを行い、前日のショートプログラム(SP)で1位のパトリック・チャン(カナダ)が187.96点で合計280.98点をマークし、初優勝を飾った。チャンはSP、フリー、合計点ともに世界歴代最高点を更新。

 SP6位で昨年の全日本選手権優勝の小塚崇彦(トヨタ自動車)は安定した演技で合計258.41点(フリー180.79点)を挙げ、銀メダルを獲得した。SP3位で2連覇を狙った高橋大輔(関大大学院)はスケート靴のビスが外れるトラブルがあり合計232.97点(フリー152.72点)で5位、SP2位の織田信成(関大大学院)はジャンプの規定違反が響いて合計232.50点(フリー150.69点)で6位に終わった。なお、日本男子は来年の次回大会(フランス・ニース)でも出場枠「3」を確保した。


●男子フリー結果
1位パトリック・チャン(カナダ)280.98
2位小塚崇彦(トヨタ自動車)258.41
3位アルトゥール・ガチンスキー (ロシア)241.86
4位ミハエル・ブレジナ(チェコ)233.61
5位高橋大輔(関大大学院)232.97
6位織田信成( 同 )232.50
2011フィギュアスケート世界選手権 - 毎日jp(毎日新聞)の結果報告より
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。