ダッチオーブン | zen:埼玉アウトドア・キャンプ・登山ブログ

zen:埼玉アウトドア・キャンプ・登山ブログ

FIELD DISCOVERY zenです。
登山・キャンプ・BBQ・フィッシングなどのアウトドアが趣味。
新たな愉しみを発見しながら日々のアウトドアライフを綴っていきます。
(公式サイトも宜しくお願いします。http://fielddiscovery.net)

アウトドアの食事において持っておきたい調理器具に
「ダッチオーブン」というものがある。
一般的にアウトドア用としてLODGE、コールマンなどの鋳鉄製の深鍋タイプが有名どころだが
現在ではSOTOのステンレス製、ユニフレームの黒皮鉄板、
スノーピークの鋳物素材など、各メーカーごとに実に多くのダッチオーブンが販売されている。



鋳鉄製のものは初期に「シーズニング」というメンテナンスを行わないと使えず、
更に使用後も洗剤などでの洗浄はご法度。
使用後は油を塗って内部に油分をキープして使用し続けるのがこの鋳鉄製の愉しい所。
(詳しいメンテナンス方法は後日)

十分に育て上げたダッチオーブンは皮膜により本体が真っ黒になり「ブラックポット」と呼ばれ、
この「ブラックポット状態」になると表面に付着した皮膜が錆からダッチオーブンを守り
使えば使うほど手入れも楽になってくるとの事。
ちなみ私のダッチオーブンはまだまだ若輩者なので、
「ブラックポット」には程遠いペラッペラの足軽レベルである。

さてアウトドアにおける万能調理器具として鎮座するこのギアは
なんとなく敷居が高そうに思えるが、決して扱いが難しい特殊な調理器具ではない。
結論から言うと、仕込みが終わった具材をぶちこんで後は火にかけるだけの作業しかないので
一般の家庭料理よりも手間はかからず、おいしい料理ができる。

ではなぜ、そんな簡単においしい料理ができてしまうのか。
その理由のひとつとして、どのメーカーにも共通しているのが、鍋の厚みと重さによるその密閉力である。
この厚みにおける密閉力が内部の温度変化を減らし、具材を一定の温度でむらなく調理できるため
食材に万遍なく火を通すことができる。

更に、重たい蓋と鍋本体の機構による効果で内部気圧は上昇し、
ほぼ圧力鍋と同様の効果を得ることができる。
そのため短時間でのおいしい料理を実現できてしまうという優れもの。

私などまだまだ素人だが、ただ使用していて気づいた事は
安定した火力の元で行えるか否か、これだけで料理の出来栄えは結構変わってきてしまう。
ツーバーナーなどの一定の火力の元で行う調理であるならば「火加減」をつまみひとつで変えられるが
炭を敷いたグリル上で行う場合では「火加減は全て炭」に委ねられるため、この火加減が非常に難しい。
これは私だけかもしれないが、特に昼間行う炭でのダッチオーブン調理は、
炎が見えないため中火なのか強火なのかイマイチわかりずらい。要練習である。

そのため、初めてダッチオーブンで何かを作ろうと思うのならば、
まずはガスによる炎でその調理における火加減とおおよその調理時間を把握しておいた方が良い。
始めのうちはテキトウな火加減で失敗することもまた愉しいものだが、
「初めて作る料理で火加減も曖昧」ではいくらなんでも初心者にはハードルが高すぎる。

自己でチャレンジする初レシピならば、せめて一定の火力の元で
ぶちこんだ料理がどの程度で完成するのかを知っておけば
炭での調理時にもおおよその時間を計る事ができるはずだ。

さて、そんなダッチオーブンだが、作れる料理の幅は実に広く
焼き物はもちろん、炒めもの、蒸し物、燻製など、一通り作れてしまう。

というわけで、私もダッチオーブンを購入してからまだ創作の熱が冷めないうちに
過去色々作ってみたものがあるので一部ご紹介。



写真は微妙だが普段家ですすんで料理をしない素人の私が作ったわりには
味は非常に満足のものばかり。(特にパエリアは絶賛!)

これは決して私の腕ではなく、万能調理器具であるそう
やはりダッチオーブンのおかげである。

前述のとおり、これらの料理には下ごしらえ以外何もしていない。
(途中開けたりとか味見して調味料入れたりとか)
食材をぶちこんで火を通して、開けたら完成である。
レシピを覚えておけばこんな簡単な物はない。



↑はキャベツとベーコン・コンソメ・玉ねぎ・水のみのキャベツスープ。
超お手軽レシピなのでサイドメニューに是非おススメ。
アウトドアで肉や炭水化物をバリバリ食っている時はどうしても汁物が欲しくなる。
そんなとき、ダッチオーブンにこのスープが入っていると安心する。

複雑な料理にチャレンジするも良し、シンプルな食材で手軽にいただくもよし
ダッチオーブンを購入してから料理に目覚める人もいるのではないかと思うぐらい
この調理器具は料理が愉しくなる。

アウトドアで喰らう飯はどんなものでもうまい。
いつもと違うBBQやキャンプ料理を演出したい方は
是非ひとつこいつを加えてみてほしい。
きっと、より愉しいアウトドアライフを発見できるはずだ。

メインサイト
FIELD DISCOVERY