2013夏休み(キャンプ) | zen:埼玉アウトドア・キャンプ・登山ブログ

zen:埼玉アウトドア・キャンプ・登山ブログ

FIELD DISCOVERY zenです。
登山・キャンプ・BBQ・フィッシングなどのアウトドアが趣味。
新たな愉しみを発見しながら日々のアウトドアライフを綴っていきます。
(公式サイトも宜しくお願いします。http://fielddiscovery.net)

社会人の夏休みは短い。
夏を愉しむために何をするか考える。
やっぱりアウトドア。これに尽きる。
とてもじゃないが家になんていられない。
お気に入りのジーンズを脱ぎ捨て、いざFieldDiscoveryスタイルへ。

連休初日はキャンプ!
現地には夕方から到着。
到着ビールと共に川遊び。
極上の肉をほおばり、更にビール、そして川遊び。
浅瀬で泳いで腹が減ったのでまた肉をほおばり、そしてビール
とりつかれたようにこの流れを延々ループ。
夜はお気に入りのアメニティドーム(テント)で爆睡。

zenのブログ-アメニティドーム

snowpeakさんがおくるこのアメニティドームの寝心地は非常に快適。
夏のキャンプでも天窓×2と前後の大きな窓、
合計4つの窓から心地よくテント内に風が流れてくるので
一見密閉されてみえるこのドームの中の温度は意外に悪くない。

アメニティドームの特徴でもある「前室」もまた優秀で
ここにベンチを置くだけで、寝る前のちょっとした「語り場」が完成する。
この寝る前の語り場というのが私はとても好きだ。
夜、寝静まったキャンプサイトで、ドームを背中に気の合うものと語り合う。
これぞアメニティドームの醍醐味だと私は感じている。
都会でのオシャレな酒も悪くないが、やはり私はアウトドアが合っている。
ランタンの明かりを眺め虫の声を聴きながら就寝。
やっぱりキャンプはこれがいい。

zenのブログ

翌日。
このエリアにチェックアウトという概念はない。
起きたい時間に起きて、食いたい時に食いたいものを食う。
ってなわけでこの日の昼食はカレー。
カレーはクッカーひとつあればどこでも食える最高のごちそうだ。
この状況で辛口カレーを食って
あえて暑さに追い来みをかけてみる。
これもまた夏の醍醐味。

zenのブログ

食事を終えたら当然またひと泳ぎ。
さっきまでの滝のような汗が一気に引くほど
ひんやりと心地いい水温が体を包む。
川は天然のクーラーだ。

自然の河川はプールのように地盤が設備されているわけではないので
あらぬところにナイフのような岩が露出していたり、
突然2mぐらいの深みがあって溺れそうになったりするので、
(実際友人がこの川で死にかけている)
足を保護し、なおかつ泳げるアクアシューズ的なものが必要だ。
ビーチサンダルや、クロックス的なものは足の保護にはいいが
泳ぎには適していない。

泳ぎ疲れ、そろそろ帰りの支度をしようと
タープのペグを抜き、車の陰で水着を脱いだとたん、
強烈な突風が吹き大切なタープが横転!

なんてタイミングだ。

見たこともない状態でタープがひっくりかえって、大慌て。
隣のテントサイトにぶち当たりそうになっているにも関わらず
私の下半身は肌色のままだ。
急いで身なりを整え、タープを撤収し事故は免れたが、
危うく「違う意味」の二次災害が発生するところであった。

明日は登山。
いざ霧ヶ峰へ。(つづく)