はじめまして 

私の自己紹介をします。

プロフィールと重なる部分があるかもしれません。



まずは

私がなぜブログを始めたのか、です。

そんなことはどうでも

かもしれませんが

少しだけ書きます。

存在理由ですからね。



結論から先に言いますと

自分の蓄積してきた

ビジネス上のノウハウを

ここでまとめてみようと思ったこと。



自分で四苦八苦しながら

方法論を模索して

成果を上げてきたものですが

ここで、

少しまとめをして

発表することにしたいという

個人的な意欲です。



他のことを題材にして

なにがしかのインターネット上の

取り組みをとも思いましたが、

やはりという事で

私の独特の営業ノウハウを

纏めてみることにしました。



フィ-ルドマ-ケティングなどという

あまり聞きなれない用語を使って

「生意気そう」と思われそうですが



そうではありません。


なにかといいますと

街の中の現場密着型の営業、

あるいは経営であり、



商品の開発から

市場の調査から

価格戦略

販売

販売後のフォロー

商品の問題点の解決と

新たな商品の開発

など、



一連のことを机上ではなく

街の中に密着しながら

進めてゆくものなのです。




大手企業が行うレベルのものとは

全く異なりますが

知識レベルでは似通ったものもあります。



今はやりのドラッカ-の理論など

小さな分野でも正解と思えること

使えることがたくさんあります。



とはいうものの

私の独特さは

書籍に書かれていることを

やってみるという

事とはまた異なり



いつも現実の現場が登場してきます。



自分で、考えて

自分で切り抜け

蓄積した

ちょっとしたノウハウです。



どなたかに有効にヒントにしていただけるならば

大変うれしいことです。



モチベーションが続く間

ブログも続きます。



量的に多くなりましたら

まとめ風のメ-ルマガジンも

その都度レベルアップしながら

新しい話題を盛り込みながら

発行していきたい

そんな風に考えているのです。




なんだ

「そんなおっさんか」

かもしれません。

ま、読んでみてくださいね。



私はさほど盛り上がる文章は

書かないかもしれません。

話題と内容に個性が表れる

といったところですか。

・・・良く言えば。

コピ-ライティングとは違うかもしれませんね。




次に私は普段何をしている人か。

という事も少しお話しいたします。



ここも結論の方から

おおざっぱにまとめてゆきますと



工業用、業務用等機械の販売や

新しい発想の部材類の販売

また、世の中には見かけない新商品の

アイデアから始まり、

製品化をしたり、

販売をしたり、

関連する店舗の開発をしたり

などを仕事としております。



そこそこ独自の経営感覚と行動で

成果を上げ続けています。




ま、そんなことで特段

怪しい人ではありません。

という事で

以上で

ごあいさつに代えさせて頂きます。




記事についての疑問点は

遠慮なくコメントがほしいですね。

そのほうが嬉しいです。




情報を発信する、

コミュニケーション手段がある

しかもいろいろな方法がある。

なにか、世の中が大きく

空中旋回していくようですね。




そのような感性も

きちんと身に着けたいものですね。



それではみなさん

よろしくお願い申し上げます。
  • 20 Jan
    • このブログを

      いままでこのブログに書いているようなことを色々と感じてきておりましたがビジネスについて自分なりにまとめてみようかなと最近そのように考えるようになりました。ブログという方法ではなく別の方法で考えます。という事でこのブログは近々、いったん終了にしようかと思っています。

      15
      テーマ:
  • 06 May
    • ネット物販に挑戦中

      インターネットでの物品販売にそこそこ挑戦中。専門屋さんが使うものなので大当たりするものではないというのが特徴です。で、どうかといいますとポツポツと注文が入ります。ポツポツとです。あまり、営業ベ-スとは言い難いかも。思うのですがそもそも売れるものを扱うのがよさそうな感じですね。宣伝方法などの議論よりも需要がないと、販売エリアがないとというところでしょうか。個人的感想です。

      53
      テーマ:
  • 07 Mar
    • 継続するビジネス

      最近思うのですが小規模なビジネスにとって特に継続性のある日銭になるしかも人に喜ばれてモチベーション向上してというビジネスの取り組みがよい !!!そう思います。ここしばらくはそんな思いが続きそう。

      25
      テーマ:
  • 27 Dec
    • リアルなビジネスにウエイトが

      しばらくブログから遠ざかっておりました。リアルなビジネスの方にウロウロとです。が、実業の方でも今まで書き連ねた事柄が役に立っております。日々の活動は、意識していますとプラスに働きそうな感じですね。

      8
      テーマ:
  • 03 Apr
    • 超  大事

      自分で起業するあるいはすでに起業している場合、つまるところ自分は何をしたいのかが一番目に大事であるように思えてきました。その先に自分のしたいことが必要度が高いものであるかどうか今、あるいはしばらく先を見ても。ここが一番大事なところではないかと。小技類はそのず~っと先の方にありですね。ここのところそのようなことを考えていました。今  一蹴りで俄然運気アップ!     人気ブログランキングへ

      7
      テーマ:
  • 01 Jan
    • 結構景気がよさそう

      実業の方が忙しくバタバタとしておりました。小規模企業ですが色々と取り組んでおりますと売上にならずとも忙しくなったりいたします。ここの所取扱商品の関係から今までと少し方角の異なる分野の会社関係に顔を出しています。それでで気が付きましたがところ変わると様子も変わる結構景気がよさそうです。少し視点が変わりますと風景もかわるものですね。いつも同じ方向からばかり物事を見ていることはこれは注意。今までと違うところも少し見てみるというのは良いと思います。もちろん自分の企業活動、自分のポリシ-とどこかでつながりがないとという事ですけれども。前回のマインドマップのお話とここでつながるのですが。なかなか難しいところですね。今年も挑戦的に  エイッと運気アップの一蹴りをお願いしま~す  人気ブログランキングへ

      89
      テーマ:
  • 25 Oct
    • マインドマップのあと

      さて、前回は、思いつくままにマインドマップを書いてみようというお話をいたしました。実際にいくつか書いてみますとなんとなく、自分の方向性が見えてくるかと思います。自分のしたいこと得意なこと、今やっていること、などなどで、大体こんなことをやってみたいとか、或いはすでに取り組んでいることが良しとするものであるとかおぼろげにいくつかの題材が出てきましたら、取りあえず、これはここまでとします。仮に、今取り組んでいることが実はどうも違うのではないかとしても取りあえずはここまでとします。次に、ここでちょっと視点を変えてみたいと思います。というのは私も最近よく考えるからですが、イメ-ジで言いますとコップの中での仕事とコップの外での仕事コップの中での仕事ととはつまり、活動範囲が「国内の中での仕事」ですがそれを考えてみたときに、自分のやっていることやってみたいことがはたして継続性を保てるかどうか。「内需」の分野とでもいうのでしょうかね。我々、ごく小さな会社は概ねここでの活動なんでしょうけれども。コップの中で小さくなってゆく分野で事業存続、発展をしてゆこうとしますとさてどうするか。があります。しかし、どんどん伸びてゆく分野もかたやあるわけで、固定観念にとらわれずにそのあたりを自分なりに考える必要があるとそう思うわけです。「継続性」の意味は需要の大きさもあれば利益もあれば生産、製造もあれば仕入先もあれば具体的な販売先、地域の特性もあれば商品の確かさもあります。ビジネスの大きさにかかわらずこの辺は同じようにあるかと。ここでまた一悩みというところかと思っております。ザッとですが、今回は「事業」の継続性を考えてみようというお話でした。次回はさらに話を進めてゆきたいと思います。ところでですが、私はなにがしかの専門家ではありませんので、あくまでも同好の士が、という事でですが、気軽に意見を交換できる同好会のようなサ-クルがあれば面白いと考えております。勿論、インターネット上でです。近々私からのご提案をいたしますので、興味のある方はご注目ください。  ここでエイッと意欲アップの一蹴りをお願いしま~す  人気ブログランキングへ

      86
      テーマ:
  • 19 Aug
    • いくつものマインドマップは良さそう

      何故、会社をやるのか。何故、ビジネスをやるのか。と前回書きました。実際のところは今やっていることは良いのだろうか、これから何かをやりたいけれど何をすればよいのだろうかという感じでしょうかね。誰でも考えますよね。しかし~意外と難しいです。途中でうやむやになってしまい、また、いい加減しばらくたってから同じように考えます。私には、そんな感じがいたします。私が行っている些細なことで少しだけ役に立っていることを書きます。と、大きなことを言えるものではないのですが。私はいわゆる成功者でも何でもありませんしほんの少し一部分で成果が出てみたりの程度ですが良さそうな方法です。そのようなレベルとしてお聞きください。害にはなりませんので試されてはとは思います。なにかの書籍で読んだ知識が混ざっているのですが先ず、何をするかと言いますとあれです。マインドマップ色々な効果をうたった書物がありますが私の場合そんなに頭脳的ではない使い方でいくつものマインドマップを作ってしまうというものです。いくつもって何?と言われると思いますが、これもどこかの知識のつなぎあわせですが多分こんな使い方はあまりされていないのではと自分では思います。ではたとえば一つ目は自分の小さいころから興味を持ったことを思いつくままに枝葉枝葉に書いてゆきます。これはこれでおしまい。次に二つ目ですが、自分の得意だったスポ-ツを同じように書いてゆく。次に三つめは自分があこがれたことを次々に書いてゆく。次に四つ目に、自分が一年後になりたいことなどを書いてゆく。と際限はありませんが、思いつくままに書いてゆくうちに・・・・不思議と考えが見えてくる感じです。「景気分析と自分の事業」なども面白いと思います。どんな結論でもいいんです。やってみる。取りあえず今日はここまでです。それでは続きはまた。まだまだ続く暑さに涼風の一蹴りをお願いしま~すいいことが起きま~す   多分  きっと 人気ブログランキングへ

      105
      テーマ:
  • 02 Aug
    • 何故、会社をやるのかの疑問?自問

      何故、会社をやるのか、あるいは、何故、ビジネスをやるのか。突然、話題の方向が変わります。これから会社を興してみたいけれど最初の最初がわからない。サラリーマンで実績を上げ続けたのでそれをべ-スに進める自信があるから、会社を作って自由にやってみようかであるとか既に会社を始めているけれど思うに自分は何をやろうとしていたのかなど最初に考えても、あとになって思い至っても一番微妙で重要なことではないかと思います。なぜ会社をやりたいのか既に始めてしまって全然わかっていないけれどなんかうまくいってしまっているというのもありですけれどあまり無いのではないかと。このあたりを自分なりにまとめてみようと思います。次回から順次に。多分、多くの方が興味を持たれることであると思います暑さしのぎに応援の一蹴りをお願いしま~すきっといいことが起きま~す 人気ブログランキングへ

      49
      テーマ:
  • 06 Jun
    • 急がないのだけれども高利益を生み出しそうな

      ここのところ機械類のPRや資料作りに追われる毎日を過ごしておりました。最近はとみに機械を ”売る” というよりも問題解決の ”相談にのる” という感じが強いです。何らかの相談を受けた時には1、客観的な物の見方と2、結果予見性と3、特異性、特化性?(ものの見事に解決する)4、それらの証明などそのあたりが味噌のような気がいたしております。案件の大小にかかわらずですね~。という事とは別に、私の場合ですが、機械物のような一回限りのビジネススタイルから繰り返し繰り返しの少額でも継続するスタイルの商品開発にも魅力を感じ取り組んできました。一年くらい前からのものですが毎日忘れずに取り組んできました。ここへきてちょっと希望がというように形が見えつつあります。ヒントは上記1~4です。分野はいろいろでも同じくくりですね~。多分。前回、高利益ではあるけれども急を要しない仕事というお話をいたしましたが、例えば、今の私のような状況が一例ではありますがそうではないかと思います。ビジネスのボリュ-ムの大小にかかわらずここは大事なところであると思っています。この取り組みをいつも忘れずに意識し続けるために前回のノ-トのとり方は有効であったというのが私の経験でもあり今回のお話です。売り上げ結果がどうなったかなどもっと詳しいところは後日お話ししても良いとは思いますがメルマガかレポ-トが良いのかなとも思っています。もっと詳しく内容をというお話がありましたら考えてみたいと思いますのでご意見頂きたいところです~。このブログを今読まれているあなたは私と同じような小規模企業でしょうかそれとも大手と言われる会社にお勤めなのでしょうか。どのようなお仕事に取り組まれているのでしょうか大変興味があります。ぜひ、教えてほしいですね~。 興味津々の Hiroaki景気づけに応援の一蹴りをお願いしま~す一蹴りするといいことが起きます、きっと、多分。 人気ブログランキングへ

      104
      2
      テーマ:
  • 20 Apr
    • 「手帳、日誌に これを使います。」

      長らくお待たせです。前回の記事の「いいね」が100超すのを実は待っていました。自分勝手なモチベーション向上です。で、今日のお話は「手帳、日誌にこれを使います。」です。有料商材並みのお話ですのでご活用をと思います。まずは、「仕事の手順」ですがものの書物には高利益で急を要する案件は一番最初に取り組むべきとして次に常に意識しなければいけないこと、それは高利益であるけれど急を要しない案件であるとあります。がこの際、手帳や、日誌にこれをこのまま使ってしまおうという事です。ここが味噌ですね。日々のTO DO LIST的なことは順序を振って或いは時刻を記入して羅列する。それとは別にこれから取り組みつつある案件をいつも忘れずに検討し続けるという趣旨のものです。右側に欄をあけて進捗状況や結果など雑記するのも良いのではという簡単にお話ししてしまいましたが今日はこんな「味噌」のお話でした。下記は例です。(クリックすると拡大して見れます)いろいろ工夫されてはと思います。実際にこれをやっておりますと、「見えてくるんです」え何がですか。次回は高利益であるけれど急を要しない案件について語ります。お楽しみに。ご質問があればいつでもどうぞ大歓迎です。学問は不可・・・です。それは専門家の書物に。応援の一蹴りもお願いしま~すコメント、ご意見も遠慮なくくださいね~モチベーションがアップします~ 人気ブログランキングへ

      114
      テーマ:
  • 13 Mar
    • 店舗候補エリアの簡単に出来る年齢層調査

      こんにちは= 今回から、文字を少し大きめにします~ =今日は、店舗候補のエリアの年齢層の調べ方についてお話ししたいと思います。またまた結論から行きます。例えばですが東京都内を例に挙げますと店舗候補地の半径500m以内には大雑把にですが1万世帯以上の世帯数、人口があります。市役所、区役所のホ-ムペ-ジには人口動態が載っております。そこでグ-グルの地図で良いですからプリントアウトをし、候補地を中心にして500mの円を描きます。(移動時間が短時間であれば範囲を広げます)次に市役所、区役所の人口動態のところから世帯別、年齢別人口を見ます。世帯数、総人口男女の比率、年齢別の人口外国の方の人口人口の年々の推移もあるかと思います。先ほど地図上に描きました500mの円におおむね該当している町名のデ-タを拾ってゆきます。この時に円の形を生活道路の流れに合わせて縦長の楕円であるとか調整するのが良いと思います。実際、交差点の向こう側川の向こう側などは往来に便利でなければ商圏にはならないからです。そうしてデ-タを整理してみてある年齢層に需要のある商品であればその年齢層が多ければ多いほど良いわけです。一つ注意すべきですがその地域特有の条件は考えてみるべきところです。例えば、車を使う年齢層がたくさんおり駐車場を運営したいところが個人の駐車場がほほ完備されているあるいは周囲には駐車に困らない環境が揃っているなどです。高級住宅街の中のコインランドリ-なども需要は多くないと言われております。たとえ話ですからご自身の案件に置き換えて考えてみてください。年齢層の調査は以上のようですが現地の場所を見ながらご近所の方と会話をしながら商圏の雰囲気を感じることはなお、重要と思われます。今日はここまでです。次回は少し話題をかえまして仕事の記録、手帳の記述方法につきまして使えるテクニックをお話ししたいと思います。おそらく他にはないお話であると思います。手帳や、日誌にこれを使うというところが味噌です。それではまた。長編メルマガ内容の整理も進めております。ドンドン変えてゆきますが気が向かれましたらいつでもどうぞ。応援の一蹴りもお願いしま~すコメント、ご意見も遠慮なくくださいね~モチベーションがアップします~ 人気ブログランキングへ

      123
      テーマ:
  • 08 Mar
    • 用途地域の確認?

      こんにちは。今日は店舗の場所選びの時に忘れてはならないことをお話しいたします。短いお話ですが大事なことです。それは用途地域の確認です。第一種低層住宅専用地域などの名称を聞かれたことがあると思いますが都市計画による決まりがあります。機械を設置する店舗の場合関係大ありですのでこれはお役所に事前に確認することが重要です。今日のお話はこれだけですがこれを怠ると後で計画は絵に描いた餅になります。慣れ、思い込み、ノ-チェックなど気をつけましょうというお話でした。次回は候補エリアの需要に関係のある年齢構成についてお話ししたいと思います。それではまた。応援の一蹴りもお願いしま~すコメント、ご意見も遠慮なくくださいねモチベーションがアップします~ 人気ブログランキングへ

      53
      2
      テーマ:
  • 01 Mar
    • 利用しやすい店舗の場所は

      こんにちは。今日は利用しやすい店舗の場所・・について考えてみます。まず、一つ目の候補は主要な駅を降りて住宅街に向かう人たちが必ず通る道。双方向道路で車のチョイ止めも出来ること。駐車場があるとなお良いが都市部では難しいこともあるので歩き、自転車、チョイ止めの3つが揃えばまずはOK。重たい荷物の受け渡しの店舗でない限り意外と大丈夫です。駐車場の向きに不具合があれば店舗入り口の方向など知恵をひねれば良い。むしろ、真ん前に大きな樹木があったり長いガ-ドレ-ルがあるなど視界を遮り店舗に入りにくいところは不可というところでしょうか。看板の位置、色合い看板の言葉の分かりやすさ店舗がそれらしく直感的に分かりやすいなどは別の問題として検討事項です。二つ目の候補地は、住宅街、商業店舗から日日使用する商品を購入するス-パ-マ-ケットに行くために必ず通る生活用道路。人の流れが大事です。流れからそれると近くであっても難しいと考えるべきです。語弊がありますが一般的にス-パ-マ-ケットがお客様でにぎわっていることは必須条件です。三つ目の候補地は郵便局、銀行など日常頻繁に利用する施設に至る通り沿い。人の賑わいが必要です。閑散としていないことです。如何でしたでしょうか次回は利用されるお客様の年齢層などを考察してみたいと思います。それではまた。応援の一蹴りもお願いしま~すコメント、ご意見も遠慮なくくださいねモチベーションがアップします~     人気ブログランキングへ

      55
      2
      テーマ:
  • 02 Feb
    • 繁盛エリアの中でどこを探すか

      繁盛エリアについて前回、繁華街を抱えるエリアということをお話しいたしました。前回の記事 ← はここをご確認くださいね。さて繁華街を抱えるエリアのどこを探せばよいのか生活道路とはいったいどこなのか探すには一体何をすればよいのかですね。結論から・・・言いますが「賃貸店舗」のサイトの地図で探すこれが一番早い方法です。具体的に借りれる物件が載っているわけですからねその中で前回お話したス-パ-マ-ケットのそばであるとか、現に集客している施設のそばその隣、あるいはその向かい側、あるいはそこに来るためには必ず通らざるを得ない所ですね。そしてできれば角地間口が狭いよりは広い形見栄えのする建物看板を出すと遠から見えるか通り沿いであればそばに信号機があることこれらは視認性やお客様が来やすいということを考えるとこんな感じになるわけです。おおよそ荒っぽくチェックができましたら今度は現地確認です。現地に行ってみて人の流れ曜日によってどのように変わるか天候によってどのように変わるかなどを自ら確認し聞いて歩きます。地元の不動産会社などにも顔をだし近隣の様子を確認しながららしい候補がありましたらそこを起点に例えば半径1kmの円を地図上に描き区役所が出している人口統計で人口や年齢層や、年々の推移を見ます。店舗の業種にあった年齢層が多いといいわけですね。このようにして需要の推測をいたします。つぎに、重い設備を置く業種の店舗の場合は床の強度を確認したりもともと店舗として作られたものかあるいは駐車場か何かであったものなのかできれば図面で確認します。あと、法令の確認も必要です。場所探しは大体こんな感じです。でもこれで終わったわけではありません。いよいよさらに細部の詰めに入ってゆくわけですが候補の賃貸物件の広さ、給排水設備の様子電気内装のつくりトイレのつくり、清潔さ天井裏の清潔さの確認前業種の確認、撤退であればその理由看板設置場所駐車スペース屋外設備のスペース賃貸条件の確認などを順次行います。これでほぼ合格であれば店舗内設備の種類、配置そのコストすべてを算出してさらに売り上げの予測も行い採算が合うかどうかの目算を行いますあえばいよいよ賃貸契約も含めて具体的な資金計画の詰め店舗オ-プンまでのスケジュールを作ってみます。一気にお話いたしましたが流れはこんな感じでしょうか。細部はご要望があればさらにご説明などいたしますが、どんなものでしょうか。コメントを頂けると嬉しいですね。応援の一蹴りをお願いしま~すコメントもくださいねモチベーションアップです~     人気ブログランキングへ

      142
      2
      テーマ:
  • 31 Jan
    • 繁盛エリアとは

      前回の記事は繁盛する場所についての考察で需要の錯綜する場所であるとかいくつかを上げてみましたがいざ具体的にはどう探してゆくのか?今日はこの辺りをお話ししようと思います。東京を例にとりますがさほど難しくはありません東京の繁華街庶民感覚的なところでどこでしょうか。おおざっぱにですが飲食街などのにぎわっているところとしましょうか新宿渋谷池袋上野錦糸町とか、他にもありますがこのような繁華街のエリア業種にもよりますがお客様に来ていただく業種ですと繁盛の可能性ありのエリアです。この様な繁盛エリアをかかえた生活圏生活道路があり買い物客や業務用途の車なども行き来するここがここ以外にもあるわけですがここは繁盛エリアです。生活道路沿いで通勤やら買い物やら必ずそこを通り視認性の良いところス-パ-マ-ケットや郵便局など毎日のように用事があって必ず人の来るところのそばどのくらい人が来るかは調べればすぐにわかりますが、ス-パ-マ-ケットの場合レジカウント数を確認すればよいわけです。分かりますよね。大雑把にお話しいたしましたが繁盛エリアとはこの様な感じです。このエリアの中で更に具体的にどこが良いのかにつきましては一気には語り切れませんので、回を改めます。今日は、5大繁華街などと言われるようなエリアこれは良いというお話でした。こんなことについてはどうなのかなどご質問いただければ私がお答えできる範囲で喜んでお答えしたいと思います。                        応援の一蹴りをお願いしま~す                        ご質問などもいただければ                           モチベーションアップです~                                           人気ブログランキングへ

      35
      テーマ:
    • 無料 サ-クルのご提案です

      私のブログを訪ねていただきまして有難うございます。このブログでは小さな事業の現場密着型のフィ-ルドマ-ケティングによる営業方法や経営についてを題材としております。話題の取り上げ方についてはその時々、ランダムに変化しておりますので、話題の連続性が途切れる場合もございます。また、最近はブログではどうしても一方的にお話しする感じになってしまいますので、このブログとは別途に気軽に意見交換できる同好会サ-クルのようなサイトがあればと検討しております。SNSサイトを利用して無料登録で、気軽に意見交換を出来るサイト。ビジネスの「話題」のとっかかりは私が提起致しますがサ-クル登録会員同士で自由に語り合うというそんなイメ-ジです。形が出来ましたらご案内したいと思います。 Hiroaki

      11
      テーマ:
  • 16 Jan
    • 「繁盛する場所」についての考察

      年が明けてしまいました。今年はどういう年になるか気になるところですね。昨年は後半、展示会のお話をつづけましたが、この後いろいろな進展を見せてゆきます。続きは、時々話題に挙げていきたいと思います。さて、店舗などを新設、展開するときにどのような場所が良いか、については以前、それは、「繁盛する場所」とお話したことがありますが、「どこが繁盛するか」を考えてみたいと思います。経験的なお話ですので学問ではありません。そのつもりでお聞きください。どこが繁盛するのか、どこの「場所」を選ぶのかです。すでに繁盛しているところはその限りでは正解の一つになると思いますが、もっと最大公約数のような言い方をいたしますと第一番目に~事業運営オ-ナ-のご希望エリア      というのがよく出てきます。第二番目に~主要鉄道沿線駅から通勤客、      日常お買い物客の利用する生活道路上の場所第三番目に~色々な需要の錯綜する場所、      住居以外に飲食店、接骨院、美容室などが混在するところ第四番目に~平均した年齢分布が見られること。      業種により、若い人の多い所が良いとかあると思いますが。第五番目に~毎日奥様方が買い物に来るス-パ-やコンビニのそば。ざっとこんな感じでしょうか。もっと良い場所があるかもしれません。業種によっても異なってきます。一番危うそうなのが第一番目のエリアです。好み優先で、考えるべきことが抜け落ちやすいからです。どんな感じでしょうか。皆さんのご意見を右下のコメント欄にぜひ書いてみてください。おもしろくなります。                                  応援の一蹴りと、                   あなたのご意見を。                      歓迎です!                    人気ブログランキングへ<< 長編 無料メルマガはこちらから >>

      102
      テーマ:
  • 21 Dec
    • 楽しみな取り組み案件となってゆきます。

      随分寒くなりました。もう、年末のような雰囲気になってきましたね。さて、前回は展示会のフォローについて具体的に書きましたがじつは②の有望な商談がなかなかの威力を発揮します。①の見積もり依頼を頂いている言うならば緊急性の高いと言える商談は言わずもがなですが、②の方が商談数は普通は多いはずです。しかも、展示会前後の営業によるものも含めますとなかなかの重みになります。ここにいかに力を入れるかで後々に大きな差が出てきます。どこかの実業の高額セミナ-で同じことを言われておりましたが、ここは本当にそう思います。小規模事業者、個人事業では、私もそうですが自分で取り組みます。今日の明日ではありませんが、あとあとに一つの塊になりそうな楽しみな取り組み案件となってゆきます。結局この積み重ねが大事なのであろうなという感じです。小規模事業者の日々の生活に影響のあるレベルのお話であると思いますね。このお話の続きはこれからも更にステップアップして面白くなりますが、今日はここでお話を少し変えまして私のメルマガの雰囲気もお伝えします。ほんの一部ですけれどもここからです。↓ネットビジネスのサイトを見ておりますと「レパレッジが効く。」 とよく書かれております。レバレッジって何のことであろうか?とお思いであると思います。意味のわからぬ言葉が登場してきます。えっ、「新しい飲み物?」 となってしまいますが、いいえ違います。^^それで、あえて調べてみますとレパレッジというのは元々、テコの原理という意味で、経済活動などにおいて、他人の資本を使うことにより、自己の資本に対する利益率を高めることなどをいうことであってFX投資などでもよく使われている用語です。 つまり、ネットビジネスでは少ない労力で大きな効果を発揮できるってことをいうわけですね。「なぜそんなことが可能なの?」かと言いますと 答えはとてもシンプル。読者数がどれほど増えようとも、 あなたが情報を発信する労力は一切変わらないから、ですね。プログであれば、記事を書いて投稿ボタンを押すだけ。 ツイッターであれば、ツブヤキを書いてツイートボタンを押すだけ。 届ける相手が 1 人だろうが 1億人だろうが同じことです。マンツーマンディフェンスのようではない逆のパタ-ンですね~。1対1の勝負ではないということです。一度に多くの方に情報をいくらでも発信できるわけですね。ちなみに100人うちの3人の方に10,000円のものを売ると30,000円の売上ですが、かたや、10,000人のうちの300人の方に10,000円のものを売ると3,000,000円となります。そこで、あなたが行った作業はというと両者ともに同じ、投稿するだけの作業です。実業の世界では、たとえ社員を増やしても、代理店制度やフランチャイズなどうまく使いいろいろ考えましても、このようにはいきません。どうも情報発信の世界では10,000人の読者さんに実際にこのように売る方がいるということがあるように聞いております。私にはその経験はありませんが、これがテコの原理です。レパレッジの威力です。すごいことですね。さて、自分の発行するブログなりツイッターの読者の方をいかに増やせるのかについてですが・・・・・↑ちょっとご紹介しました。実際のところかなりの長編です。小規模事業者の経営スタイルにどこかでつながっています。世の中のリアルタイムに、ご意見などいただけると嬉しいですね。お気軽にコメントください!<< 無料メルマガ登録  >>                                  応援の一蹴りと、                   ご感想やあなたのご意見も!                   お返事いたします!                      人気ブログランキングへ

      181
      テーマ:
  • 02 Dec
    • その後の展示会のフォローできまる!

      前回は展示会の効果についてお話しいたしましたが今日は、その後の展示会のフォローについてお話しいたします。展示会場では、いただいた名刺に、日付、商談の内容、確度、印象を記載しておきました。いま、一冊のクリアファイルに日付の見出しをつけ、その日付ごとに、① 見積もり依頼を受けた先② 有望な商談③ それ以外のいろいろに分け、①のお客様にはお約束した商品のお見積もりを至急、お送りしました。早々とご注文もあります。②のお客様は、こちらの勝手でちょっと失礼なのですが、商談のボリュームや将来性について考慮し、大きなところから順に電話を入れてその後の社内でのお話の進展の様子などをお伺いする。そういった作業を順次進めてゆきます。という感じでしょうか。②のお客様からは具体的な見積もり依頼が出てきます。付随してほかのお話も出てきます。ここできちんと電話なりのコミュニケーションをとるかとらないかで結果はガラッと変わってしまいます。逆の立場でしたらそうですよね。しばらく時間を置きますと気後れするといいますか、電話がしづらくなってくる感じがあると思いますが、それは無用な心配です。失敬な態度をとらぬように注意を払う必要はあると思いますが。今日はここまでです。が、まだまだお話は続きます。「ビジネスのメルマガ」でもより具体的にお話をさせていただいております。一度、ご覧ください。<< ビジネスのメルマガ登録  >>                                  応援の一蹴りと、                   ご感想やあなたのご意見をください!                   お返事いたします!                      人気ブログランキングへ

      210
      2
      テーマ:

プロフィール

Hiroaki

性別:
男性
お住まいの地域:
埼玉県
自己紹介:
小規模事業を今や14年経営しております。最近は14年続いていることを褒められたりすることがあり、変な...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。