対象アプリケーションが異なります

  労使関係の対象は雇用主と労働者のみです。ここでの雇用単位とは、企業、個々の経済組織、民間の非企業単位、およびその他の組織単位を指し、州の機関、機関、社会組織の場合もあります。ここでの労働者とは、16歳に達し、法定定年に達しておらず、働く能力があり、労働に基づいて法定賃金を取得している人を指します。

  僱傭関係の両当事者に特別な管理規則はありませんが、従業員は企業内で民事訴訟を起こす能力を持つ自然人にしかなれません。

  さまざまな個人属性

  労使関係では、オペレーターと被管理者の間に従属関係があり、雇用主と労働者の間に従属関係があります。

  両当事者間の雇用関係は関係がなく、2つの同等の主題です。契約の締結を通じてのみ、両当事者を拘束することができます。

  紛争解決手続きの違い

  労使関係における労使紛争には、事前仲裁手続が適用されます。仲裁判断に満足できない場合は、裁判所に訴訟を起こすことができます。

  僱傭と労使関係は民法により調整され、民事紛争を処理するためのシステム手順が適用されます。当事者は、仲裁またはその他の訴訟を使用してライフスタイルを解決できます。当事者は、仲裁合意または仲裁条項に従って仲裁管理機関に仲裁を申請するか、人民法院に直接訴訟を起こすことができます。仲裁は訴訟の前手続きではありません。

おすすめの関連記事

労働協力関係と僱傭労働関係の違いは何ですか?

僱傭関係と労働関係の違いは何ですか?

労使関係と僱傭関係の違いと代入の原理 か?