生後3~4ヶ月の赤ちゃんの食事で気をつけることは? 乳児は3〜4ヶ月間、基本的に母乳とミルクの単一の食事をすることがわかっています。 この年齢のお子さんの食事の禁忌を親御さんが理解することが大切です。

生後3~4ヶ月では、母乳が主な食べ物です。 しかし、産休明けや母乳不足、病気など様々な理由で、多くの新米ママは、成長期の赤ちゃんの栄養ニーズを満たすために、処方されたミルクやサプリメントを与えることを選択しなければなりません大家樂

フォーミュラは適切に配合されなければなりません。

母乳が足りなかったり、不足したりするために、混合や粉ミルクを与えなければならない母親もいて、粉ミルクや各種乳製品は便利で望ましい乳児用食品となっています。 ラインナップに加わったのは、最も新しいものです。 このような状況の中で、当社はお客様のご要望にお応えするために、様々なサービスを提供しています。

コンデンスミルクは、赤ちゃんの主食として使うべきではありません。

市販されているコンデンスミルクは、新鮮な牛乳を加熱して水分を蒸発させ、砂糖を加えて作られています。 コンデンスミルクの糖分は40%と高く、乳児が必要とする比率に適切に希釈することが難しい。ブレンドすると、コンデンスミルクと水の比率は1:4となり、生乳の濃度に相当するが、1:5の比率でブレンドすると糖分が高く、甘さに適したタンパク質の含有量が低すぎて乳児の栄養ニーズを満たすことができないのだ。 このジレンマは、コンデンスミルクが乳幼児の主食として適していないことを示唆している大家樂見工

乳児はプロテインを食べてはいけません。

この時期の赤ちゃんのサプリメントとして、親御さんが卵を選ぶことがあります。 小さな卵には栄養が豊富で、特に卵黄がおすすめです。 赤ちゃんに卵黄を与えるときは、決して卵白を一緒に与えないようにしましょう。 たんぱく質は非常に消化されにくく、またこの時期の赤ちゃんは胃腸の機能が十分に発達していないため、消化不良や下痢を起こしやすいのです。 また、卵白にはアレルギー反応を起こしやすい異物タンパク質が含まれています。

文章精選:

飲食習慣很重要,飯後要改變六個習慣

ピーナッツが食べられない人 避けたい4つのタイプ

1-3歲寶寶的飲食原則是什么?

蛀牙怎么辦?蛀牙有這些飲食禁忌

間食が不健康だと言う人はいません。 この5つの間食を定期的に食べれば、体が増殖します