アオブダイと中毒体験求む!! | STAFFのブログ

STAFFのブログ

フィッシングハヤシ
STAFFの釣行記・日々の出来事などをお届けします。

スタッフ桜ですウインクルンルン

 

今日、高知大学農林海洋科学部 水族環境学研究室の方が来店され、シガテラパリトキシンなど

魚の毒について興味深いお話をしていただきました。

 

ここのブログを訪れてくれるのは釣り人が圧倒的に多いと思います。

 

魚を食べた時に

手足がしびれる

下痢や嘔吐

温度感覚の異常

筋肉痛

など中毒になった場合、知らせてほしいとのこと。

 

また、中毒を起こした魚の食べ残しがあれば研究のため提供をお願いします

 

ちなみにシガテラ毒を持った魚とそうでない魚は見分けがつかず、

熱を加えても毒は消えないので注意のしようがないし、うちの家族は何年も前になりますがアカハタで2名の中毒者を出しました滝汗

 

上記のような体の異常を感じたら

 

madachi@kochi-u.ac.jp

s17dre18@s.kochi-u.ac.jp

 

足立さんもしくは本間さん

 

こちらにメールをしていただくかお店で私にお声掛けください照れ根掘り葉掘りお話伺いまっせグッ

 

アオブダイパリトキシン様中毒の研究のため検体(魚の提供)を求めているそうですが

市場になかなか出回らないアオブダイの入手は困難を極めており、出逢う確率の高い釣り人の協力が不可欠です。

 

もし、釣行の際アオブダイが釣れたらなるべく体に傷をつけずにそのままクーラーへ入れていただき、

(内臓を調べるため、体はそのままが望ましいそうです)

 

madachi@kochi-u.ac.jp

s17dre18@s.kochi-u.ac.jp

 

足立さんもしくは本間さん

 

TEL 088-864-5216(土日祝日は居ない可能性が高いのでメールの方が連絡がつきやすいそうです)

 

こちらまでご連絡をお願いします照れ

 

ハヤシで待ち合わせしてもらっても大丈夫なので、うちの店も利用して下さいねウインク

 

研究が進み、食の安全確保のお手伝いが出来ればと思いますので

是非ご協力をお願いしますキラキラ