三原義士祭に三原を散策(広島県三原市) | のぼるの街歩きブログ

のぼるの街歩きブログ

中四国地方中心のイベント、ウォーキング、歴史めぐりを
中心にした記事を書きます。

 

広島県三原市の宗光寺(そうこうじ)で1月28日三原義士祭があり、JR三原駅から西国街道を歩いて行ってみました

 

  JR三原駅前の「とんど」

 

   

 

 

 JR三原駅の 瀬戸内三原 築城450年の看板

 今年は小早川隆景が三原城を築いて450年を迎えたことを記

 念する行事が、2月4日のオープニングセレモニーから11月ま

 で市内各地で行われます。

 

 

 

 

 

 JR三原駅前の神明市の看板

  今年は2月10・11・12日に開催

  神明市はJR三原駅北側一帯(東町・館町・本町)で開催され

  る、備後路に春の訪れをつげるお祭り。だるま市・植木市

  をはじめ約500軒の露店が出店し大勢の人で賑わう。期間

  中は日本一の大だるまが掲げられる。

 

  

 

 

  JR三原駅内の神明市の看板と日本一の大だるま

 

  

 

 

 

   

 

 

   

   JR三原駅構内にあります。

   受験生に人気の「らっきー神社」

 

  

 

   

  

 

 

 三原名物の「たこ」は英語で「OCTOPUS」(おくとぱす)にちなん

 で「置くとパスする」絵馬をお持ち帰り、机の上 「置いてパス」

 して下さい。

 

 

   

 

  置くとバスする合格祈願の絵馬です

 

 

 

  JR三原駅の北側にあります。

  三原城天主台の石垣

  三原城は1567年(永禄10年)沼田川河口の三原湾に浮か

  ぶ大島と小島をつないで築かれた。満潮時に城の姿が海に

  浮かぶことから「浮城」と呼ばれた。小早川氏以後、福島氏、  

  浅野氏の支城として栄えるが、1894年(明治27年)本丸を

  貫いて山陽鉄道が開通し、今はJR三原駅の北隣の天主台な

  どの一部しか残ってない。

 

   

 

 

   整備中の三原城跡歴史公園

   2017年2月4日開園。三原市は平成23年から三原城天主

   台周辺の発掘調査を行い、三原城跡歴史公園として整備し

   2月4日開園セレモニーを行い開園。長屋門石列、長門風

   あずまや、後藤門石垣、西国街道と街道沿いの石列が復元

   されている。

 

    

 

 

 

 

   復元された後藤門石垣

 

 

 

   

 

  

   西国街道を歩いて宗光寺に行きます。

   人形のお店の看板があったので寄ってみました。

 

   

 

   

  

 

 

   雛人形がいっぱいです。

 

 

 

  

 山脇邸

 建築年は昭和元年(1926)最初は呉服屋その後、銀行として

 使用された。2017年春にはレストランとして再生される予定。

 

    

 

 

   宗光寺の山門に上がる途中にありました。

   徳川家康宿泊所 一株院跡

 

   

 

 

 

   宗光寺山門 

  四脚門 切妻造 本瓦葺  昭和28年11月14日重要文化

  財に指定。小早川隆景が築いた新高山城から移築したとされ

  るが、規模、細部意匠などから、福島氏が現在地に新築した

  可能性が高い。(説明文から)

  

    

    

   

   

   

    

 

 

 

 

 

  宗光寺(三原市本町) 曹洞宗

  1577年 小早川隆景が親の毛利元就夫婦を年忌を忌うた  

  め新高山城内に建立。三原城築城の際に城下の西側を守る

  砦を兼ね、この地(本町)に移された。(パンフレットより)

 

   本堂

 

    

    

 

 

   三原義士祭

   三原は浅野家の城下町であったこと、「仮名手本忠臣蔵」の

   作者の一人「並木宗輔」ゆかりのまちであることなど「忠臣

   蔵」とゆかりがあり、大正13年(1924)から宗光寺で義士

   祭がおこなわれていました。十数年前からとだえていました

   が昨年(2016)から復活しました。

       今年のポスター

 

      

 

 

  赤穂義士法要・赤穂義士画像などの展示・講演・独謡・くじび

  などが行われた。  

   

     赤穂義士画像などの展示(本堂)

 

   

 

 

 

    浅野長矩と大石内蔵助

 

    

 

 

     原惣右衛門と矢頭右衛門

 

    

 

 

  上段の右から2番目は堀部安兵衛

 

 

 

 

 

 

 

   

 

 

 

 

 

   「元禄太平記」主演の石坂浩二のサイン扇子

 

  

 

   

   

   赤穂義士の名簿

 

   

 

 

 陣太鼓・床本「太平記忠臣講釈」・「小説赤穂浪士」・大石内蔵助の絵

 

 

 

 

 

  赤穂義士画像などの見学後、境内を歩いてみました。

 

   塔婆(七層石塔婆) 三原市重要文化財。

   年代は鎌倉時代後期の前半永仁(1293~1299)ころで

   大工 心阿の作である。(説明文より)

 

   

 

   

    経蔵

 

  

 

 

      禅堂

   

   

 

  

   庫裡

    

    

   

 

 

    浅野忠長の墓 三原市史跡

    石造五輪塔で高さ三メートル

    浅野忠長(1592~1660) 三原城主2代目

 

 

 

    

 

 

    福島正之の墓 三原市史跡

    福島正之(1579~1601)福島正則の養子。福島正則は

    関ケ原の戦後、功により毛利氏の後をうけて広島に入国

    した。この時、正之を三原城に置き備後支配の要とした。

    (説明文より)

     

 

     

 

   

     宗光寺からから帰る途中にありました。(本町)

     地域活動センター 本町サロン いろは

 

     

 

      

     本町の歴史

     

     

 

   本町サロンの隣あります。

   Y FOOTBALL  mini MUSEUM

     サッカー関連の資料が展示してあります。1階にはこれまで 

  の大会のブログラム、サッカーマガジンなどがあり2階には

  サイン色紙、バッジ、タオルなどが展示してある。

 

   

    

  

   林家正楽師匠の紙きり なでしこジャパン

    

    

 

 

    

 

 

 

 

 

  開館時間

 

   

 

 

 

  駅前市民広場の三原城・浮城を表現したイルミネーション 3

 月26日まで午後6時から午後11時まで点灯される。

 

  

 

 

  駅前市民広場にはかき小屋がありました。

 

   

 

 

 かき飯をいただきました。