シラーの 「 人質 」 | 藤花のブログ 詩と

藤花のブログ 詩と

この胸に 湧き上がる気持ちを 言葉にして あなたに贈りたい


 「 歩けメロス 」の ネタ元の ネタ元です。(●´ω`●)ゞ







   シラー作 「 人質 」



  暴君ディオニュソス王に メロス( 原作では ダモン )は

  忍び寄った、短剣を衣服に隠して。

  メロスを捕吏たちが縛り上げた。

「 お前はその短剣で何をしようとしたのだ、話せ ! 」

  ディオニュソス王に陰鬱にその怒れる男は答えた。

「 この町を暴君から解放しようとしたのだ ! 」

「 そのことをお前に十字架上で後悔させてやろう 」


「 俺は 」、とメロスは話す、

「 死ぬ準備は出来ている。

  命乞いをしようとは思わん。

  しかし、お前が俺に慈悲を垂れようというのであれば、

  三日間待ってくれ、

  俺が妹を許婚と結婚させてしまうまで。

  俺は友達をお前に人質として委ねる。

  もし俺が逃げたら、そいつをお前は縛り首にするがいい 」

  すると王は悪しき企みを心に抱いて微笑む。

  そして少し考えてから言う。

「 三日間の猶予をお前にやろう。

  しかし、わかっているだろうな! 

  お前が戻って来る前に もしその期間が過ぎたら、

  お前の友達は お前の代わりに死なねばならん。

  しかし、お前の罰は免除してやろう 」


  そしてメロスは友人の所へ行って言う。


「 王は命じた、 俺が十字架で悪しき企てを

  償うようにと。

  しかし、俺が妹を許婚と結婚させるまで、

  王は俺に三日の猶予を与えようというのだ。

  そういうわけで、お前が王の人質になっていてくれ、

  縛めを解くために、俺が戻って来るまで 」


  すると黙って彼を忠実なる友人は抱擁して、

  身を暴君に委ねる、

  メロスは出発する。

  そして三度目の曙が現れる前に、

  メロスは急いで許婚と妹を結婚させてしまい、

  心に憂いを抱きつつ急ぐ、

  約束の期限を逸しないようにと。

  すると絶え間ない土砂降りの雨が降ってきて、

  山から泉が溢れ出る。

  小川は溢れ、流れは溢れる。

  メロスが旅の杖を携えて岸に着くと、

  橋を激流が押し流し、

  轟音を上げつつ波は

  橋のアーチを打ち壊す。


  メロスは川岸をさまよう、

  どれほど見回しても

  どんなに叫んでも

  舟は安全な岸辺を離れて

  メロスを向こう岸へ渡そうとはしない。

  船頭は渡し舟を操ろうとせず

  荒々しい流れは大海の如くになる。


  そこでメロスは岸辺に座り込み、

  泣いて嘆願する、

  手をゼウスの方に差し上げて。


「 ああ、荒れ狂う流れをとどめて下さい !

  時は速やかに過ぎ去り、南に

  太陽はあります。そして、もし日が沈んだら、

  そして、私が町にたどり着かなかったら、

  友達は私のために死なねばならないのです 」


  しかしますます流れは激しくなり、

  そして波は次々に砕け、

  そして時は刻々と過ぎ去る。

  メロスは不安に駆り立てられ、勇気を奮い起こし、

  激しい流れに飛び込む

  そして、力強い腕で

  流れを分けて泳ぐ、すると一人の神が慈悲を垂れ給う。

  そして岸にたどり着き、急いで進む。

  そして救い給う神に感謝する。


  そこに盗賊の群れが

  暗い森から現れて襲いかかり、

  メロスの行く手をさえぎり、殺すぞと息巻き、

  脅かすように棍棒を振り回して

  急ぐ旅人の邪魔をする


「 何が欲しいのだ ? 」

  とメロスは、叫ぶ、

  驚愕の余り青ざめて、


「 俺は自分の命以外は何も要らぬ、

  これを俺は王に与えねばならんのだ ! 」


  そして棍棒を近くにいる奴から直ちに奪い取る。


「 友達のためだ、哀れと思ってくれ! 」


  そして三人を力いっぱいぶんなぐって

  メロスが倒すと、他の者たちは逃げてしまう。

  そして太陽は焼けつくような暑熱を送り、

  そして終らぬ努力に

  疲れて膝は沈み込む。


「 ああ、神様は私をお恵みにより盗賊の手から救い、

  濁流から神聖な土地に救い上げて下さいました。

  それなのに、ここで憔悴して死ねとおっしゃるのですね、

  そして私のために身代わりになった友人に

  死ねとおっしゃるのですね ! 」


  すると、ほら! 銀色に輝く水が

  すぐ近くに流れる音がする、さらさらという水音が、

  そして静かに彼は聞き耳を立てる。

  すると、見よ、岩から、囁くように、すばやく、

  つぶやくように、生き生きとした泉が溢れる。

  喜んでメロスは身をかがめ、

  燃える四肢を冷やす。

  太陽は枝の緑を通して射し込み、

  木々の巨大な影を描く。

  メロスには二人の旅人が道を進むのが、

  急いで通り過ぎるのが見える。

  その時彼には彼らが言うのが聞こえる。


「 今頃あの男は十字架につけられている 」と。


  不安は急ぐ足に羽をつけ、

  彼を憂慮の苦しみは追い立てる。

  すると夕陽の輝きの中で

  遠くからシラクサの城壁がほのかに光る。

  メロスに、家の実直な守り手、

  ピロストラートスが向って来て、

  主人を驚いて認める。


「 お戻り下さい。もうお友達を救うことはできません。

  自分自身の命をお救い下さい。

  お友達は今死の苦しみを味わっておられます。

  毎時間、お友達は

  戻って来られるのを待ち望んでおられました。

  お友達から勇気ある信頼を

  暴君の嘲りは奪うことはできませんでした 」


「 たとえ遅くなり過ぎても、そして俺が奴に

  歓迎される救い手として現れることができなくても、

  俺は死んで奴と一つになるつもりだ。

  残忍な暴君に

  友が友に対して義務を果たさなかったことを

  自慢させてなるものか。

  暴君には二人を犠牲として殺させ、

  そして愛と誠を信じさせてやるのだ 」


  そして太陽が沈む時、メロスが市の門に立と、

  十字架が既に立てられるのが見える。

  群衆は口を開けてその回りに立っている。

  綱につけられて既に友人が引き上げられようとしている。

  その時メロスは力強くひしめく人々をかき分けて、


「 刑吏よ、俺を 」とメロスは叫ぶ


「 縛り首にしろ ! 俺はここにいる、

  俺の代りにそいつは人質になっているのだ ! 」


  周囲の民衆は驚きに捉えられる。

  お互いの腕の中に 二人は抱き合って、

  そして痛みと喜びのあまり泣く。

  見る限り濡れていない目はなく、

  王にこの不思議な話を伝える。

  王は人間らしく感動して、

  すぐに王座の前に 二人を連れて来させる。

  そして二人を長く 不思議そうに見つめる。

  そして彼は言う。


「 お前たちは成功した、

  お前たちは私の心に打ち勝った、

  誠は空虚な妄想ではないのだ、

  私も仲間に加えてくれ、

  願いを聞き届けてくれるなら、

  私を お前たちの仲間の三人目にしてくれ 」




  ヨーハン・クリストフ・フリードリヒ・フォン・シラー
( Johann Christoph Friedrich von Schiller、1759年11月10日 - 1805年5月9日 )
  ドイツの詩人、歴史学者、劇作家、思想家。
  ゲーテと並ぶドイツ古典主義の代表者である。