感動!道南の旅 | フェルミエ札幌店

感動!道南の旅

~本間るみ子の美味しいもの日記より~


「感動!道南の旅」5月25日(火)


2泊3日の道南の旅を終えて、昨夜遅くにもどってまいりました。
ラッキーなことに、羽田空港に到着した時には雨もやんでいました。

土曜日は早朝便で函館に入り、そのまま「山田農場チーズ工房※」へ。


午後からは「あるぱ~じゅ はこだてチーズの会※」にて、

山本博紀氏指導によるチーズ製造体験。

函館の夜は、フェルミエの素敵なお客様「シャトー・ド・ラ・ポンプ※」で、

美味しいお料理とワイン、そして試作中とはいえ完成度の高い道南産チーズを

あれこれといただきました。

函館観光は夜の10時過ぎになってしまいましたが、時間を有効に使うのが

得意な私達ですので、しっかりと夜景も楽しみました。


※ 「山田農場チーズ工房」
http://www.onuma-guide.com/shop/20081106213201/


※ 「あるぱ~じゅ はこだてチーズの会」
http://www.alpage.jp

※ 「シャトー・ド・ラ・ポンプ」
http://chateaudelapompe.blog83.fc2.com/


日曜日は八雲町の「小栗ファーム※」へ。

どこまでも続く緑の牧草地に牛達はとても幸せそう。

今回の旅は、まるで親戚の家にお呼ばれしたかのようなアットホームな雰囲気です。

牛乳やヨーグルト、そして3種類のチーズをいただきながら、おしゃべりに花が咲きました。


※ 「小栗牧場 チーズ工房小栗」
北海道二海郡八雲町春日164-8
TEL:0137-64-3436


ランチは「アルポン※」にてチーズフォンデュをいただき、
午後は日本海側のせたな町の「村上牧場※」を訪ねました。

最近チーズ工房を新築したばかり、といってもプレハブに、チーズには無害
というペンキを塗り、大工作業もしたという村上君の自慢の工房です。

この春からはチーズ製造に一段と力が入っているようです。

ここでも牛乳、手作りケーキにマスカルポーネ、チーズ、アイスクリームなどをいただきました。


※ 「アルポン」
北海道二海郡八雲町立岩403
TEL:01376-2-4344


※ 「村上牧場ミルク工房レプレラ」
http://www12.plala.or.jp/mkfarm/


その後はチーズとは無縁ですが、食にこだわる「マーレ旭丸※」の西田たかおさんを訪問。

なんと、茹で立てのゴジラエビと名物のイカ飯を用意して下さっていました。


※ 「マーレ旭丸」
http://www.asahimaru.com/


この夜のハイライトは生産者の方々との交流会。

函館からは山本ご夫妻、八雲町からは小栗笑美子さん、せたな町からは村上ご夫妻、
日本のチーズの草分け「こんどうチーズ牧場」の近藤さん。

マーレ旭丸の西田さんとせたな観光協会の佐藤睦さん。

さらにチーズ関係者の他にも、たくさんの志のある生産者が集いました。


大豆や野菜を生産する「秀明ナチュラルファーム北海道※」の富樫一仁さん、

黒豚を飼ってハムやベーコンを作っている「ファーム・ブレッスド ウィンド※」の上泉新さん、

トマト等の有機農家「シゼントトモニイキルコト」の曽我井陽充さん、

サホーク羊の生産者の大口真由美さん、平飼いの鶏を育てている「モリガキ農園※」
森垣聡さんと、私達ツアー参加者よりも人数が多いくらいでした。


※ 「ファーム・ブレッスド ウィンド」
http://www16.plala.or.jp/b-pig/

※ 「有限会社 秀明ナチュラルファーム北海道」
http://setana.info/snf/


※ 「シゼントトモニイキルコト株式会社」
http://www.farming.jp


※ 「モリガキ農園」
http://www13.plala.or.jp/morigaki/


生産者の皆様が持ってきてくれた食材を、料理して下さったのが、すごくお洒落な「石田屋」さん。

オーナーの石田氏も生産者を応援しているのでしょう。宴会は盛り上がり、

夜の11時を過ぎても終わらないのに、「何時になってもいいよ!」と優しく笑っているだけ。
なんていい人ばかりなのでしょう。

最終日の朝は「こんどうチーズ牧場※」へ。
17年ぶりの訪問ですが、

何も変わらない工房や周りの景色は、まるでタイムスリップしたようでした。

チーズは近藤さんの人柄がにじみでているように、クリーミィで甘いのです。

時間も押し迫り、それぞれツーショットで記念撮影をしてすぐにバスに乗り込みました。


※ 「こんどうチーズ牧場」
北海道久遠郡せたな町瀬棚区東大里225
TEL:01378-7-2044


お昼は岩内で美味しい海鮮ランチ。

とても素敵な歯医者さんで、フェルミエのお客様から毛がにの差し入れまであり、

にぎやかな一行も急に無口になってもくもくと食べていました。

ここにはランチを食べるために寄っただけで、そのあとは札幌へと移動、

ティータイムはとってもお洒落な「パティスリー アンジュ※」で、

紅茶とケーキタイム。西村聖子さんとの再会を喜びあったのも束の間、

すぐにフェルミエ札幌店へと向かいました。


※ 「パティスリー アンジュ」
北海道札幌市中央区北3条東2丁目
TEL:011-221-1683


最後の締めは、札幌店でのウエルカム・パーティ。

スタッフ達はシャンパーニュを冷やして私達の到着を待っていてくれました。

食べ頃のチーズとパンとワインで旅の無事と成功を祝い乾杯。

2軒隣にある私の大好きな和菓子屋「まるや」で、本練羊羹もしっかりと買い込んできました。


書きたいことは山ほどありますが、またいつか続きをじっくりと
丁寧に書きたいと思っています。生産者の皆様の温かい心に触れて、
幸せと感動をたくさんいただきました。


札幌店の星野店長と、「道南チーズセット」をぜひ販売したいと
計画中です。追ってご紹介しますのでしばらくお待ちくださいね。

いつものことですが強行軍の為、常に時計を気にしなければなりません。