風水のご相談のタイミング | 風水住宅プラン

風水住宅プラン

風水で住宅の新築・リフォーム・インテリアコーディネートを取り入れようと考えているあなたへ!
「風水住宅プラン」では、風水を取り入れた建築設計ができるようになる方法をご説明します。
建築知識のない方でも、風水を取り入れられるようになります。


テーマ:

風水建築ラボでは、本格的な風水鑑定のご依頼を受ける前に「スカイプ(インターネット通信)にて風水のご相談」というサービスを提供しています。
これは、ご依頼される方の大半が風水についての知識が無く、どのように鑑定を進めていくか分からないからです。
また、どの程度本気を風水に取り組んでいただけるかを、ここで見極めています。

大半のクライアントは風水鑑定を依頼するタイミングをご存じではありません。
1番困るのは、新築住宅の風水鑑定の場合、土地は勿論のこと、既に間取り図も決定しており、確認申請(法的申請)まで終了しているパターンです。
既に確認申請まで決定されていると、単に決定済みの間取り図の吉凶を判断するのみで、風水師がやれる事は非常に少なくなります。
しかし何故か、確認申請まで終了している段階で依頼されるクライアント非常に多いのです。
風水師にしてみれば「私に何をして欲しいの?無条件で間取りを褒めて欲しいだけ?」と勘ぐってしまうこともあります。
多くの方が、「土地や間取り図が決まった状態でなければ、相談が出来ない」と思い込んでいるようです。
しかし、そうではありません。

私に限った話かもしれませんが、「風水のご相談」をいただく最適なタイミングは、新築住宅の場合であれば
1.家を建てることは決めているが、今から土地を探す状況
2.家を建てることは決まっていて、土地も確定しているが、間取りは全く決まっていない状況
です。
勿論、1の土地探しから関わることが最適のタイミングですが、土地が決まっていても間取り図が決まっていなければ、かなり多くの提案が出来る状況なのです。

マンション購入や賃貸マンションの場合は
1.マンションを探し始めた状況
が最適です。

当たり前の話ですが、何も決まっていない状況の方が、選択肢は遙かに多くなります。
風水鑑定をご依頼される際には、なるべく何も決まっていない状況でお願いいたします。

 




 

どくしゃになってね! アメンバー募集中 ペタしてね

 

 


風水 ブログランキングへ にほんブログ村 インテリアブログ 風水インテリアへ
にほんブログ村 ブログ王ランキングに参加中!