mellow diary

相変わらず訳の分からないこと言ってます


テーマ:
ネットやブログ内での
中傷や誹謗は本当に最低だ
言葉のうしろに人が居ないからだ
匿名で放たれる言葉は非常に無機質だ
うしろに人影の無い言葉を
貴重なご意見と受け取れる人はおそらく居ない
不快な嫌な思いをするだけだ

お店のブログというのは基本的にコメント出来ないことが多い
もしコメント可なら
ときにそこへ手厳しいコメントを残す人がいる
個人経営のカフェやレストランを経営する事は
裏側の苦労はなかなか見えないものだが
華やかな部分だけが表立って悠々自適に見えるのかも知れない
実はそうでなくても
それを妬んだりする人だって世の中には居る

たとえ同じサービスをしていたとしても
それを受ける側の捉え方によっては見方が変わるし
もしかしたら本当に至らないサービスがあったとして
それにたいする批判をネット上に「貴重なご意見」として残したとしても
それはご意見にならないのだ
人が見えない言葉は
たとえそこに一抹の愛情を込められていようが決して伝わらないものだ

もしも面と向かって言われたとすれば
その表情や言葉の温度で
少しは真意を汲み取れるし
怪訝な顔をされれば申し訳ない気持ちにもなれる

ネット上の言葉に
ましてやお店の立場として
言い返す事は出来ない
それこそ売り言葉に買い言葉で
炎上なんてふざけた表現を使用したりするが
それこそ非難の的になってしまう

僕が個人的ぶつぶつと綴るこの場に誰かが非難の言葉を残しても
なんやこら!と言い返せるけれど
お店はそうはいかない
何も言えない
何も言えない事を良い事に厳しい言葉を投げつけるのは間違っている
知らない相手同士の間にはそれなりの礼儀が要るのは当たり前の事だ
信頼があってこその厳しい意見なわけで
言いたい事があるなら自分の言葉で言えと僕は言いたい

好感の持てるブログを綴られているカフェがあって
その店主の独り言が閉鎖を決められた
コメント欄にもあったが
その文章が不快だという言葉があった
理解しがたい程に高慢な言葉に見えた
そういう厳しい意見や揚げ足取りともとれる意見に
店主の方は気を落とされたのだと思うしストレスだったのだと思う

ネット上で匿名の言葉を残すのは
駅の壁に言葉を書いて残すのと同じ様なもの
トイレの壁に悪口を書いてあるのと同じ様なもの


ちょっと最近これを言いたくてたまっていました
これもまたトイレの落書き程度のものだと思いますが
あいかわらずうまいこと書けないなぁと思いつつ
閉鎖されるブログが惜しいなと思うわけです
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
いろいろと食品の価格高騰があったり
輸入食品の安全性が問われたりしている中
主婦には大きな痛手だと言うが
本当にそうなのかなと思ってしまう

先日やっていた深夜のドキュメント番組を見て感じた事だ
内容はというと
加工食品を安くあげる為に
安価な野菜を中国などの海外から仕入れに頼ったことで
日本国内の農家は廃れた
近年中国では目覚ましい経済発展に伴い
中国農家でも国内需要が高まり
農薬を使わせ基準や企画の厳しい日本向けの野菜を作りたがらない農家が増えた
輸入に頼った安価食材の信頼は崩壊しつつある
というものである

日本企業は中国農家に対して
見栄えの良い野菜を育てる為に農薬の使用を義務づけたという
農薬の使用について日本企業責任者は語る
本当は馬鹿げた事だと思っている
それを求めたのは消費者だと

責任を放り投げないでほしい
安価で奇麗な野菜がありますよと
消費者に呼びかけたのは業者側だ
そこにはビジネスとしての思惑があったわけだから
今さら消費者が望んだのだと
よくそんなことを言えたものだ


とある北海道の食品加工業者で
国内産(北海道産)の食材にこだわった加工餃子を実験的に試作した
原価は中国産原料を使用した場合の3倍の値段になっていた
意見を求める為に主婦を招いての試食会を開き
説明と意見交換を実施した結果の主婦の声は
値段が高いという事に集中した
家計に響くと

本当にそう思っているのだろうか
それならば出来合いの餃子を買わなければ良い
今まで10個入りの餃子が100円で買えた事に
そもそも疑問を持たないのは何故だろう
主婦業をサボる事で出来合いのものを買うのだから
その分の出費は当然の事
ましてや
食品の問題は自分等の塀の外で起きている事ではない
価格が高騰する事で自分等で工夫するきっかけになったと思わないだろうか

本当に裕福そうな身なりの主婦が
餃子の価格に文句を付けるのは本末転倒な気がする
こんなに大きな問題を我関せずと素通りしている場合ではなくなってきていると思う

だったら家族で手作り餃子を作りなさい
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
憤りは度が過ぎると悲しくなる

マナーの悪い人を見るとこっちまで気分が悪くなる
そういう人間の思考回路がどうなっているのか
知りたくもない

ほんのちょっとしたことを
守らないが為にお互いに気分を害してしまう
例えば駐車場があるにもかかわらず
駐車禁止の場所に車を止めて入店して来る客に
車の移動を言わなければならない気持ちの悪さ

最近では駐車場ならどこにでも見かけるようになった
車いすマークの書かれた身障者用スペースに
堂々と車を止める若い奴もしくはおっさんもしくはおばはん

近所の野池に釣りに来る奴らが車を止める路肩スペースは
ゴミが絶えず今日は古タイヤが積まれていた

不法投棄が起こりうる場所にはよく看板が立つ
「ここにゴミを捨てると罰せられます」
そんなん悪いことやって子供でも知ってるで

エネルギーが足りないとか
温暖化とか
環境破壊とか
核兵器とか戦争とか
わかり易い大きい問題に目を向けたって
そうやって大多数の人間が確信的に起こしてるモラルの欠如の方が
よっぽど怖いと思うし
嫌な気分になるし
救われへんし報われへん

そんな人間とは付き合われへんでホンマに
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
仕事から帰ったら
締め切り間近のウェルカムボードにとりかかる
仕事を終えてからの仕事はとてもキツい
しかも思ったよりも時間がかかる作業で根気も要る
集中力が持たずにこうしてPCに向かったりするが
気は晴れない
ましてや将棋も勝てない
畳に座って座卓の上でカッターナイフの細かな作業をするのは腰にくる
イメージ通りにいかず愕然とする

いよいよ日も無いので今日は本腰を入れた
そしたら少しずつ出来上がりが見えて来た
そして思ったよりいい感じになりそうだ
気持ちが上向く
今なら将棋も勝てるかもしれない
あれは精神面が勝負を左右する

今日も振り飛車か(笑)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
結婚式の二次会のお誘いが一通
そして結婚式への招待状が別に一通

結婚資金が無いので
という理由で二次会形式のパーティーを結婚式に見立て
ドレスを着て行おうという同級生のやり方に
僕等の間では少々不満の声が挙がった
二次会にしては少し高めの会費と
新郎新婦が自分たちでやりたいという割には
結局雑用が舞い込んできたという事が原因だ

それなら
披露宴をせずにどこかチャペルで身内だけの挙式をあげて
あとは二次会なんて友人が2人のために計画するものなのだから
二次会のことなんかほっとけば良かったのに
そんな式だけの安価なプランというのもあるはずなのだ

挙式をあげられない
というわりには結局高い料金払ってドレスをレンタルするんだから
ましてや司会やプランナーを仲介して余分に値段がかかっているし
(自分が幹事で二次会をしたことがある店だったので余計気になった)
全く本末転倒な気がしてしょうがない

自分たちが結婚したくてしてるんだから
披露することより式の方が重要でしょ
あーわからん
ふたりにとって大切な事ってそういうことではないと思うのだが?

昔から体裁を気にしている割には
肝心なことは何もわかっていないようなそんな人間だったように思う

じゃあ行くな

ってことなんだけども
それもなんか悪態に悪態で返すみたいなので行くつもりだ

ただ名前の字を間違って送られてきた往復ハガキは
まだ返してない
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
最近本当にネット内で息苦しい思いをすることが多くなってきた
そしてついに
amebloのリニューアルで記事投稿がものすごくやりにくくなった
これはmacの古いosにはとても不親切に中身が作られていくからで
あまりにも少数派になっていってしまう僕のPCは無視されている

このままではやりにくくてどうしようもない
僕が新しくPCを買い換えるか(当分無理)
不具合を承知で我慢するしかない

だいたい少し前からどうもMixiっぽく改良されていっているようで
あまり良い方向だとは思えない
機能はシンプルなままで良いと思う

だいいち一時的に喜んでmixiを書いていた奴らは
今となれば悉くおとなしくなってしまっている
誘われてホイホイと簡単に仲間入り出来るような世界に
良い文章を探す方が困難に思える

それにしても
古い物はどんどん追いやられていって相手にもされなくなる
そうやって急ぎ足で進んでいく先に
いったい何か明るい未来でもあるというのだろうか

あーうっとうしい
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
僕がここでいくら今日のことについて愚痴を言ったところで
その当人らにはまず届かないので遠慮なく書かせてもらいたい

今日はオープン前日でやることが山積みだった
開店に向けての細かい準備を整えたかった
内装やディスプレイについてはある程度自分らで納得がいっていたし
既に内覧の時点で終わっていたのだ
取材の写真も撮ってもらえたし

それが

お世話になっている会席料理屋のご夫妻が
(今や何にお世話になったのかも疑問に思えるが・・・)
お祝いにということで
店内に花を生けてくれたり
わざわざディスプレイを色々と直してくれた

お世話になっている上
ご厚意でして下さっているのだから
厚意は厚意として真摯に受けとめなければいけない
けれど
この店が誰の店であって
どういうイメージでディスプレイを考えているかを無視して
あれこれと変えてしまったことは余計なお世話だった
あまりに喜んで店内を色々と変えていくので
やりすぎていることをこちらからは
とてもじゃないけど言い出せるような状況ではなかった
ましてや準備することが沢山あるのに
あれが良いかこれが良いかと考える暇よりも
やるべき事を優先してやらなきゃいけない日だったのだ今日は
そんな考える時間は今まで十分に費やしたのだから
それが昼間ずっと付き添って内装をあれこれ考えてた奥さんのN子さんは
可哀相だったし偉いなと思った
主人のJさんは明日の仕込みでずっと厨房にこもっていたけど
ホールの状況にとても呆れていたし憤っていたと思う
無理もない

ご厚意が有り難く受け取れないほどにお節介なモノになることは
とても悲しい
どう始末をすればいいのかとても難しい
そこのご夫妻とは今後も当然付き合いが続くのはわかっているから
失礼になることは出来ない

でもこの店がJさん夫妻の店以外の何物でもないわけで
どうしようがJさん夫妻の権限が最優先なのだから
当然また変えてしまってもいいじゃないかという結論に至るのだけど
どうしてそこまで踏み込んでしまったのかが
こちらとしても厄介なのである

今日は徹夜だと言っていたJさん夫妻も
おかげでやることと考えることが増えてしまったのだ
結果的に言えば本当に邪魔をしに来たようなものだったのだ
オープン前日だから前々日だからと言って
手伝いに来たとか覗きに来たとかいう人たちは全員邪魔だった
僕はJさんとN子さんと最後の準備を色々と進めたかったのだ
訪ねてきた人にはお茶のひとつでも出さなければならなかったし
そこに従業員以外の人がいるだけでやりにくいことも沢山あるわけだ
今日の夕方頃はさすがに僕も虫の居所が悪かった
早くスタッフ以外は帰ってほしかったのだ

厚意も何もかも
相手への思いやりが何より
何か物を贈ることだけが祝いではないし
祝うことだけが思いやりではない

まあとにかく色々と一筋縄ではいかないのが
始まりというものなのかということを肌で実感
明日は当然バタバタするだろう
僕は朝から気を張って臨もうと思う
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
将棋が勝てない

イラっと来ると
もう勝てないループ
悪循環

野球していたときも
スケボーしてるときも
スランプの時はイラっと来る
イラっと来たら集中できるわけがない
頭の中は混乱して
答えも何も出てこない

それでもスッキリする瞬間がいつか訪れて
イライラが報われるときが来る

イライラするときもあれば
スッキリするときもある

なんでもそうやって
行ったり来たりして繰り返して

今は多分スランプじゃあ無い
ちょうどぬけかけてるところなのだと思う

ただ将棋は勝てない
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
現実もみんと虚像ばっかり追いかけてたってどうにもならへんねん。そこにある僅かな望みすらも自分勝手に思い描いた空想に過ぎへんのちゃう。それでもそれにかけて無謀に行動して痛い目見た事も確かあったな。学習できへんヤツや。 神様に拝んでるわけちゃうねんから、虚像に拠り所を求めたり、祈ったら届くとか勘違いしてたらあかんねん。届けへんもんは届かへん。そんなこと子供でも知ってることやで。
経験上、手に入らへんかった事より失ってしまうことの方が傷つく。でも失ってから気付くっていうのは嘘や。喪失感で傷つくだけや。直ぐに誰かに満たされたら空洞は埋められて傷は癒える。それは卑屈なものの考えやろうか。
とにかく苦しんでるふりしてそこまで危機を感じてない自分は、多分頭が半分空想の中に浸かっとるな。人生を謳歌したい。生きてるだけで素晴らしい。よう似てるようで全然違うふたつの言葉。異国の災害を報道で見て自分の生を尊ぶのは皮肉なことや。いつ死んでも悔いの無いように生きるのはほとんど無理。でもそうありたいと思ってたこともあったな。それも虚像やろか。
違うと思えるものは見つかって、これやと思えるものは見つかりにくい。現実は意地悪で残酷やけど、正しい。文末が悲観的やと、明日に良くないから、希望的観測でしめくくるで。
明日はご近所さんからもうたトマトがあるから美味い料理を作るで。以上
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
このゲームでどこまで自分が力を出せるか
ということより
僕がこのゲームに出たかったのかどうかが
僕の中で問われている

未だに中途半端な感じで行きだした仕事は
どんな雇用形態で
給与がいくらで
試用期間がいつまでで
という契約内容の話は全くされていない
契約すらも何も交わしていない
しかもなんの保証もない

働いて得る収入と
代償として払う色々な物事とのバランスを考えると
明らかに偏っていて
それを補える仕事自体の魅力ややり甲斐も今は見つけることが出来ない
ただ早すぎる決断は甘えかも知れないという辛抱だけが
それだけが留まる理由のような気にもなって
だったら尚のことさっさと辞めても良いのかも知れない

思い始めたら流れは止まらなくなった
せき止めようとしても
まわりの土砂を崩して流れた

冷静になればなるほど
何かが違うという思いばかり浮かぶ

そこにいると自分が動きが止まってしまいそうだ

だけど慣れない仕事を精一杯頑張っている人は沢山居て
それは自分の本望の仕事である人は僅かだったりして
諦めないで苦しんでいる人を横目に
これは違うから辞めたとか
もう27歳のくせに遊びたいとか自由になりたいとか
子供みたいな事言ってるのもどうかという思いもある
あるにはある

ただ仕事と割り切るならもっと他に割り切れる仕事はある
達成感や充実感の得られる仕事の方がよっぽど良いのかも知れない
今までやってきた接客や調理のアルバイトもそれなりに楽しさを感じていたし
それが自分の実になってるような気もする

ゲームはきっとまだ始まってない
静まるスタジアムに背を向けようかどうしようか
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。