mellow diary

相変わらず訳の分からないこと言ってます


テーマ:
津波の被害で生活の営みを失った東北地方沿岸部の
取り除いても取り除いても減らない
また撤去してもその捨て場の無いガレキ

国内外問わず世界中の著名なアーティストらに声をかけて
そのガレキでアートを制作してもらう
もちろんコンセプトは「復興」や「生命」など
制作したアートはコレクターの手によりオークションにかかったり
美術館が買い取ったり
その収益を義援金にまわす

またその被災地の場所に残す作品は
その作品群を求めて世界中から人が訪れてくれれば良い
人が来ればそれが何よりの復興や活性化につながる

芸術は自由だから
どんな形でも作品に変わる
作品に変わればそれはガレキではなくなる


というプロジェクトをふと思いついた
でも反対する意見も多いだろうし
僕なんかのいち個人的な幻想なので到底かなわないのはよく解っている
でもよく「人を動かすのがアートだ」なんて言われるのであれば
こんな時こそ力に変わるんじゃないかと思ったりした



今日義妹が無事に元気な男の子を出産した
僕も無事に伯父さんなった
しあわせな気持ちになった


最近朝の番組でモコズキッチンというコーナーがある
ちょうど僕が朝ご飯を用意してる時に
テレビの中で速水もこみちがオシャレに料理をしている
対抗心がちょっとくすぶる

毎日晩ご飯を作っていると
上手く行く時と行かない時の波がある
毎日考えるのは結構アタマを使う
上手く行った時は達成感があるが
料理は作った物が残らないので食べてしまった後が寂しい…
せめて毎回写真でもとろうか
いやそれもどうかと…

mellow diary-110425_2026~010001.jpg

晩ご飯にスパゲティをするのは
だいたい2週間に一度ぐらいだ
得意料理だろうがローテーションのスパンが短いと飽きが来るというものだ



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
自分が主催しているイベントまで
残りひと月を切った

頼りになる広報活動のおかげで
いろいろな情報誌にイベントの情報を載せてもらっている
ここまでいろんなところに扱ってもらって
果たして内容が伴うのか心配にもなる

でも出店してもらうお店はどこも良いお店だし
それは心配ないので大丈夫だと思う

興味ある人はここから



3月末に石垣島に行ったのだけれど
それはそれはのんびりと過ごした時間だった
高速船に乗り離島にも行った
竹富島と小浜島に行った

竹富島では水牛車に乗り
赤瓦の建物を残した町並みの中を散策
風情ある町並みは保存地区として新たに建てる建物も赤瓦に限られるらしい

小浜島には信号がなく
でも大きなリゾートホテルがある
透き通るような青い海の側のホテルは良いものだろう
いつか泊まってみたいと思った

石垣島ではダイビングも初体験したが
なにせ気温がそれほど高くなかったので
寒くて寒くて
水中ではブルブル震えていた
それでも海の中の世界はキレイだった
スノーケリングではマンタにも会えた

もしもっと暑い季節に来ていたら
もっと楽しめたのではないかと思う
そりゃ人も多いから嫌な事も多いかも知れないが
夏を楽しむ場所には夏に来るべきだ

mellow diary-小浜

小浜島の集落で見つけた看板
読めん…
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今度の木曜日から2週間
うちの店は新しいメニューが始まる
だいたい旬のモノを扱いたいので
2週間ごとにランチの内容を変えて
その季節の食材を出せるような形になっているのだが

次の週は「東北応援メニュー」ということになった

僕がいる店のオーナーは青森出身なので
以前からも時おり東北の郷土料理なんかを取り入れたりしていた
今回は東北の食材をふんだんに盛り込んだランチの内容になる

震災を利用して金儲けしやがる
と言われかねないかも
と今日オーナーと話していたが
食材はもちろん東北の各業者から取り寄せたものだ

せんべい汁のせんべい
油麩(仙台麩)
会津味噌
ずんだ餡
岩手の雑穀

被災を免れたのか
被災したけれども営業しているのか
営業されているお店は沢山ある

沿岸部のような壊滅的な被害を復興させるチカラにはならないかも知れないけれど
東北の現地から食材を買う事
東北の方に働いてもらう事は大切なことだと思う

いいかげん行き過ぎた自粛は逆効果だと浸透してきているが
今こそ東北の商品を買って活性化させる時だと思う

オマーンの社長のような事はできないが
みんながそういう意識を持てばそれがチカラに変わるはずだ


それともうひとつ
僕は原発反対ではなかった
別に賛成でもなかったが
簡単に答えを出すわけにはいかないが
何も知らないよりかはと思って読んだ
http://www.iam-t.jp/HIRAI/pageall.html#page1
原発がどういうものか
知らないという事はどれだけ恐ろしいかだ




AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は奈良で友人だけの結婚パーティーを開いた
ほぼ披露宴という形式だけれど
親族は無しで友人だけというカジュアルな感じのパーティーのつもりだった

友人だけなので挨拶なんかはまぁそう堅苦しくなくていいだろうと
緊張もあまりなく
ただひとつだけ
僕はサプライズとして
僕のゲストの協力をもって「小さな恋の歌」を花嫁に捧げる
という秘密の企みをかくしていたので
それの緊張がずっとあった

僕の計画では
今日のパーティーの泣き所は
最後のそのサプライズ1本のつもりだった

そのはずが
頼んでいた友人のスピーチが
どうしてか
たまらなくこみあげてしまって
僕とスピーチの当人はボロボロに泣いてしまう事になった
まったくの予定外
そしてサプライズのプレゼント
招待していなかった友人らのコメントが込められた僕の顔のイラスト

この場を借りて届かなくともお礼を

オオクラ
ウエモリ

ジローちゃん
ホンダクン
メソリサン
ケンチャン
オオクラ嫁
マツイクン
イノ
ヨッピー
ヒデ
クワッチ
ユウキ
ヒロユキ
ワクタニ
ロレン
ハルサン
シンサン
サルサン
ウルフサン
ナロンサン
ヌルサン
カズヒコ
ハナちゃん
タケちゃん
タイチ君

(ぬけてないよね)

ほんまにやられました

メッセージありがとう


mellow diary-110410_2110~010001.jpg



最後の歌も気持ちよかったです
ほんまにありがとう

僕は幸せ者です


いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:
疑う心には底がない
疑えば疑うほどにその深みにはまっていく
それはとても悲しいことで
出来ることなら信じる方に向かってほしいし
何か小さくても信じるものを見つけられたらいいと思うが

僕の知り合いの方で
福島を故郷とする方がいる
原発でのことや
情報の錯綜に対する憤りが毎日のようにツイッターで綴られ
それは過剰であるように思えたが
自分の故郷がと置き換えて考えてみれば
同じように感じていたかも知れないと思う


僕の働く店のオーナーの故郷は青森で
故郷の近くには核燃料の再処理工場がある
おそらく施設の建設には相当な反対があったのだろうと思うが
オーナーは言う
施設のおかげで多くの雇用が確保された
自分の伯父さんもそこで働いた


どこの地方でも自治体は財政に苦しみ
おそらく施設の誘致でこの自治体は財政的にも大きな効果があったはず
雇用が確保されて町自体も活性化して潤ったに違いない

福島においても
原発による地方への効果というのも
大きかったのだと思う
原発で働いていた人
その近くでお店を営んでいた人
きっと原発におかげで暮らしが成り立っていた人が大勢いたと思う
誰もリスクを背負っているという意識はなかったと思う
想像を超えていたのはリスクの大きさというより
自然災害の大きさで
こんな危ないものを建てやがってと
その原発のおかげで暮らせていた人は言えないと思う

決して起こってはいけない事がおこってしまったのだけど
それは誰かの責任でおこったというわけではないように思う

僕がこんな事をいうと
ものすごくはらだたしく聞こえてしまうだろう
ごめんなさい
もう立ち直るまで途方もない年月がかかるかも知れないし
立ち直れないかも知れないことが起きているのかもしれないのに
とにかく僕はこんなボケた事かもしれないが
言いたいと思った



いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。