mellow diary

相変わらず訳の分からないこと言ってます


テーマ:
ハイサイ!


月曜日から金曜日まで
お店は少し早めの夏休みだ

それを利用して三泊四日で沖縄に行ってきた
今朝はまだ古宇利島にいたはずだ
ヒコーキはワープみたいなもんだ

南国沖縄は
4日間であわせても数時間ほどしか太陽が見えず
曇り続け今日なんかは大雨が降った

雨の沖縄は物足りないといえばそうなのだが
やっぱり沖縄は気取らない雰囲気が良い

地元の人が昼飯を食べる食堂に行って
同じソーキそばを食べるのが醍醐味なのだ
そしてそれがウマい

気取った店構えに
気取った食事を出す店があっても流行るわけが無い
そんなのを求めて沖縄に行くわけではないのだから

風土や歴史から培われた人柄や文化があって
それに触れ体験する
それが旅行の醍醐味だと思う


まだまだ知らない沖縄があるだろうし
まだまだ何度でも行きたい

もう終わってしまったのかと
今は名残惜しい気持ちでいっぱいだ…
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
パフュームは3人揃うと
なんともカワイイと思うのだが
ひとりひとり見ていると
3人がそれぞれ何処か満たされない気がして
3人のうち1人選ぶのがとても難しく
悩んでしまうのです


イベントというものは
なかなか興味の向かない人達には理解出来ずとも
必ずそこには好きな人が聞きつけて集まるもので
なにより
その規模が小さかろうと大きかろうと
主催側やそこに協力する人達
集まるギャラリーないしお客さんが
楽しむことが出来れば良いのだと思う

来年の春に
クラフト市を主催することになりそうだ

これまで数回
企画されたクラフト市に出店してきたが
やはり地元でも同じようなイベントがあってほしいと願っていたし
店のオーナーであるJさんにも「やったら?」と言われていた

正直なにもかも自分で企画するとなると
自分の出店まで手が回らない気がして避けていたのだが
最近Jさんもそういう「市」をしたいと思っていたようで

ちょうど店の前に空き地があるのだが
「そこでやったら?」という話を持ちかけられた

店の前なのでクラフト市のお客さんをそのまま店に取り込めるし
場所的に大家さん(店舗の大家さんは隣に住んでいる)に話を通すと
なにかと事を進めやすいし
何より問題のトイレをお店のものを使えるのでそれが大きい事
そういう利点からしても
その企画は実現出来そうに思った

なので「やりましょう」と返事した
ちなみに僕が実行委員長ということになる

もちろん自分も出店するし
出店者は主催側で選考して声をかけて行きたいと思っている
近所のおうちに眠っている骨董品や古道具屋なども
並べるようなブースを設けたいという話もある

規模は小さくていいので
まとまりのある楽しいイベントになれば良いなと思う

ただこれから企画書を練って
いろいろと面倒な事にぶつかって行くんやろうな

そんな面倒事歓迎の方
実行委員になりませんか(笑)
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:
強烈な暑さが突然にやってきた
ノックもせんとズカズカと上がり込んできた
そういうやつは嫌いだ
でも嫌いと言えず胸くそ悪くなるのだな

さすがにバテ気味である
来週に楽しい楽しい沖縄旅行に出掛けるというのに
その前から暑さにまいっていてはアカンのだが

まぁ沖縄の暑さは許されるのだ


携帯を変えてみた

前回
店員に「メールしにくいですよ」とおすすめ出来ないような携帯を選び
案の定最後までメールを打ちにくかったsportioを手放し
iidaさんのPLYというモデルにした
はっきり言うと携帯電話なんて電話出来てメール出来れば
あとはちょっとネット見れるだけでいいと思っているので
ワンセグもいらんしスマートフォンにも興味なし
だからデザイン重視の安いものが良かった
最近テレビの名前ついた携帯電話多いけど
あれ良いですか?

この一週間いろいろとあったのだが
いざ記事を書くという気になれずにズルズルと時間が過ぎた

5月ごろから計画していた沖縄旅行はもう直前で
心はすっかり沖縄に行ってしまっているが
行ってしまったらあっという間に過ぎて帰ってきてまた日常が始まるのだな
と早くも過ぎ去る寂しさを感じ
行ってしまった心はもう帰ってしまっている…

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ロールケーキを焼くのに
新聞紙を型紙にして焼くのだが
新聞紙を折ってる時に不意に手が止まって
思わず活字を追いかけた

新聞はちょうど翌日にW杯開幕を迎えた日のものだった

日本の本田ワントップ布陣を「背水布陣」と表し
それ以外に得点王候補の予想等も書かれていた

その後の未来を見てきたものとして
過去の記事を見るというのは面白さがあった

この背水布陣が功を奏し
予選リーグを2勝1敗で突破することも
得点王候補と名前を挙げられたメッシもルーニーもルイスファビアーノも
不発に終わったということも僕は知っていて
その上でその記事を読むのは変な優越感と言うか
日本の躍進をあらためてなぞるような気持ちで面白かった

W杯中に印象的だった選手の言葉がある

それはオランダ戦を終えた後の闘莉王が
「へたくそなりに泥臭くやるしかない」
と言ったことだ

なぜかとても印象的で
それが本当に日本を次のデンマーク戦勝利を呼び込んだ気がした

下馬評では誰の目にも明らかに格下だった日本チームが
ひとつになり
がむしゃらに泥臭く戦う姿に
多くの人が心を打たれたのではないだろうか

それは甲子園で
あまり知られていないような高校が
毎年のように出場する強豪相手に
泥臭くひとつになって勝ってしまう
それに重なって見えた

スポーツはやっぱええなぁ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
とても嬉しいことでもあるが
ご本人のファンからはひんしゅくを買うこと間違いない

W杯の盛り上がりにも後押しされ
僕が会う人会う人に最近似てると言われる人がいる

それは日本代表DF中澤佑二だ

そらぁもうありがたいことです

たしかに顔の系統は一緒です

もとより誰かに似てると言われやすい顔のようで
覚えられやすく
どこかで見た事あるとよく言われた方ではある

ここ数年は似てる人は某俳優がダントツトップだったが
それに代わり今では中澤がトップを奪った

最近よくテレビで目にするたびに
僕と重ねてしまってた方々には
菓子折りのひとつでも持って行かなあかんかと…

それだけ言われると自分としても気になってしまうわけで
むかしボンバーと言われてた頃は好かんかったけれど
そら代表の試合なんかは他人とは思えん気持ちで見てたのです

人柄も良いしね

光栄なことです


関係ないが
今朝から僕の愛車の助手席側で
走行中カーブにさしかかると
どこからかジョボジョボ~と水が漏れてきた

ビックリして液体を嗅いでみても無臭
ただの水だ

でもけっこうな量が漏れる
いったいどうなってるんだろうかあのポンコツ野郎…
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
なんか
定期的に怪我をしてしまう

捻挫とか打撲とか
スケボーのおかげでいい歳になっても怪我をする

今日は横向きに地面に叩き付けられて
腕を巻き込んだもんだから
肋骨を痛めてしまった

やってしまった直後は息が出来なかった…
しばらく息がととのわなくて苦しかった

それからはゆっくり動いても「っはう!」と肋骨が痛む体勢がある
さっきくしゃみをしたら死ぬかと思った…

くしゃみ禁止だ


これは当分治らないヤツだと思う
PS3を取り上げられ
スケボーまでも取り上げられた

子供か!?


明日の選挙は面白くない
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
んん

ツイテナイ

PS3がぶっこわれた
ディスクを読み込まない
なんのディスクも読み込まない

修理に出すと1万円かかると言われた
「こっちに落ち度があんのかコラぁ!!」
と言いたかったが言えなかった
使えんものを置いてても仕方ないので修理に出すことにする
この際ゲームなんて辞めればいいやん
とも思うが
そんな思い切りは ない

スケボーの板の先っぽが
ぱっくりと割れた
スケボー中にはこういうアクシデントがつきものだ
そういうものだ
そういうものだがまだ買い替えてひと月ほどだ

こんなにやる気を削がれることは他にない
神様に試されているような気分だ
神様は意地悪だ


ついてなくてもシゴトは完了した
ウェルカムボードのようなものが出来た
喜んでもらえるだろうか
たまらず写メを送ったら感激してもらえた
ありがたや

mellow diary-TS3K0049.jpg

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
もう7月だ

「人のセックスを笑うな」のDVDを見た
原作を読んだのは数年前なので内容は見ながら少しずつ思い出した
なにより
永作博美がカワイイ
そしてエロい

原作での永作博美が演じたユリちゃんは
たしかお世辞にも可愛いといえるような容姿ではないはずだったが
そんな原作との違いは気にならなかった

複雑な物語を無理に2時間に詰め込むのではなく
贅沢に映像を使っているのが良かった

セルDVDだったので
特典ディスクも見た

そこには撮影風景などの映像が収録されていた
監督の姿も映っていた
井口奈巳という普通の女性がその監督だ

リラックスして演技してもらう
自然体で演じてもらう
というのが井口監督のやり方であり
撮影中に満足のいくカットを見ながらたのしそうに笑う姿は
ただの周りのスタッフと変わらなかった


堤幸彦監督が
テレビで映画監督の卵に言っていた印象的な言葉
「僕等のシゴトは絶対に被害者意識を持ってはいけない」

好きなことが仕事になっている人は
世の中にそう沢山はいない

でも好きなことが仕事に変わる時に
追い込まれて苦しい思いをすることがある

苦しい状況でも
今の環境への感謝の気持ちを忘れてはいけないということ

映画監督という職業だけでなく
いろんな仕事にあてはまることだなと思う
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。