mellow diary

相変わらず訳の分からないこと言ってます


テーマ:
いろいろと食品の価格高騰があったり
輸入食品の安全性が問われたりしている中
主婦には大きな痛手だと言うが
本当にそうなのかなと思ってしまう

先日やっていた深夜のドキュメント番組を見て感じた事だ
内容はというと
加工食品を安くあげる為に
安価な野菜を中国などの海外から仕入れに頼ったことで
日本国内の農家は廃れた
近年中国では目覚ましい経済発展に伴い
中国農家でも国内需要が高まり
農薬を使わせ基準や企画の厳しい日本向けの野菜を作りたがらない農家が増えた
輸入に頼った安価食材の信頼は崩壊しつつある
というものである

日本企業は中国農家に対して
見栄えの良い野菜を育てる為に農薬の使用を義務づけたという
農薬の使用について日本企業責任者は語る
本当は馬鹿げた事だと思っている
それを求めたのは消費者だと

責任を放り投げないでほしい
安価で奇麗な野菜がありますよと
消費者に呼びかけたのは業者側だ
そこにはビジネスとしての思惑があったわけだから
今さら消費者が望んだのだと
よくそんなことを言えたものだ


とある北海道の食品加工業者で
国内産(北海道産)の食材にこだわった加工餃子を実験的に試作した
原価は中国産原料を使用した場合の3倍の値段になっていた
意見を求める為に主婦を招いての試食会を開き
説明と意見交換を実施した結果の主婦の声は
値段が高いという事に集中した
家計に響くと

本当にそう思っているのだろうか
それならば出来合いの餃子を買わなければ良い
今まで10個入りの餃子が100円で買えた事に
そもそも疑問を持たないのは何故だろう
主婦業をサボる事で出来合いのものを買うのだから
その分の出費は当然の事
ましてや
食品の問題は自分等の塀の外で起きている事ではない
価格が高騰する事で自分等で工夫するきっかけになったと思わないだろうか

本当に裕福そうな身なりの主婦が
餃子の価格に文句を付けるのは本末転倒な気がする
こんなに大きな問題を我関せずと素通りしている場合ではなくなってきていると思う

だったら家族で手作り餃子を作りなさい
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
これは悲観ではなくて
全ての努力が必ず結果に結びついて報われると
僕はそう思っていない


仕事とはまた別で
なにか自分が夢中になっているものがあるとする
もしくはあったとする
その分野でとても優れた技術なり感性を持ち
その特性のみで名を馳せ社会的地位を確立する人が一握りだけ存在する
どの分野にも存在する

その一握りの人を努力家と呼ぶのか天才と呼ぶのか
という話

さほど努力も無しに
まるでその星の下に生まれてきたかの如く才能にあふれる人を
天才と表すのであれば
どの分野にもそんな人は存在しない
努力する事は最低限の過程であると思うし
それを努力ととるかどうかにも個人差がある

以前に「自分の特性は勉強すること」と言った友人がいた
ある分野に対しての努力出来る事自体も才能だとその時感じた

もう少し努力すれば
という嘆きはよく耳にする事だけど
努力出来るか出来ないかもまた個人差がある能力のひとつ
ぼやいても無意味な事だ


かといって
自分は努力家だといわれてもそれは違うと思ってしまう
ましてその先に約束された未来も保障も無い世界を進むのなら
そのことにそれだけ打ち込めた環境に恵まれたという事も考えられると思う
続けたいと思っても
その事だけに夢中になりたいと思っても
苦渋の選択を余儀なくして
諦めたり足を止めたりする人だって大勢いるのだから


才能だの努力だのと
簡単に言葉で片付けるのではなくて
人が何かをなし得て行く上には
もっと血の通った縁のようなものがとても関わっているということ

ひとりで何かをなし得たと思うのはおごりだと思うし
諦めた事を才能とか見えない力のせいにするのはひがみだと思う

そんなことを思ってたら4月もあと僅かだ
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
物事を上達する過程を
山登りに例えて考えてみる

急な斜面を登るよりも
等高線の間隔が広い緩やかな傾斜を選ぶ
足は前に進みやすいが時間はかかる
それでも時折段差にぶつかる
また段差を避けて迂回するか
思い切って段差に足をかけるか

僕は登るのが遅い
上りきれる段差かどうかを僕は慎重に見極めるからだ
そして自分に問いつめる
体調は万全か
失敗したらどうする と

足を進ませないのは怖さのせいだ
恐怖感は自分のなかで生まれる

段差もその山の傾斜も
本当は自分で描いたイメージ像だ

到底登れない断崖絶壁が現れたらそこで終わりだろうが
それは自分で作った断崖だ
前に進めるかどうか
上に登れるかどうかを判断しているのは自分であって
僕を怖さで遮っている段差もまた僕が作り上げたものだ
怖いけれど登りたい
この複雑な心境はとかく厄介なものだ

怖さはいろんなものを呼び込んでくる
苛立ちも焦りも身体の緊張も
なんでこんな辛い気持ちになってまで
克服しないといけないのだろうという気にすらなってくる

でも登れたら爽快なのだ

この歳になっても上達するその実感を味わえるなんて
嬉しい事だと思ったりする

そんな遊びの話
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
カープ今日も負けたなぁ
野村・緒方・前田・江藤・金本
「走る広島」は強かったなぁ


昨年もあった夏休みが今年もある
7月の終わり平日に店は連休をとる
それに合わせた予定を何も立てられないでいる
いっそ海外(アジア)にと思ったが
ちょうどオリンピック前で混雑してそうだからやめた
今年はひとりで過ごす連休になるから
沖縄にも行けそうにない

30目前の男が国内一人旅を何処へ行けば良いと言うのか
休みがあれば予定を入れずにはいられないのが僕の性分なのに
有意義に過ごす方法を思案中だ


以前にも何度かぼやいている事だけど
楽しく読ませてもらってるブログが減った
そのぶん自分の意欲までもが削れていくようにも思える
今はそういう波が来ているだけだろうか

昔はタイガースも弱小だった
カープもいつか強くなるかも知れない
今はそういう波が来ているだけだ
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
「自己犠牲」
譲る事の出来ないふたつの主張がぶつかったとき
自分が身を削る事でその先にあるもっと大きな問題を回避出来るのなら
あえて自分を犠牲にしようと思う
結果的にそれが自分にとっても最良の決断になるだろうから

それは彼の哲学だ
それでいいと彼は言う
彼がそれで良いと言うなら僕等には何も言い返す言葉が無い
しかもその決断は
誤りではなく
限りなく正しい方向を向いている
ただ自己を犠牲にするあまり彼自身を心配してしまう

それでも僕が未だ足を踏み入れないその世界で
彼は必死に
かつ確実にその理想像を形にしている
彼は自分の命と同様に大切なものを手に入れたのだと思う
とても素晴らしいことだ

僕等がいくら彼の身を案じたところで
それにはとおく及ばない程の覚悟が彼を支えているのかも知れない


こればっかりは
思考がくるくる同じ所回るばっかりで答えが出ない
でも僕は彼と共に過ごしたあの頃のような時間を
失ったと思ってはいない
今もまだあるこの先も
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
めっきり外食の多い僕は
行くお店の選択肢を増やしたいといつも思う
けれど仕事を終えてからの夕食は
仕事場からある程度の範囲内でしか選ぶ事が出来ない
わざわざ遠くまで行くにはそれだけでエネルギーが要る

幾つかの候補の中からのローテーションになってしまうけど
それでも国際色豊かなお店に行くことが出来る
韓国料理は本場のオモニの味だ
インド料理はインド人が作ってる
タイ料理にはタイ人の奥さんがつきものだ
イタリア料理は今やいたる所で店を見る

どれもどこまで本場の味かは分からないし
海外の日本料理への誤解を思えば
日本で食べる海外の料理はかなりアレンジされているかも知れない
それでもそれぞれの特徴的な部分に魅力を感じているし
どこの国でも美味しいものを食べたいという気持ちは同じだから
形は違う料理でもどこか繋がっていると思っている

そうやって外食を繰り返すと
うちでのご飯にホッとする時もある
そこには日本食の家庭料理がある

僕は海外の料理でも家庭料理というものが食べたい
気取った料理は食べづらい

本来ご飯って母親の作るものだと思う
それはどこの国でもそうだろう
でもそれを発展させて芸術性を持たせたりしたのは男社会だと思う
僕は食に関してはそれは余分だと思っている
母親の味オモニの味ママンの味は
受け継がれるべき味だと思う
そこにはあたたかみがあって強さがあるのだと思う
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今日は働いているお店に
テレビの取材が来た

一昨年の秋以来
久しぶりのテレビ取材の話はやはり突然だった
数日まえにディレクターらしき人物がひとりで来店し
ランチを食べた後で取材の話になった
何やら旅番組らしく
今回はタレントが来店して食べる事になっていた

まあ誰が来たかは置いといて(笑)
前も感じた事だけれど
テレビというのは想像以上に手間と労力がかかって作られているようだ
今日の取材でもスタッフとタレントを合わせれば8人
大がかりに思えてしまうがそれぞれの役割があるので必要なのだろう
番組というものには沢山のお金がかかっているし
テレビというのはさすがに影響力が大きい

世間はテレビを真に受けるしその情報に流される
情報というひとつの力は間違った方向に動けば
沢山の人をだましたり操ったり出来る
チベット問題を報道する中国メディアには怖さを感じるが
それをさも悪者のように報道する国内メディアもまた
怖いようにも思う

テレビには言ってはいけない言葉や表現
タブーがたくさん存在していて
本当はまるでリアリティーの無い世界なのだろう
そんな事言いながらも
僕はテレビをよく見る方だし
情報のほとんどをテレビから得ているのだと思う


テレビを見ない生活をしてみよう

なんか自然をテーマにした雑誌に書かれた提案だった
テレビで時間を潰すよりも
空いた時間で人と話したり趣味に打ち込んだり
何かもっと自発的な行動を探す方が良いと思う
ブログを綴るのも案外良いかも知れない
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
数年前海を渡った友人が居た
何の為に行ったのかなんて知りもせず
それでも単身で異国の地に暮らすことは大変に不安も多いだろうから
それだけでも十分に貴重な経験を積むだろうと
ひっそりと応援した

世の中はウソかと思うほど便利で
ミクシーという場所で現状を知ることが出来て
僕のブログにも足を運んでもらっているようだ

きっとそんなことを綴りたくもないのだろうけど
少しだけみせる不安や苦悩のなか
彼女が何の目的でその場所に居るのかを知ることが出来た

僕はそれを知って
なんていうか苦しくなった

彼女は作品制作を続けて居た
僕が思う世界で最高のアートの焦点であるニューヨークで

そらもうびっくりしたし
大学でのほほんとした顔の裏にそんな素顔を持ってたのかと
まいりましたという気持ちになった

作品を作るということに関しては
複雑な思いでうまくまとめることが出来ない
でも
僕は自分はこれで良いと思っているし
続けている人は頑張ってほしいと心底から思う


それをここに書こうという気持ちになった
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
080406_0858~01.jpg


桜サクラとはやし立てられる中
しとやかに咲く桃の花を撮った

都会の花見っちゅう宴会は
風情がないなと思う
ブルーシートの上でスーツ姿か

桜はたいがい列をなして植樹されている
隣の木と花がくっついて
ピンク色の雲のように浮かぶ
ピンクという妖艶な色が宴をあおるのだろうか

今年も奇麗な桜を見れた
それだけで十分だ
花見には興味が無い
会社の花見なんてものには縁がない
それでいい
ほんとにそれでよかったと思う


店の隣に住む大家さん家に
新しい子犬がやってきた

しっかり番犬をつとめていたモモは
去年の秋にその生涯を閉じた
ぽっかりとあいた空白を
マルマルとしたやんちゃな子犬が埋めてくれる
名前はモモタロウ

かわいくてたまらんかった
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
結婚相手に求めるもの

なんて会話を友人とした
まあ歳を食えばそんな話は珍しくもない


僕の働く店のオーナー夫妻は
店でも2人一緒
当然家でも一緒で
しかも休みの日に一緒に出掛けたりする
ほぼ四六時中一緒にいてることは
スゴいなぁと思う

歳の差があるからという理由も確かに当てはまる
けれどそれ以上に2人にはどっぷりと深く共通する趣味がある
それがきっかけで知り合った2人だから余計に
自分たちがのめり込むことにお互い理解し合えるというのは
拠り所になるし時間を共有することが出来る
だから
そりゃずっと一緒でも構いやしないのだろう

けんかは増えた
と奥さんは言うが
僕にはうまいこと凸凹がかみ合ってるふたりに見える


共感することが出来るのは
ふたりが長く一緒にいられることの鍵になると僕は思う
それは趣味が合うことだったり
価値観が似ていたり
そういうことだと思う

楽しいと思うことが同じだったり
大事に思うことが近かったりすると
お互いに知らない世界のことを話しても
それに興味深く耳を傾ける信頼関係が築かれると
そう思う

僕は自分と凸凹がかみ合う人と一緒に居たいと
そう思う
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。