mellow diary

相変わらず訳の分からないこと言ってます


テーマ:

僕の体調が回復したと思ったら
母親が体調を崩した
症状からして僕の菌がうつったのは明確だった
滅多に身体を壊さない母親なので心配したが
夕方には良くなったようだった

それよりも祖母の様態が良くない
風邪をひいたのをきっかけに
病院を行ったり来たりしている
風邪は僕にうつったが
体調はまだ優れないようだ

糖尿病を患っている祖母は
それが元で脳梗塞になり認知症となった
軽度ではあるので昼はデイサービスへ通い
それ以外は自宅でずっと父親が介護してきた
糖尿病であるため血糖値を下げる薬を毎日飲むのだが
風邪で満足に食事を取っていなかったため
血糖値を下げすぎて意識障害をもたらすのだという
老いた身体に薬を投与するということは
もう後には引けなくなってしまっていることなのだと思うが
薬に頼りすぎて障害を招くのは悔やみきれない

いちどバランスを崩してしまった身体は
もう平静を保てなくなってしまうのだろうか
祖母は今日デイサービスからそのまま病院に運ばれ入院することになった

父親のブログから
僕は父の祖母に対する思いを知ることが出来る
そこにどこまでの心中をさらけ出しているのかはわからないが
祖母が認知症になって以来
それまで失われていた家族の光景が甦った
僕は介護する父の姿を見て本当に頭の下がる思いだし
祖母のことを思いこれまで施設への入居や病院への入院をさせなかった父を
誇りに思う
またそれに全面的にサポートしている母にも

そうやって家族内で見えない繋がりが結ばれていっているように思える
家族の困難をどう乗り越えるかで
そこから家族が壊れるのか繋がっていくかの岐路になる

そんな家族の姿が
ここ最近の僕の苦悩を晴らした一因になっていることも
間違いではないと思う
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
いつからこれほどまでに
人を嫌う世界になってしまったのだろう
嫌われるのが怖い
と子供らは言う

いつからそこまで簡単に人を嫌う事が出来るようになったのだろう
人を嫌うということはそんなに簡単だろうか

人を簡単に嫌うことの出来る人間を
そこまで恐れる必要があるのか
人を信じられない
人を簡単に嫌うようなヤツはしょうもないやつだ
そんなヤツを恐れる必要なんて無い


風邪をひいて店に休みますと連絡を入れた
家で寝込んで療養をした
少しだけ付けたテレビからはいじめや自殺や虐待のニュースばっかりだった
一方では子供への過保護が懸念されて
もう一方で子供を愛せない親が増える
全く違うようでも
そこには似通った問題があるのだと思う
バランスが壊れている

僕の風邪のように
薬を処方して休むような時間が
この問題には無い
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
061124_2116~01_0001.jpg



形にして残す事
その形は何にせよ
残すことが大切な気がする
いや大切かどうかは分からないが
僕はそれをしたいと思う
自分が死んだあとに沢山のモノを残したいという気持ちとは違う
死んだ後の事なんて僕には全く興味がない
自分が生きているうちに沢山のモノを生み出したい
そう強く思うだけだ
それを表現というのならそうかもしれないが
そんな大それたものでもないし
そういうと手が止まるのだ

やっぱり欲しかったのでカメラを買った
でも言っていたHOLGAとは違う
その子供のベビーHOLGAだ
フィルムは110フィルムといって小さなものだが
普通に買える
節約生活なのに早く欲しかったのでとりあえず安いので買った
今日24枚撮りきったので早く現像に出したい
出来が楽しみなこの時がフィルムカメラの醍醐味だと思う

写真は手軽で撮る人を選ばない
コンパクトデジタルカメラを手に取る人は
たいていは撮るという行為に意味を持っているように思う
誰を撮る
何を撮る
その時の記録として記憶の手がかりとして
写真を撮るのだと思う
そうではなくて
どこであろうが誰を撮ろうが
その画を形にしたいという思い
目にした光景を画として再生したいという思い
そういう思いがあって切るシャッターには違いがあると思う

PCにたまっていく写真を消去することには大して何も感じないけれど
プリントされた写真を捨てるのはどうも忍びない
アルバムに閉じていくその手作業も楽しみのひとつ

だから出掛ける時に使い捨てカメラを買っていくのも良いかもと
最近思い始めた
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
テレビのインタヴューをうけた

お店が開店して以来
地方情報誌からの取材の依頼が続いた
それはこちらから掲載を頼んだものはひとつもなく
皆先方が何かの形で家の店の存在を知り取材に来られるというケースばかりだった

地方ケーブルテレビの取材が来たときもあったが
今回は某民放テレビ局からとある番組の取材として
金曜日から明後日火曜日までお店とオーナー夫婦に密着取材を行っている
テレビというのはひとつの番組を作るのに
想像以上の労力と時間を費やすものなのだなと感心した
30分番組のために金曜の午後からほぼ付きっ切りの取材となっている
膨大な映像の中からたった30分に切り繋いで仕上げるのは相当な作業だろうなと思う
当然切り取られる映像の方が多くなるのだろうから
僕のインタヴュー映像が使われるかどうかも怪しいのだ

けれど店の取材として一応改装から共に店を作り上げた者として
人生初めてのテレビ取材を経験
昼過ぎのピークを過ぎたころで顔のテカリを気にしながらも
カメラと眩しい照明を当てられた
質問に答えていくだけだったけれど
自分ではおかしな言葉になっていないかと気にしながら喋った
終わってからディレクターの方が「使います!」と言い切っていたけれど
使われたらそれはそれで恥ずかしいなと思う


僕のインタヴューはさておき
とにかく取材の絶えないこの店を僕はとても誇らしく思う
店のコンセプトや夫婦の開店までの道程
本当に手作りの店は取材するにはもってこいの素材が沢山詰まっている
だからこそ頼まずとも向こうから話がやってくるのだなと思う

今日友人がランチを食べに訪れてくれた際に
「良い店で働けてよかったなぁ!」と言ってくれた言葉を
今日のオーナー夫妻ふたりのインタヴュー撮影を横で見ながら
思いだして噛み締めていた
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)

テーマ:
働いているカフェのブログから
コメント覧が消えた
それは心無い書き込みがあったためだ
嬉しいコメントばかりしか受け付けないと言うわけではないが
匿名の中傷ほど醜いものはない
たまらずオーナー夫妻は設定を変更してコメント覧を消した

誰かを傷つけるというのは
少なくとも傷つけた本人も傷つく
そう信じている
面と向かって中傷を言うのは勇気がいる

けれど自分の姿を隠して名を偽って放たれる中傷には
放った側の痛みはちっとも含まれていない
ただ冷たいその中傷の意味だけは
相手に届いてしまう
傷つけるという行為にもたらされる痛みを霧散させる
それは数人のグループで
誰かひとりを傷つける時も同じ事を言える

人を傷つける勇気のないものが
都合良い手段を用いて中傷する
なんて汚いやり方だろう

自殺の問題がまた表立っている
その責任を負わせる先を求めて問題が起きているけれど
自ら絶ってしまった命の責任もまた
散り散りになっているように思う

今日もまた太田光が感動することを言っていた
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
僕は美味しいものが好きだ
食べるのも作るのも好きだ

僕は基本的に食いしん坊で大食いなので
大抵のものは美味しいと感じる
というか美味しくないものにあまり出会ったことがない

あそこはあんまり美味しくない
という声をたまに耳にするが
そう言うヤツは大抵普段からあまり信用できないヤツだったりすることが多い
これはあくまで僕の個人的統計だが

ただせっかくの美味しいものも
残念なことに損なわせてしまうものがあるとするなら
その場の雰囲気だと思う
店員の接客やサービスが悪いとか
一緒に食事をしてるヤツのマナーが悪いとか
他の客のマナーが悪いとか
そういう食事と関係ない所で気分を害されてしまうのはとても残念だ

僕の友人の中にも
やたらと店員にエラソーにして文句を言ったりするヤツがいるが
それがまたしょうもない事だったりするので逆に同席してるこっちが気分を害する
そういうことに気付けないそいつとはあまり食事を共にしたくない
チョコレートパフェにかかってるチョコレートが少ないと
27歳の男がごねるな
みっともない

今日もうちの店の客でおそらく60代の女性が
何が気に入らないのか料理に殆ど手を付けずに
「これも下げてちょーだい」と不躾に言われた
同席している数人の知人等は皆満足げに食べているというのに
その女性のその態度で他の知人の気分までも害していると
なぜ気付かないのだろう
食べられないのなら分けてあげればいいのに
嫌がらせのように皿を突き返すことが
雰囲気を壊し周りにも迷惑をかけているとわからないのだろうか

美味しいものを美味しく食べるには
差し出す側の配慮は当然のことだが
いただく側もその心構えを持つことが大事だと思う
美味しいと感じる心は
豊かな心にこそ生まれるものだと思う

なんか腹減ってきたな
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
061115_1505~01_0001.jpg



春は桜だったり秋は紅葉だったり
四季折々の景色を楽しむというのは日本ならではのことじゃないだろうか
各地に名所と呼ばれる場所はあるけれど
人が殺到して景観どころでは無くなってしまうよりも
普段の見る景色の中で季節の移り変わりを楽しむことも風情があって良い
人が多く立ち入ってしまうことで損なわれてしまうこともあり得るし
だからといって
現地は人を呼んで活性化させようとすることで生まれる問題は根が深い
人が守っていける自然なんてないのかも知れない
もとより人が自然を守ろうなんて考え自体がおこがましいのかもしれない

それでも美しいものを見たいという心は常に持っていたいと思う
それが何よりの元となる心ではないかと思う

まだ色づきはじめの紅葉を見た
真っ赤に染め上がるよりも
緑と朱が入り交じる時が僕は一番好きだ
空の蒼と折りかさなっていっそう綺麗だった
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
061114_1722~01_0001.jpg


毎週のように通っていたスケートボードパークに
着いて10分もしないうちに雨に見舞われてしまった
そこで僕の心はいったん死んだ
休日のこの時間が無駄になったと思うと深いため息が出た

けれどそこで一緒になったプロスケーターのC君に
知り合いしか滑れないというとあるスケートランプに連れて行ってもらった
屋根も完備のそのランプは見るからに難易度の高いものだったけれど
そこで僕の心は生き返った
難しいけど面白かった
やはり自分だけというのは無理だとしても
将来どこか場所を確保して自分たち専用のランプを作れたらいいのにと
あらためて思えた


全然話は変わって
最近全くデジカメを使わなくなった
何処かへ出掛けても持って行かなくなったし
ましてや景色をコンパクトデジカメで構えて撮っても
まるで格好が付かないし良い写真が撮れる気がしない
デジカメで撮った写真はPCにたまってはいくけど形として残らない
デジタル一眼レフならともかく
コンパクトデジカメの存在意義がなくなってしまった
そこであらためてフィルムカメラが欲しくなった
一眼レフのカメラは持っている(Nikon F2)けれど
重いのと大きいのであまりフットワークが軽くない
そこで思い出したのがHOLGAだった
晩ご飯を食べた後に友達とビレッジバンガードに行ったので
そこでHOLGAを手にとって色々と眺めたり
それについて特集した本などを読んだりした
そしたら本当に欲しくなった
今は節約生活を余儀なくされているので
余裕が出来たら真っ先に買おうと決めた
今だからこそあえてフィルムカメラに手を出しても良いんじゃないかと思う
あの現像に出して出来上がるまでの期待感は
何とも言えないものだ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
kiyoto

贈り物を自分で作るというのは楽しい
これはただの自己満足だが
作りながら
もらわれたときに喜んでくれる顔を想像する
僕は自分で何か作れる事が出来るのなら
その能力を誰かのために捧げるのを惜しまない
喜んでくれたらそれが自分の喜びに変わると信じている

夏に友人に子供が産まれ
そのチビにあげる何かを作ろうと考えた
何を作るかは迷わずすぐに思い付いた
父親になったその友人とは
学生の時よく一緒にスケボーをした
そいつの影響でスケボーを始めたし
スケボーだけでなく色んな影響を受け
とても多くの時間を共に過ごした
どれもかけがえのない時間だったように思う

だから息子にはスケボーを作ってやった
きっと彼奴も喜んでくれると思ったし
息子が大きくなったときにも大切にしてくれたらいいなと思った

それに小さい頃から慣れておけばプロになれる夢も現実に近づく(笑)
3歳までにはキックフリップぐらい出来るようになるかな~
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
なんだかんだ言っていたわりに
久しぶりに会った同級生から誘いがあり
春に展覧会をすることになりそうだ

しょうもないプライドをリセットして
原点に帰ろう

リセットしたらとてもすっきりとした


急に冷え込んできた
上着を買った
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。