mellow diary

相変わらず訳の分からないこと言ってます


テーマ:
以前
「なるべく本を読もうと思っている。」
と綴った
本を読み出したのは、ここ2年ほどの間

本は知識の海
と言われる
本を読めば、知識を得られる
と言う文句は間違いではない
でもそれは動機として不純だったかも知れない

僕には20年来の友人がいる
26歳で20年来だから、よっぽど腐れ縁なのだ
彼は昔から奔放で先進的な存在で
僕にはそれが刺激的でいつも後をついていった

そんな彼は思春期になると
恐ろしく本を読み出し
部屋に置かれた大きな本棚はたちまち単行本でいっぱいになった
そんな彼へのあこがれと
本を読むと博識になれるという動機で
何か読もうとはしたけれど、何を読めばいいかわからず
あげく友人に何がいいか聞けば
「知識を得たいなら、雑誌読めば?」
と返されてしまった

それから少し本を読み出したのは、高校の終わり頃
部活も終わり、暇をもてあましていたのだ
買っていたのは小説ばかりだった

大学生になりスケボーを始めてからまた読まなくなった
恩師が口酸っぱく「本を読め」と言ったが
無視して、読みたくなるまで読まなかった
卒業してから今の仕事に就いてから
暇が多くなったので
また本を読み出した
買うのは、小説ばかりだった

僕にとっての読書はいわゆる暇つぶしである
調べモノがしたくて本を読む以外は
小説が一番夢中に読めるし
読んだ後は、わざわざ内容を覚えておく必要もない
本を読む効能なんて、目に見えて現れては来ない
ただ、小説のいいところは
いちいち配役にイチャモンをつける必要もなければ
ダイコン役者の演技にがっかりすることもない
小説はただの文字の羅列であって
それをもとにして頭の中で映像化するので
たとえ話がフィクションでも
頭の中では仮想現実としてリアルに話が進んでいくのだ

だとすると読書が養うモノは
想像力だろうか

知識を得たいと思った僕は本を選ぶ事が出来ず
読めなかった

僕は読書家ではないので
買う本はミーハーなモノが多いし
恋愛小説を好んで買う

あとは僕もあの時の友人のように小さな本棚を少しずつ埋めて
心の中でほくそ笑んでる

映画を観るように本を読めばいい
眠くなったら居眠りすりゃいい
今日
「人のセックスを笑うな」山崎ナオコーラ
を読み終えた

本も同年代が書いたモノの方が面白く感じられるのかも知れない
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
ふきのとうを食べる
蕗の薹と記す

我が家では、田舎ならではの
山菜が食卓に並ぶ事がある

決してスーパーマーケットで購入したパック入りではなく
歩いてまわってその辺から採った山菜である
採るのは父親なのだが
亡き祖父は、それは山菜に詳しい男であったらしい
それが、息子に受け継がれ
孫である僕にも受け継がれることになるのか
うーん
わからないけれど
そんな気はしている


今日ふきのとうを食べて
春が来たんだなとしみじみ思う

春を食す、なんて幸せな食事だろう
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
景色を見ていて泣きそうになる
そんな経験したことあったろうか

見渡す限りどこまでも続く白い山脈
朝とはうって変わって深く青い空
日の光が雪に反射して眩しい

それぞれみんな心に感じた何かを抱えたまま
鳥葬場を後にした

今日の予定はこの後
温泉に行くことになっている
チベットで温泉?と思うだろう 
僕も思った

場所は鳥葬場から車で1時間
道が険しく、車内は大きく揺れる
途中に大きな滝があった
といっても流れていない氷の滝だ
その大きさに圧倒され、ドライバーに車を止めてもらう
そうか、ここはそんなに寒い地区なんだな

しばらくすると
谷に沿って建つ住居に出会う
平地ではなく、斜面にある集落
タルチョと呼ばれる連なった旗が山と山を繋いでいる
神秘的な集落だ
中腹あたりに車は止まり、集落の間をぬって階段を下りる
白い湯けむりが立つ
温泉に来るつもりで来たのだけれど
こんな集落の中に本当に温泉があるとは
まさに秘湯だ
すでに地元の人たちが入浴している
いちおう脱衣所はあるけれど
脱衣している姿は丸見えだ・・・
それでも冷えた身体を早く暖かい湯の中に投げ込みたい
みんな寒さに悲鳴を上げつつ
服を脱ぎ、湯に飛び込んだ

これが予想以上にいい湯加減だ
長旅を続ける人の中には
何日も湯につかるということがなく
久しぶりの入浴に、酔いしれるようだった
ドライバーも一緒に入った
「GOOD?」と聞いてきたので
「GOOD!」と至福の顔で答えた

前にも述べたが、高地では酸素濃度が薄い
だから慣れてないのに激しい運動は危険である
当然、長時間の入浴も危険なのだ
あまりの湯加減の良さにそんなことは忘れ
そろそろ上がろうかと皆服を着たころから
急激な頭痛が襲う
酸素が足りない・・・
来しなに下ってきた階段が恐ろしく難関に変わり
一段一段登るのにいちいち頭痛が押し寄せる
みんな笑っていたけれど
高地での長風呂は危ないので要注意だ
チベタンのドライバーは平然としていた
流石だ
悠長に水筒からバター茶を注いで飲んでいる
勧められたが、バター茶はもう勘弁だ
皆ゆっくり休んだところで
帰路につく

雄大なチベットの風景を車窓から眺め
窓越しにシャッターを切る
皆が写真がブレると心配したが
これが結構きっちり撮れていたのだった
素晴らしい景色に
窮屈な車内もちっとも苦痛に思わなかった
街に帰るのが少し残念な気がした

夕方にホテルに戻り明日のツアーの確認をした
話を持ちかけてきた旅行代理店の男(あやしい)が
明日のツアーの車を見せてくれるというので見に行った
これは重要なことで、皆口を揃えて「ランクル」と言うのだが
実際朝に迎えに来たのは、オンボロだったとか
あげく、中国産車種だったりして騙されるので
確認するに超したことはない
車はまずまずだったので、話を進め、明日のツアーを予約した

夕食を何にしようか相談し
ヤク肉を火鍋で食べさせてくれるレストランに行くことにした
鳥葬を見た日に
何も肉を食べることなかったかも知れないけれど
誰もそんなこと気にもしなかった
もちろん僕も

火鍋というのは要するに鍋もので
真ん中が空洞のしゃぶしゃぶ鍋と同じような鍋で
野菜とヤク肉を煮て食べる
カレーでヤク肉は食べたけれど
カレーは肉の臭みを消してくれていたが
鍋で食べるヤク肉は臭みが気になった
日本の食肉とはほど遠い

ホテルに戻り
一息ついてから皆が僕の部屋に集まってきた
皆ドミトリー部屋に泊まっていたので
僕の風呂トイレ付きダブルの部屋に集まることになった

カメ君がディジュリドゥーを吹いてくれた
部屋中に響く音は
その日見た鳥葬の光景や絶景の山を目蓋に映すような
不思議な音だった



後に日本で会うことになるゴアさんは
PCを持ち歩き、旅の記録を旅先でHPにアップしながら
8月まで旅を続けた人だ
僕と3月にラサで会った後も
僕以外の沢山の人と旅を共にしたのに

チベットで会ったメンバーは特別
そう言ってくれた
それほどチベットは魅力ある刺激ある時間だったのだ

ゴアさんのHPリンクしています
http://www.geocities.jp/gore2000/index.html
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
たまたま付けたテレビで
歌っていた歌手に見とれた

その昔、「ASAYAN」という名のオーディション番組があったことを
知っている方は多いはず
かのモー娘、鈴木あみを世に送り出した番組
そのなかで、一世を風靡した「小室ファミリー」時代に
小室哲也が言ってた「痛みのある声」
という表現を使っていたのを覚えている
「小室ファミリー」に興味は無かったが
「痛みのある声」には惹かれた
僕は基本的に「痛みのある声」の歌手が好きだ
うまく説明できないけれど
切れそうな声、悲しみを含んだ声、と言えばいいんだろうか
微妙なニュアンスだと思うし、ただの僕の好みかも知れないけれど
女性で言うなら
Bonie Pink
安藤裕子
男なら
ミスチルの桜井和寿なんかがそうかな

そして YUI という歌手も「痛みのある声」をしていた

ギター一本で歌う歌手って
女性だと格好いいと思えるのに
男だといまいち芋臭いというか
暑苦しいのが多い気がしてしまいます・・・
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
仕事をもらった。

以前に偶然再会した高校の同級生に
「友人の結婚式のウエルカムボードを作って欲しい。」
という仕事をもらった。
その同級生本人はウェディングプランナーの仕事をしていて
友人の結婚式のウェルカムボードを
手作りでプレゼントしたい、ということだった
でも、自分は絵も何も描けない
そんなときに僕に偶然会い、
美大に行っていたという事を思い出したらしい

それまでウェルカムボードというものの存在を知らなかった
結婚式の披露宴などで受付や入り口に「WELLCOME!」と書かれた
ボードを置くらしい(結婚式した人は知ってますよね)
そしてそれがまた3000~20000円と色々で
文字だけのモノや、似顔絵を描かれたモノと選べるらしい

似顔絵なら描け無くもない、と返事をすると
きちんとギャラを払うのでお願いします、ということになった
僕はウェルカムボードなんて知らなかったし
せっかく作るなら、他にないモノにしたいと
ウェディング情報誌に載っていないようなモノを提案した
そしたら本人等も喜んでくれて
僕も仕事とはいえ、楽しんで作ることが出来た
そんなボードの依頼はそれともうひとつもらった

今回の話しもそのプランナーの同級生がくれた
依頼主は、実は以前受けた仕事の新郎の弟で
「兄の結婚式に行ったときにあのウェルカムボードを見て
 自分の時も絶対お願いしようと思っていた。」
ということだった。
この上なく嬉しい言葉だった。

たまにそんな仕事をもらったりするのだけれど
僕はそれを本業として掲げているわけではなく
自分から仕事を取ろうとしたりしていない
だから、ひとつに充分時間をかけられるし
楽しんで仕事をすることが出来る

ただ今は、自分の作品制作時間が削られる程に
仕事に追われるようになるのは本望じゃない
だから僕はすごく中途半端なことを
しているのかも知れないと思ったりもする

だけど
自分で作ったモノを喜んでもらえるのは
心底嬉しい

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:
↑こんなイラスト書くの好きです(これは冒頭でいう昔の作品じゃないです)


昔の作品の写真が出てきた
懐かしく、こっぱずかしい作品だ
自分の作品でも、時間が経てばかえってよく見える事がある
今になって以前の作品にまた近づきたいと思うこともある
でも自分の過去にとらわれるのはよくない

作品を創るモノにとって
他人の作品を見ることは大切だと思う
自分が好きだと思える作品に出会うと
「やられたー!」と思う
自分の中で、想像もつかない形や色や技法や思想
そんなものに出会うと
「まいった」と思う
それは感動しているということ
そういう作品に出会うと
すごく制作意欲が沸く
こうしちゃ居れない、という気になる

他人が思いもつかない発想というのは
色々な作品を知った上で成り立つのかも知れない
もしくは盲目的に何かを突き詰めることで生まれるか
どちらにしても
何もないところから突然出てくるモノではない
そしてそんな発想を「ううん」と唸らせる形で表現できるのが
センスなのかなと、思う

そんなセンスのある作品を見ると
ホントに自分はまだまだだなと思う

もっと積極的に他人の作品を見ようと思う

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
アートについて
書いてることが堅苦しいことばっかりなので

あまり能書きばっかり言わないで
写真で作品を紹介します

これも個展に出品した作品
イメージは・・・
太陽、花、輪

「大きな輪の中で流されまいと逆らおうとする日々
 けれどそこからはずれたら
 僕は行方を失い、途方に暮れるかも知れない
 だから確かな道標のために
 自分の全てをそこに遺していこうと思う」

そんなことを個展の案内にのせてました。
これからもちょくちょく更新します。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
最近の10代みたいなタイトルの本を立ち読みした

10代がどうこうだの
最近の若いヤツがどうこうだの言うのは
自分が歳とったみたいで嫌だけど
(いや、まあ実際歳はいってる)
10代でなくても、20歳ぐらいなら、
ホントにもうバカじゃないの?
みたいな夢持ってていいと思う
ましてや10代なんて
なんでもできる時期だ

僕が高校生の時、悔しいけど憧れたヤツが言ってた
「××(誰か忘れたけど外人かだれか)ってやつが、
 16歳の時なんて何でも出来た、って言ってた。
 だから今その意味を考えている。」
そいつはそう言い残して留学した

10代なんて怖いものなしでいいと思う

ただ僕は、あの頃はそういう時期だったんだなって
今さら思って後悔している

10代なんて
失敗も無謀も何もかも許される時期だ

そんな10代が夢持たずに生きてるなんて
悲しすぎる。もったいなさすぎる。
妙に現実主義で
日本の将来を、心配したり、憂う10代
ましてや男がだ

国がどうとか経済がどうとか政治がどうとか
そんなこと心配する暇なんて
若者には必要ないと思う
もっとバカになりゃあいい

美術大学に入学する若者の割合が
女の子が増え、男が減っている
仕事や就職に繋がらない芸術なんて学ぶ意味はない
そんな若い男の主張の現れだろうか

いまどき純粋に絵描きやアーチストになりたいと思う若者なんて
珍しいのだろうか

別に美大に来なくたっていいのだけれど
自分の好きな事ひたすらやってるような
国の事なんてお構いなしみたいなヤツの方が
案外、国を救ったりしそうだ

夢追わなくったって
そこそこにお金を稼げば楽しい生活が送れる

そんなうすっぺらな将来像が
若いうちに見えてたら
人生面白くないじゃない?

「若さ」っていうのは年上に絶対的に勝るモノなんだから
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
僕は田舎に生まれ育って今も住んでいます

僕は細い道が好きです
それは密集した住宅内を通るような狭い道路ではなくて
山の中にある登山道のような小道のことです
時間をかけて人が切り開いて足で踏み固めて出来たような道
急な登りでは土や岩が階段のようになっていたりするような道
山を縫って歩くような木に囲われた道

家の近くにはそんな道がたくさんあり
この細い道を行けば此処にでられる
というのがすごく楽しかった記憶がある
父親に連れられて家族で山にハイキングに出かけたりするのも楽しかった

でも今は、あの細い道をぬけた先にあった密柑山や
あの分かれ道を下った先にあった池のすぐ横には
おおきな道路が出来てしまった

そこに行くのは便利になった

けれど便利になったせいで行きたくなくなる場所だってある

田舎は開発によって姿を大きく変えてしまう
山には大きな道が横切るようになり
山がごっそり宅地に整理されたりする

車を乗るようになった今の僕は
その道路を毎日のように利用する
実際有り難く思わないといけないんだろうけれど
変わってしまったその場所を
毎日目にするから
昔の姿を忘れてしまう
それがなんか悲しいんです
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
朝4:30に目覚める
支度をして外に出る、ひどく寒い
今日一緒に行動するメンバー
剛さん(デザイナー旅人)
ゴアさん(以後半年間旅を続ける旅人)
シンさん(チベットに深くはまる旅人)
マメくん(カップルで旅を続ける旅人、彼女は欠席)
カメくん(雰囲気充分、民族系旅人)
そして僕

ドライバーを含めて7人がトヨタランドクルーザーに乗り込む
まだ辺りは暗い
鳥葬ツアーに出発だ

早朝のラサにはまばらにヒトがいる
すでに五体投地で祈る信者の姿もある

30分ほど走れば
街の姿は消える
けれど小さな集落は、ぽつり、ぽつりと点在する
夜が明けてくる
空は曇っている
それどころか夜の間に雪が降ったらしく
周りの山々は白い
チベタンのドライバーがテープをかけた
チベタンポップス(?)が流れる
実にチープだけれど、それがなんかいい雰囲気だった

目的地までの予定所要時間は3時間
けれど道は険しい
木の生えない岩山を縫うように走る道に差しかかる
雪の山道でもランクルなら怖くない
いや、少し怖い

もうすぐ鳥葬場のある寺院に着くという場所で
雪でトラックが立ち往生している
通れない・・・
どうするの?と口々に話していると
「ウォーキング」
と告げるドライバー
歩くったって寺院は見えるけどまだかなり距離がある
「ウォーキング」
歩くしかない・・・
周りは雪に覆われた山しか見えない
ウォーキングというか、トレッキングだな、これは
しかも高度は4000mオーバー
過酷だ、寺が遠い・・・

1時間半歩いた
やっと寺院に着く
疲れも忘れる厳格な雰囲気は・・・ない
犬が居る
25元払う
見せ物にしているけれど写真撮影は厳禁だ
坊主がジェスチャーで教えてくれた
「そこの道を上がっていけ」
まだ歩くみたいだ・・・・
みんなもうあまり言葉を発しない
息苦しさと、雪道の険しさに、余裕がないのだ

20分歩く
フェンスに囲われた広場に着いた
辺りは雪で真っ白だけれど、小さな小屋などがある
そしてそこにはお経を書かれた布に包まれた
遺体が既に2体運ばれていた

広場に入り、言われるままの場所で待つ
そこではさすがにもう、疲れとか、寒さより
緊張と好奇心でいっぱいだ
ところがそこには子供までうろついている
何とその子供が掌を向けて
物乞いしてきた
何もこんな所で・・・
と、みんなすこしムッとしていた

やがて坊さんが現れ、鳥葬師が現れ
なにやら木を燃やし煙をあげ
坊さんはお経を読み始めた
鳥葬師は遺体の布をとり、そなえる
「そなえる」というのは、刃物を研ぎはじめるのだ
そうこうしているうちに
どこからか、鳥たちが集まってくる
鳥と言っても、体長2メートルはあるかというコンドルだ
あんな鳥を肉眼で見たことがない
坊さんがお経を読み終え、山を下り出す
鳥葬師が遺体に近づく

鳥葬といっても
ただ遺体を放置しておけば、
鳥が食べてくれるというわけではない
大きな刃物を使って
遺体の肉を切り分けるのだ

鳥葬師が刃物を遺体の首筋に斬りつけ
背中の肉をおとしていく
気がつけば辺りには続々とコンドルが集まり
100羽近い数のコンドルが叫び、餌を待つ
鳴くというより、叫んでいるのだ

ある程度切り落とすまで
数人の男が手を大きく振ったりしてコンドルを待たせる

「もういいだろう」
と鳥葬師が合図し、男達が鳥の制止をやめると
いっせいに肉に食らいつき
遺体の姿が見えないほどの鳥たちが
肉を取り合い、叫ぶ

10メートルほどの距離でそれは行われ
想像を絶する光景に
呆然と立ちつくす
鳥たちがばらけてくると、また鳥葬師が
次々に肉を切り離し、骨や内臓があらわになる
まるで物を扱うように(素手の者もいた)
切り落とした真っ赤な頭が
手前に転がる

不意に鼻に飛び込んできた異臭
それは死臭とも獣臭ともつかぬ強烈な臭いで
ただでさえ息苦しいのに
臭いのせいで息が吸えない
呼吸困難になりそうだ
おもわずうずくまり、首もとから上着の中に顔を埋め
ゆっくりと息をする
そして
手を合わせ祈った

僕はあの世とこの世の境目にでも居るかのような気分だった
そう思わせるような場所だったのだ

鳥葬は今でもチベットで多く行われている葬儀だ
遺体を燃やすにも燃料がない
埋めるにも乾燥した寒い大地では遺体が分解されにくい
鳥葬がもっとも合理的な葬儀なのだ

死というものを受け入れているからこそ
魂のぬけた遺体は、ただの肉のかたまりだという考えもある
鳥に食われるという行為が
まさに「天に召される」ともとれなくはない

とにかく、この経験は
僕だけでなく
一緒に見た6人みんなの人生の中で
忘れられない経験のひとつになったことは間違いない

時間なので僕らは引き返すことにした
朝は曇っていた空も
いつの間にか快晴に変わっていた

そして素晴らしい景色が目の前に拡がった

後半に続く
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。