ローカルルール

テーマ:

昨日、所用で出掛けていた(車で)。
その帰り道・・・。



市街地では比較的他車も普通の速度(制限速度+10~15km/h)で走っているのだが、山間部に入ると何故かここぞとばかりに速度が上がるのだ。

制限速度+20km/h overは当たり前。

・・・・・・。

そんな速度に付いていける筈もなく、勿論、付いていく気もない。
なので普通の速度で走っていると今度は後続車が迫ってくるのだ。


おいおい、そんなにくっついたら、私が急ブレーキを踏んだらぶつかるでーっ!

というくらいにだ。

なので、そんな阿呆には道を譲る事にしている。



そうして大人しく走っていたのだが・・・



私の進行方向が左カーブ。
山間部とはいえ比較的視界も良いカーブで、前方から車が来るのが見えた。

カーブの手前で速度を落とし曲がろうとしたその時・・・

!?



何と!
対向車がセンターラインを割って、対向車線へはみ出してカーブしてきたのだ!



もし私が速度を落とさずカーブに入っていたら・・・

もし私がカーブで膨らんでいたら・・・

危うく正面衝突するところだった。



もう心臓バクバク。
怖かった。



助手席に乗っていた主人曰く。


この辺りでは2車線を使ってカーブを曲がるヤツが多い

らしい。
所謂「out in out」を車線内ではなく、対向車線も使って曲がってくるというのだ。



歩行者が少なく、通行する車輌も市街地程多くはない
とはいえ・・・。

主人は

これがこの辺りのローカルルール
だと云う。

勿論、法規を守って安全運転しているドライバーもいる。

だが。




制限速度+20km/h over

明らかに危険と思われる車間距離

どうやら前車にべったりとくっついて走っている運転手自身に自覚はないらしいが、べったりとくっつかれると「煽られている」ように感じる運転手は多いと思われる。
この意識の差は事故を誘発しかねないと思う。


対向車線も使ってのout in out

見通しの悪い信号機のない交差点で一旦停止又は減速しない

対向車線に(対向車に向かって)駐停車する

50ccバイクが歩道を走る

交差点での右左折時、巻き込み確認(目視)をしない

シートベルト未着用

運転しながらの携帯電話の通話(ハンズフリー以外)やメール


これらのローカルルール(?)はあくまで人通りや交通量の少ないローカルだから通用しているのであって、市街地や都市部で同じ事をしていれば事故を起こして当然と云えるだろう。
実際、地元での事故や違反検挙は少ないらしいが、市街地や都市部では事故や違反検挙は多いと聞く。



地元住民として恥ずかしい話だが、あまりにも無謀と思える運転・運転手が多いので書いた。




AD

譲り合い

テーマ:

「どぅぞ」
「有り難う」

こんな遣り取りを見聞きすると
マナーの悪い若者達の中にも
ちゃんと「優しい思い遣り」を持った人もいるんだ
と嬉しくなる。


今朝、腰痛の為起き上がれずに、
いつもよりかなり遅い電車に乗った。

ラッシュアワーは過ぎていたが、
まだ座席は一杯の状態。

ある駅に着き、座っていた乗客が降りると、
私の隣に立っていた若い男性が空いた席に座った。

が・・・
直ぐに立ち上がった。

「どぅぞ」

と幼子を抱いた女性に席を譲ったのだ


混雑した車内で『優先座席』に座り、
居眠りをしている高校生
化粧をする女性
漫画雑誌を読んでいる男性
果てはメールをしている若者達。
(『優先座席』付近ではケータイの電源を切るのが常識だろっ!怒)

目の前にお年寄りや妊婦さんが立っていても知らん顔。

例え『優先座席』でなくとも、
お年寄りや妊婦さんに席を譲るのが当然の行為(マナー)ではないのか?

「譲り合いの精神」
と云う言葉や行為は最早「死語」なのか?

朝からテンションの下がる行いを毎日のように見ている。
そんな中で、今朝のような行動を自然に取れる若い人を見ると嬉しくなる♪

腰は痛かったけど(苦笑)、
心はほんわかと軽くなった朝だった。



AD

制服

テーマ:

もぅ直ぐ6月。
6月から「夏服」に変わる。
所謂「衣替え」である。

制服のある職場で働かれている皆さんは、
この制服の管理はどのようにされていますか?
大切に扱っていらっしゃいますか?
そして、何年着用していらっしゃいますか?

例えば学生の頃。
小学校だと、6年間もある訳だから、成長に合わせて(デザインは変わらずとも)何度か買い換える事でしょう。

(私の母校は私服でしたが^^;)
中学校だと、初めに少し大きめの制服を用意し3年間使用する。
高校でも、基本的には3年間使用。

それぞれ、夏服・冬服が有り(私学では間服もあるらしいが)、2着を3年間着通す事になる。

元気な学生が着用するものだから、生地は丈夫な物を使用している。
これは、会社の制服にも共通している事である。

だからといって、乱暴に扱っていると、瞬く間にボロボロになる。

生地は綻び、糸も解れ、よれよれ・・・。
汚れも落ちにくくなり、どろどろ・・・。


さて、我が社の場合、女子に限り事務服が支給されている。
大体2年に一度、制服の入れ替え(買い換え)を行ってきた。

ところが、前回入れ替えを行わなかった。
その最大の理由は・・・
   経費の抑制(事務服って結構えぇお値段するんよ^^;)
そしてこの理由を支えている(?)のが、
   まだ着られる
と云う事。

纏めてみよう。
   まだ着られるのだから、買い換える必要はない
と云う事だ。

そしてこの6月に衣替えを迎える。

足かけ4年目の夏服である。
色が淡い(薄いピンク色)為か、洗っても落ちない汚れが所々ある。
しかし、着られない訳ではない。
ただでさえ物持ちのよい私(苦笑)。
週5日着用するが、傷みは少ない(と思う)。

5月31日までの冬服も足かけ4年着用。
流石にヨレとボロさが目立ってきた。
ブラウスに至っては、汚れが落ちなくなっている。
もぅ「限界」だろう・・・。

と云う事は、夏服も今年が正念場か(苦笑)。



本当は、前々から考えていた(思っていた)事がある。

それは、制服の廃止

お客様に直接接する立場であるし、決定権のない事務職である事を明確にする為にも、事務服の着用は有効であるとは思うのだが・・・。
元々通勤にはスーツを愛用。
現在、女子事務員は私だけ。
名古屋営業所も1人だけ。
しかも、名古屋営業所は、6月末日を持って閉所する事が決まっている。
ならば、わざわざ制服(事務服)を用意しなくてもよいのでは・・・。


と云う事で、冬服が終了する時に提案してみようと思う。

   制服を廃しスーツで勤務

よれよれになっている事務服を着ているより、ずっとえぇと思ぅんやけどなぁ(苦笑)。

AD

雨の日

テーマ:
今日は雨。
朝から雨。

駅構内や電車内、
地下街等では、
傘の柄の部分を腕に掛け、
出来るだけ側の人に当たらないように
私は気を付けている。

しかし、周りを見ると・・・
斜めに持つ
真横に(路面と平行に)持つ
あろうことか、ぶらぶらさせている

混雑している朝夕のラッシュ時。

私は何度もそれらの傘で突かれる

出来るだけ当たらないように、
側を通らないように、
気を付けてはいるのだが・・・。

周りの迷惑を考えろよな。
痛いっちゅうねん!
危ないっちゅうねん!

つい、後からわざと
当りに行く
私が居たりする^^;

気付けよ!
お子ちゃまやないねんから、
せめて、
傘を振り回すのだけは止めてよね!!
何れにせよ、
ケースバイケースでしょうが、
営業」だろうが、
事務」だろうが、
先輩」「後輩」という見方をすれば、
呼び方は自然に決まってくるのではないでしょうか?

と云う事で、
問題の答えは・・・
どちらでも可
です。
まぁ、強いて云えばやはり
○○さん
と呼ぶのが無難でしょう。

皆さんは、どのように思われますか?


余談ですが、
以前、家族経営の有限会社に勤めていたときのこと。

社長の奥様は経理を担当されていて、
役職は「専務」でいらっしゃいました。
が、社員達は皆「奥さん」と呼んでいました。

ある時、
社長(ご主人)念願の「株式会社」に改組する事となり、
これからは奥さんの事を「専務」と呼ぶように
と指示が出されました。
それ以外にも、
今まで社員達は役職に拘わらず
皆「さん」付けで呼び合っていたのですが、
○○所長」「○○部長」「○○課長」と
役職名を付けて呼ぶように
とも指示が出されました。
長年、お互い「さん」で呼び合っていたので、
暫くは、変な空気が社内に流れたものです^^;

会社によっては、
あだ名」で呼び合うように
規定されているところもあるそうな・・・。
(お互い、本名を知らないらしい・・・)

会社の規模や、雰囲気にも因るのでしょうが、
お互いに尊敬しあえて
お互いを尊重しあうような呼び方であれば、
社会人としての一般常識から外れる事は無い
と思うのですが。ねぇ?

因みに、私の基準は、
年齢の上下+在職年数
です。
実は、以前このケースで、
私が新人くんのことを「○○くん」と呼んでいたら、
当時いらっしゃった営業職のおばさん(当時55歳・現在は退職)に
「なんぼ年下や云うても、営業に対して『くん』はアカンやろ!」
と、こっぴどく注意されました(><)

私にとっては、
年下と云うか、後輩的な感じだったので、
くん」付けしていただけなのですが・・・。
加えて、
営業に対して
という言葉に酷く傷つけられもしたのです。

そりゃあ、
直接的に会社に利益をもたらす「営業」が
メインスタッフであるのに対し、
間接的にしか会社に貢献出来ない「事務」は
サポートスタッフです。

会社内での地位は
確かに「営業」の方が上でしょう。

しかし、
「事務職」であることに、
誇りを持って仕事に取り組んでいる私としては、
何だかバカにされたようで、
酷く悔しかったのです。

それでも、
その時は「くん」から「さん」に変更しました。
無礼講宴会の時は「くん」のままでしたけどね^^;
(現在、彼は退職しています)

その後、
再び、同じ状況の営業マンが入社したのですが、
彼は、名古屋営業所勤務。
直接顔を合わせる事も滅多になく、
電話でのやりとりくらいしかないせいか、
彼が所長になった今でも
私は「○○くん」と呼んでしまいます。

所長になった彼も、
何故か私には「丁寧語」で話します。

年下だからか?
はたまた、在職年数の差か?
いや・・・まさか・・・
私が「お局様」と化しているから・・・
とでも云うのだろうか!?

ま、確かに、
所長である彼から、
何かと相談を持ちかけられたりはしているが・・・。

話が逸れてしまいましたね・・・^^;
三月も後半になれば、新入社員がやって来ますね。

ま、我が社は少数精鋭で(?)やっていますので、
新入社員とは殆ど縁が有りませんけど・・・^^;

さて、皆さんは、
新卒に限らず、中途採用であっても、
新人くん(さん)を何と呼びますか?

勿論、同じ部署にやって来た新人くん(さん)には、
「○○くん」「○○さん」
と呼び掛けていらっしゃる事でしょう。

しかし・・・
もしも、この新人くんが、
自分より年上だったらどうしますか?
まぁ、考える迄もなく「さん」付けでしょうね。
少なくとも呼び捨ては・・・アリ?
う~ん、私の経験上は、ナシですね。

では、同い年だったら?

さん」付け、若しくは「呼捨て」でしょうか。
この場合の「呼捨て」には、同い年であることの、
何と言いますか・・・「気安さ」みたいなものがあるのでしょうから、
呼捨て」された方も、別に気にはしないでしょう(多分)。

では、年下だったら?

男性社員なら「くん
女性社員なら「さん
若しくは「呼捨て」でしょうね。
実年齢でも自分の方が年上ですし、
社会人としてもそうでしょうし、
会社内での立場から云っても許される事でしょう。

私はず~っとこのように考えていました。

さて、ここで問題です。

私=28歳。女子事務員。役職無し。
新人くん=26歳。中途採用の営業マン。
この場合、私は新人くんに対して、
「○○くん」と呼んで良いのでしょうか?
それとも
「○○さん」と呼ぶべきなのでしょうか?