発熱

テーマ:

未だ後一日あるが、今週を振り返ってみよう。

19日(月)
前日の夜から、何だか身体がチカチカ・ピリピリすると思ったら、朝から発熱(39度)してしまった。
5時に目が覚め、頓服の解熱剤を飲む。
9時40分。社長からの電話で再び目覚める。
(眠ってしまった・汗)
状況を説明し、休ませて頂こうと思ったが、
「今日はごっつう忙しい。来てくれないと困る!」
と叱責(?)を受け、フラフラしながらも出勤。
電車内や、ホームで倒れてしまいそうだったので車で出勤。
(これも危険だとは思ったが・・・^ ^;)
熱の所為か、薬の所為か、頭が回らずテンパリながらも何とかこなした。

20日(火)
やはり朝から発熱。
頓服薬を飲み、出勤。
前日、やり残した仕事があったので、普段より一時間早めに事務所に入った。
前日は、本当に頭が回っていなかったのだろう。
ケアレスミスを次々と発見!(涙)
社内的なミスだったので、こっそり処理(笑)。
この日も、目の回るような忙しさだった。
なのに・・・やはり・・・
熱の所為か、薬の所為か、頭が回らずテンパっていたようだ。

21日(水)
服薬しているにも拘わらず、一向に熱が下がらない。
手持ちの頓服薬が無くなってしまったので、病院へ行っておとなしく寝ていよう
と思っていたのだが・・・
事務所に電話をすると社長が出て、所長が未だ来ていないと云う。
もしや、所長もダウン!?
病院にだけは行かせて頂き、出勤することになった。
(通勤途中の病院ではないので、車で移動)
ところが、事務所に着いてみると所長がいらっしゃるじゃないか!?
私の顔を見るなり所長が一言
「出勤してくるって解っていたら、ワシ休ませてもらったのに」
・・・・・・。
社長には「病院へ寄ってから事務所に向かいます」って云ったのに(謎)。
ひとしきり嫌味を言われた後、月・火に出来なかった仕事を片付けた。

22日(木)
所長が「病院に行く」と云って、前日の内に有給休暇を申請。
(と云っても、社長が直帰すると云って出かけた後だったが・・・)
社長は接待ゴルフで終日不在。
私一人で留守番である。
昨日までの発熱も今朝は無事に下がり、
「留守番?お任せあれ~(^-^)v」である(爆)。

そして今日。
只今、23日(金)00:05
今日の仕事は特に予定がない。
前日に引き続き、ひたすら「はんこ押し」な一日になりそうだ(笑)。
4時に起きて、W杯(日本vsブラジル)をテレビ観戦したいが・・・
無理だろう。
きっと起きられない。
いや、絶対に起きられない(キッパリ!)。
素直に諦めて、ゆっくり・たっぷり睡眠をとり、今日の仕事に備えよう。
今思うに、朝方の発熱が続いたのは、お薬を飲んで一時熱を下げても、身体を休ませなかったが為だろう。
気力一つで勤務できることは解ったが、ミスを犯してしまうのは頂けない。
やはり、私に「無理は禁物」と云う事か・・・。
そして、初日の発熱は兎も角、二日目以降の発熱はきっと・・・
『知恵熱』だったに違いない!(爆)



AD

留守番

テーマ:

今日は、一人で留守番状態だ。

社長はゴルフ。
所長は有給。

一人だから忙しいのかと云えば、今日は全くもって暇である。

朝から来客はアポイントメントのあった1名だけ。
電話はどこかの営業電話しか鳴らない。

おかげで休日出勤をしているかのような静けさである(苦笑)。

従って、仕事が捗る。
「はんこ押し」だが・・・(爆)。
   未だやっています「はんこ押し」(>_<)
   まだまだ有ります「はんこ押し」(- -;)



AD

逆転

テーマ:
我が社が入っているビルの
少なくとも事務所が入っている階の炊事場が常時「水浸し」になっていると云う事は
以前も書いた
炊事場を使った他の会社の女性達が片付けない・拭かないからである。
酷い時には足下もびしょ濡れになったまま放置されている。



先月のある日。
洗い物をしようと炊事場に行くと、隣の会社の男性が使っていた。

10分後・・・未だ使っている。
何を洗っているのだろう?
と思っていたら、どうやらエアコンのフィルターを洗っていた様子。

更に5分後。
・・・未だ使っていた。
が、私に気付いた彼が、
「あっ!すいません(汗)直ぐ終わりますから」
と云って片付け始めた。

フィルターを拭き、
流し台を拭き・・・。

!!!!!!

女性達は拭かないのに、
男性が拭いてくれるだなんて!!!!!!

思わず
「○○さん(社名)の所は、女性は放ったらかしなのに、男性はキレイに拭いて下さるんですね」
と云いそうになってしまった(苦笑)。



AD

『ニャ夢ウェイ』

テーマ:

『通勤本』として紹介しますが、

決して『通勤本』として
電車内等では読まないで下さい!

松尾 スズキ, 河井 克夫
ニャ夢ウェイ



オモシロ過ぎ。

カワイ過ぎ。

読んでいると、顔の筋肉が緩む程度では済まされない。

ぶわっはっはっは!!!

と声を出して笑ってしまう。


オモシロ過ぎ。
カワイ過ぎ。


自宅の自室で、こっそり読む事をお勧め致します。