本日のカレーは、山梨県の「県立富士山世界遺産センター」内で提供されていた『赤い富士山カレー』をレトルトカレーにしたもの。
 

 

唐辛子と山椒の痺れる麻辣風味がする、見た目通りの辛口カレー。

これだけ赤いのに、甘口だったら逆にビックリです(笑)。

 

パッケージのように盛り付ける為の作例が書いてあるのですが…

 

 

 

普段、ちゃんとした料理を作った事もないのに加え、芸術的センスのない不器用人間に、これは無理です(笑)。

 

とりあえず、ご飯を盛ってみて、

 

 

 

恐る恐る、カレーをかけてみました。

 

 
富士山には程遠い出来映え…。
 
そもそも、ベースの山盛り御飯の形が丸っこい時点で、もう失敗は見えていました。
 
まぁ、カレーで大事なのは、見た目よりも味ですよ。
 
image
 
こんな事が書いてあると、食べる前から身構えてしまうのですが、
 

 

 

 

食べた途端にピリピリした辛さで舌が痺れましたが、後を引かずに消えてくれるので、逆に程良い刺激が食欲を増してくれます。

 

途中、何度か水は飲みましたが、とんでもなく辛い~という程ではないかな。

 

 

 

image
 
パッケージの盛り付け方を真似すると、どうしてもルーが多めになってしまいますが、もう少し御飯とのバランスを考えると、もっと食べやすいかもしれません。