イギリス菓子&シュガークラフトでふんわり至福時間 《東京》

イギリス発! シュガーケーキ、アイシングクッキー、イギリス菓子、アフタヌーンティーを通じ
イギリスの魅惑的なお菓子の世界と至福なお茶時間をお届けしていきたいと思います。
日々のこと、時々和のティータイムも綴ります。
〜Felicity time〜


テーマ:

 

こんにちは!

 

 

日に日に寒さが増し、本格的な冬到来を感じるこの頃。

コート、マフラー、手袋の防寒セットは欠かせません。

みなさまも暖かくしてお過ごしくださいね。

 

 

 

さて今日はそんな寒さも忘れる?!

ワクワク♪ホット♪な3つのスペシャルイベント情報

お届けしたいと思います。

 

 

そのスペシャルイベントとは・・・?

 

 

クリスマスまでのアドベント期間に

英国、パン、文房具の世界にそれぞれどっぷり浸れる

日本最大級の祭典が開催されますにこ

 

 

耳にするとなぜかキュンとしてしまう言葉(笑)

英国好きはもちろん、誰もがときめいてしまうテーマですよね。

 

 

 

 

 

グレート・ブリティッシュ・ウィークエンド

 

今年も各地のデパートなどで英国フェアが行われ

大盛況でしたね。

 

今回のイベントは日本最大のイギリスの祭典で

新たな試みなのだそう1105

英国を代表する食、ファッション、音楽、自動車など

英国カルチャーのさまざまな魅力に触れられる貴重なイベントです。

 

来年1月に日本公開の映画「パディントン2

のプロモーションもあるようです。

会場でくまのパディントンにも会えるかも?!

 

 

 

information

 

◆開催期間

12/8(金)18:00〜22:00(本日です⭐︎

12/9(土)10:00〜22:00

12/10(日)10:00〜18:00

 

◆開催場所

六本木ヒルズアリーナ

(東京都港区六本木6−10−1)

 

入場無料

 

◆公式サイト

http://www.thegreatbritishweekend.com

 

 

 

 

文具女子博

 

文房具って意外とお好きな方多いのではないでしょうか?

 

ペーパーアイテムにノート、スタンプ、マスキングテープ、シール、ペン・・・

可愛いくてオシャレな文房具を見るのは

とても楽しくプチ癒し時間でもあります♪

 

便利なだけではなく、

いつもの日常がちょっとだけ特別な気分になったり、

もはや魔法のアイテムと言ってよいでしょう。

 

今回は日本の文房具メーカー71社が集結する

女子には嬉しいビッグイベントになるようです1105

 

 

 

information〜

 

◆開催期間

12/15(金)10:00〜17:00(最終入場16時)

12/16(土)10:00〜17:00(最終入場16時)

12/17(日)10:00〜16:00(最終入場15時)

 

◆開催場所

東京流通センター 第二展示場 Fホール

(東京都大田区平和島6−1−1)

 

入場料¥500

 

◆公式サイト

https://bungujoshi.com

 

 

 

全日本パンフェスティバル

 

みんな大好き!なパンが

会場いっぱいに埋め尽くされるビッグイベント♡

芳醇な香りが漂う中、大好きなパンに埋もれることができるなんて、想像するだけでも幸せな気分になっちゃいますね。

 

全日本というだけあって日本全国のあの街のパンが

多数集結するそうです。

 

販売ブースのほか、親子でパン作りのワークショップも楽しめます。

会場では懐かしい学校給食のあの揚げパンも振る舞われるとか!

 

パン好きにはたまりませんね1105

 

 

information

 

◆開催期間

9日(土)10:00〜17:00

 

◆開催場所

東京国際フォーラム

(東京都千代田区丸の内3−5−1)

 

入場無料

 

 

◆公式サイト

 

http://www.oishii-pan.net/event/festival/2017/index.html

 

 

 

 

 

 

公式サイトをみるだけでも、もうホックホクな気分。

大人も子供もみんなで楽しめるそんなイベントだと思います。

 

 

ぜひ週末のお出かけの際に

参考にしていただけたら嬉しいです。

 

 

お読みいただきありがとうございました。

素敵な一日を♪

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

こんにちは!

 

早いものでもう12月ですね〜。

今年のカレンダーがついに最後の1枚となり

残りわずかとなりました。

みなさまはどんな一年だったでしょうか?

 

 

さてさて、みんなが選ぶ大好きなお花の中でも

人気のお花の一つ「ローズ(薔薇)ピンク薔薇

見た目の美しさと優雅な香りは

昔も今も変わらず多くの人を惹きつける魅力があります。

 

 

ローズといえばよく英国をイメージすることも多いですが

イングランドの国花でもありますね。

 


実はシュガークラフトの技術で作るローズも

生徒さんのあいだでとっても人気なんです。

シュガーケーキを作るなら必ず習得したい定番のお花でもあります。

 

 

こんなふうに普通のカップケーキのトップに飾っても

ぐぐぐ〜っと素敵に変身!

やっぱり一度は作ってみたい、みんなの憧れの存在です♡

 

 

 

 

少し前ですが、

シュガークラフト専門店のウィッチクラフト(東京)さまで開催されている

興味深い講習会を見つけて行ってきました。

 

それが「ひたすらバラを作る(極める)レッスン」

ですにこ

 

 

講師はピムリコシュガーアートのSatoko先生(★★★)。

イギリスのカレッジや日本でシュガークラフトを学ばれ

国内外のコンテストでも数々の賞を受賞をされている

素晴らしいキャリアをお持ちの先生です。

 

 

そんな先生の手から生み出されるシュガーフラワーは、

ひときわ繊細でリアル。

花びらの一枚一枚がとっても薄くて

まるで生きた本物のお花のように美しいんです♡

 

 

 

この日は数種類のシュガーペーストを習い

数種類のカッターを使用した色々なバラをひたすら作りましたよ。

葉っぱもみずみずしく、よりリアルな感じになっているでしょう?

 

 

使用するシュガーペーストはそのお教室によって違いますし

先生独自の配合であったりするので

どれが正解というのはありませんが

自分の手に合ったペースト(配合)を見つけることも

上達の近道になるそうです。

 

 

 

みなさまのローズと一緒に並べてパチリ。

 

 

圧巻ですよね〜。

 

 

 

何より先生の持っている知識と

技術を惜しみなく伝授してくださる姿勢。

かゆいところに手が届くと言ったらよいでしょうか、

生徒さんの一番知りたいところを

先回りして一つ一つ具体的に丁寧に説明してくださる

その熱心な姿勢にひたすら感服!

 

おかげで自分の作りたいシュガーローズのゴールを明確にイメージすることができました。

 

 

こうしてお花作りに没頭するのも楽しいものです♪

 

 

シュガークラフトには欠かせない定番のお花や

新しいお花などをピンポイントで約4時間みっちり学ぶことができるので

ブラッシュアップしたい方や、お花作りをひたすら楽しみたい方にはかなり充実した内容になります。

 

 

今月は学びの月♪

イギリス菓子やシュガークラフト、和のお稽古で楽しみなことが待っています。

良質な情報をたくさんインプットして(アウトプットも・・・ですね)

充実した一年で締めくくれるよう

一日一日を大切に過ごしていきたいと思います。

 

お読みいただきありがとうございました。

それではみなさま、素敵な日曜日を♡

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

こんにちは!

 

ご訪問ありがとうございます⭐︎

 

朝晩の冷え込みが身にこたえる時期となりましたね。

 

クリスマスシーズン到来を予感させるイルミネーションや

ツリーを街中でちらほらと見かけるようになりました。

 

 

 

 

 

ちょうど去年の今頃は英国伝統の

本格的なクリスマスシュガーケーキを習いました。

 

2ヶ月に渡って熟成させ手間暇かけて完成させたケーキ。

ドライフルーツが苦手だった私にとっては

今までの常識を覆した絶品ケーキとなりました。

 

あれから1年。

新しい試みをしてみたいこともあり、

今年は一人で挑戦することを決意。

 

フルーツの漬け込みから始めて、毎日毎日かき混ぜながら

「おいしくなりますように!」と話かけています(笑)

 

このクリスマスケーキのエピソードは別の機会にご紹介させてくださいね。

 

 

さて前置きが長くなりましたがこの赤〜い包み紙、ご存知でしょうか?

 

一度はみたことがある方も多いかと思います。

 

※サイトよりお借りしております。

 

 

そう、リンツチョコレートです。(★★★

 

 

リンツといえばスイス発のプレミアムチョコレート。

カラフルでメタリックな包みが印象的ですよね。
 

フレーバーのバリエーションも多く

シェルからとろけるフィリングは上質でなめらかな口当たりです。

 

 

最近では路面店やカフェ併設の店舗が全国展開し、

より私たちの身近な存在になったよう気がします。

 

 

 

 

実はそんなリンツチョコレートのクリスマスが

とっても熱いんです!

 

とくに数年前から発売開始した期間限定のアドベントカレンダーは、大人気で

すぐに品薄になってしまうことで有名です。

 

 

アドベントカレンダーって何?と思う方もいらっしゃいますよね。

簡単に言えばクリスマスまでの日数を数えていくためのカレンダーなのですが

イエスキリストの誕生を待つアドベント期間に

毎日窓を一個づつ開けていくというもの。

全部開け終わったらクリスマスを迎えます。

 

窓の中にはチョコやキャンディーなどが入っていたりと楽しみながら日めくりができるんですよ。

 

 

というわけで今年はリンツのテディーシリーズを買ってみました。

 

 

 

パッケージがかわいいのでこのままインテリアとして飾っておきたいくらいなのですが

せっかくなので、クリスマスまで一日づつ日めくりしていきましょう。

 

 

こちらの数字の部分の窓を順番に開けていきます。

何が出てくるかはおたのしみです♡

 

 

 

内容が気になると思うのでちらっとご紹介♪

 

クリスマス限定のリンツテディーのチョコや

ミニタイプのチョコボール、

リンツテディーのお友達チョコなどが隠されているようですね。

 

 

 

 

 

 

 

そしてこちらはミニリンツテディーのチョコレート。

今年は一個づつ切り離しができるようになったので

ちょっとしたプチギフトにしてもオススメです。

 

 

穴にリボンを通してクリスマスツリーに飾るのもいいですよ。

 

 

※サイトよりお借りしております。

 

 

 

 

忘れてはいけないのが定番のリンドール。

現在リンツの店舗では量り売りもしており

お好みのフレーバーを好きなだけ購入することができます。

100gで700円ほどでしょうか。

4個で398円でしたので1個あたり100円ですね。

 

 

クリスマス時期にはこのオーナメントのようなリンドールが大活躍。

包みの色味がクリスマスカラーなので大変重宝しています。

 

 

 

 

 

 

レッド(味:ミルク)+グリーン(味:キャラメルシーソルト)

 

 

 

 

レッド(味:ミルク)+ゴールド(味:ファッジスワール)

 

 

 

 

ブルー(味:ダーク)+ゴールド(味:ファッジスワール)

 

 

 

こんな風にクリスマスカラーの組み合わせがあっという間にできてしまうのです。

 

お気に入りのグラスや、透明ボウルなどにたくさん入れておくと

いつものテーブルコーディネートもグッとおしゃれになります。

 

 

ちょっとしたプレゼントの脇役にしてもよし!

ワンランク上のプチギフトになることに間違いありません。

 

 

 

ぜひこの期間にリンツチョコレートでクリスマスを楽しまれてみてはいかがでしょうか?

 

 

それではみなさま素敵な一日を♪

 

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(1)

テーマ:

 

こんにちは!

 

肌寒さが増し、秋がより一層深まってきたなあと感じるこの頃です。

みなさまいかがお過ごしでしょうか?

 

秋は春に続いて

「新しいことに挑戦したくなる季節」にこ

なんだそうです。

 

私はこれから訪れる新しい季節の始まりに

とってもワクワクしています♪

 

 

さて先日、

イギリス菓子を代表するバッテンバーグケーキを

作りました。

 

 

 

 

 

バッテンバーグケーキとはきらきら。

 

 

イギリス女王の孫娘が
ドイツのバッテンバーグ家に嫁ぐ日の為に
作られた由緒あるケーキ

 

 

この市松模様は教会のステンドグラスの窓にもみえることから

「Church Window Cake(チャーチウィンドウケーキ)」と

呼ばれることもあったそうです。

 

 


な〜んて奥深いお菓子なんでしょう。

 

それにまるで恋をしてしまいそうな?!

華やかでとても可愛らしいケーキですピンク薔薇

 

 

以前スライスしてみなさまにプレゼントしたら

 

「何このケーキ!可愛い♡」

「これイギリス菓子なの?!」

「また食べたいです!」

 

と女性に好評でした。

 


今回、リクエストをいただいたので

久しぶりに復習も兼ねて再挑戦。

 

 

 

 

 

 

素朴な見た目が多いイギリス菓子にはめずらしく

乙女ごころをくすぐられます。

 

 

どんなケーキかというと

スポンジはパウンド型かスクエア型を使って

プレーン生地とピンク生地の2色を焼き上げます。

ピンクの部分は、色素を使って着色。

スポンジが焼きあがったらカットして

長いサイコロ状のピースにします。

 

カットした接着面となるところに杏ジャムを塗り

パズルのように市松に組み立てます。


そしてその周りをマジパンでぐるりとカバー!

手作りのマジパンは本当に美味しいのでオススメですきらきら。

 

このケーキはマジパンとスポンジと杏ジャムのハーモニーが絶妙なんです。

 

なんとも言えない懐かしいお味。


 

 


イギリスに行くとスーパーでも普通に売られていますが

私の食レポ経験から、断然手作りしたほうが美味しいですね。

 

 

ちなみにベーキングの際は

こちらのスクエア型を使いましたよ。


31XLIgecLfL._SS500_.jpg


ベーキングシートを工夫するだけで

これ一つで黄色とピンクの生地が2種類焼けちゃいます。

 

 

 

じつは本場イギリスではこのように

バッテンバーグ専用の型も売っています。

 

 

41e32gUsxhL._SY400_.jpg

 


さすがイギリスのベーキンググッズは本格的ですね。

 

手軽に作れるスコーンやショートブレッドと比べて

作業工程が多く、手間もかかるケーキですが

綺麗に完成し喜びもひとしおですにこ

 


 

 


ご友人とのティータイムで振舞ったり、持ち寄りのパーティーの

手土産にしてみたりすれば、きっとびっくりされるはず♡

 

見た目もお味も女子力UP間違いなしのスイーツです。

 

それにしても!


シュガーケーキにアイシングビスケット、

スコーンやショートブレッド、ヴィクトリアケーキ・・・♡

アフタヌーンティースイーツは本当にいろいろ。


イギリス菓子はとっても幅広くて一つ一つが奥深い世界です。

お菓子の名前や由来を知るのもとっても楽しいんですよ。

 

魅力的なお菓子は他にもた〜くさんあります。


これからもどんどん発信していけたらいいなと思っています。

 

それでは今日はこの辺で!

 

素敵な金曜日となりますように♡

 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(1)

テーマ:

 

みなさま、こんにちは!

 

今日は月曜日♪

昨日の冷たい雨から一転。

澄み渡る空気がとても心地よいですね。

 

寒〜い日や雨の日はおうちで

ほっこりティータイムを楽しむのもいいですよ。

 

英国スコーンにたっぷりのクロテッドクリームと

イチゴジャムを添えて。

お気に入りの紅茶とともにいただく♡

プチ贅沢な時間ですよね。

 

 

さてさて、引き続きスコーンの食べ比べをしてみましたきらきら。

前回記事の「英国スコーン食べ比べ①」はコチラ→★★★

 

 

本日はこちらの3つです!

 

・ブリティッシュケーキハウス

・ジュリスティールーム

・フォートナムアンドメイソン

 

 

 

 

並べてみると、見た目で食感の違いがわかりますね。

それにしてもどれも美味しそう〜!

食べ比べなんて本当にワクワクしちゃいます。

 

 

 

せっかくなので半分に割ってみました。

 

 

 

生地の色も焼き加減もどれも個性豊かですよね〜。

小麦とバターの芳醇な香りがこちらまで漂ってきます。


 

 

 

 

プペコンブリティッシュケーキハウスプペコン

 

 

 

一度は行ってみたい湯河原にある憧れのティープレイスきらきら。

 

英国カントリーサイドのティールームから

ぽーんと飛び出してきたような素朴な佇まいです。

それもそのはず。カントリーサイドスコーンというお名前です。

 

もっとも特徴的だったのは生地の香りと味です。

噛めば噛むほど、香ばしく小麦の味を感じることができます。

素材にこだわり、丁寧に作られているのがよく分かります。

 

食感はサクっとしていて絶妙なバランスの

ホロホロ感でした♡

 

 

前回の英国展ではフルーツケーキも購入しましたが

とっても上品なお味でしたよ。

 


公式HP:http://www.tasteofbritain.jp

 

 

 

 

プペコンフォートナム&メイソンプペコン

 

 

 

イギリス本店のレシピで焼いているスコーンなのだそう。

見た目がホテルスコーンのように上品な感じですよね。

 

食感はかなりしっとり。

ソフトで、パンに近いです。

ほんのり甘いので、なにもつけなくても美味しくいただけます。

 

フォートナム&メイソンは、紅茶もジャムもお菓子も大好きです。

パッケージも素敵で高級感がありますし

贈り物にしてもベストアイテムなものが多くオススメです。

 

全国のデパートでもSHOPが常設されていますので

気軽に楽しむことができますね。

 

公式HP:http://www.fortnumandmason.co.jp/index.html

 

 

 

 

プペコンジュリスティールームプペコン

 

 

 

日本人で初めて英国の紅茶協会から「トップ ティー プレイス」賞というベストティールームの称号を受賞した宮脇樹里さんの

スコーン。

 

先月9月に日本橋三越に初めてティールームがオープンしました。

スコーンやケーキはテイクアウトすることができます。

 

こちらはプレーンですが、まず最も特徴的なのは

金色に輝いている?!ような上質な生地。

 

生地はしっかりしていますが

外はサク、中はふんわりしっとりです。

素材にこだわり丁寧な生地作りがされていました。

 

裏面までスベスべで完璧な焼き上がりだったのが驚きでした。

 

お裾分けをしたら、こちらのスコーンが

好みという方が多かったです。

今後、ますます人気が高まりそうですね。

 

参考ページ:

https://www.syokuraku-web.com/news/7910/

 

 

 

全体的に見ると・・・

素朴で小麦粉の風味を感じられる

こだわりのスコーンが多くなってきたような気がします。

 

これだけ英国展で、たくさんのスコーンを食べられるようになると

自然に味覚も鋭くなりそう爆  笑

まだまだ食べたいスコーンがたくさんあります!!

 

 

みなさまはどんなスコーンがお好きですか?

 

 

それでは今日も素敵な1日となりますように♡

 

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。