【若手社員との関係がうまくいかないと思ったら読む本】
~40代管理職が知っておくべき若手社員との接し方~
 

昨春、お手伝いさせていただいた谷口貴彦コーチのセミナー主催をされ宮本敦子さんの待望の1冊。
  
  
この本は、40代管理職に贈られたものではあるけれど、子育て、親との関わりなど、世代をこえた人と人との関わりにも置き換えることもできます。
 

 
 私の同年代となる40代は、宮本さんの表現を借りると、
 
 
「時代の変容と、加速するスピードの中でのエアーポケットにいて、自分を見失いがちな世代だけれど、現場で日々直接的に若手社員をはじめメンバーと向き合っている世代でもあり、この世代の頑張りがバトンを渡す次世代の成長に大きく関わってくる、そんな大事なポジションにいる世代」 
    
 

色んな意味で期待される年代なのでしょう。
互いに出会ってよかった!という関わり方が広まってほしいと思います。
 
 
 
  
書店で見かけたらぜひ!
Amazonでもぜひ!


心の基礎力である弾力レジリエンスを育てる

ライフデザインコーチの砂川めぐみです。

 

少しずつ街や日常が穏やかに戻ることを望む日々。

人と思うように会えない日々がありつつも

仕事で関わる人たちや

想いを同じくする人たちと

画面を通してでも話を聴き、話すことができるのは

現在のインターネット環境などのおかげです。

 

 

さて、すでに3週間前となっていまいましたが、

リボーンバレエ&ウェルネス協会代表 安田由香里さんの提案で

Facebookトークライブを開催。

私は初めて体験しました。

 

 

会えない方ともこうして2人でライブを配信できるというのは

本当にありがたい機会です。

 

育児に追われていたころにもこういった環境があれば、

対面ではない形でもコミュニケーションがより多くとれて

心の負担が少なくなったのかなと思うと同時に、

その環境があっても、ご自身の想い、感情を話す場がなく

働き方、子育て、自分の在りたい姿について

ただただ不安になっている人もいるのではないか・・・

と感じてもいます。

 

ただ、

「強くなれ!」とだけ言われても

人は突然強くはなれませんよね。

 

強いとはそもそも自分にとっては何なのか、

も大事です。

 

チェーロリッコで「弾力レジリエンス」と呼ぶ
ココロの基礎力となるしなやかな心の強さ。
 

それは、困難や逆境などが起こった時に、
それを受け止め、引き受け、本来の自分に戻せるチカラ、

とお伝えしています。

 

目の前におこった事実を

他人事ではなく、「自分ゴト」として受けとめて考え、

本来の自分の力を発揮できる状態に

鋼のような硬さではなく、

ボールが弾むような弾力性をもって回復するこの力を

私はなぜ育て、高めたいのか。

 

それは、物事の受け止め方が客観的で考え方が合理的で、

そのココロは仕事で能力を発揮したり、

快適で幸福な日々を送るための土台のようなものだから。

 

 
その「レジリエンス」を大切に思い
レジリエンス講座を始められた
リボーンバレエ&ウェルネス協会代表 安田由香里さんの提案で

「レジリエンス」について語ったトークライブ。

 

「弾力レジリエンスって?」について

私が話しをする姿もご覧いただけたり、

「そもそも、レジリエンスって?」についても

安田さんのレジリエンスミニ講座で解説されているので必見です。

 
********************
〜コロナ対策の今、考える〜
「折れないココロを育てるレジリエンスを
手に入れるには」
********************
https://youtu.be/okneGQoxFdE
  
  

私たちは強いストレス状況に
さらされる機会が多くなっています。
そのストレスに適応し、弾力性をもって
回復できる、立ち上がれる力として
レジリエンスを高めることがさらに大切になってくるでしょう。
  
  
レジリエンスとは何か、を学ぶ講座には
安田さんにぜひ。
     
あなたが目指す姿を実現するために
思考を柔軟にし
感情のコントロールを養いながら
レジリエンスを高めることを
マンツーマンで話すことで実践されたい方は砂川に。
    
 
皆様がそれぞれに
「自分は自分でいいんだ」「私はわたし」
と感じられるように。
私たちをお役立てください。

 

 

 

 
 
 

 
 

あなたの未来はあなたのココロが決める。

自分の物語を本気で生きたいあなたの行動の一歩をともに

 

ライフデザインコーチ 砂川めぐみ

 セッションのお申込み・お問い合わせ 

   未来デザインコーチングCieloricco  HP ⇨ こちら 

 

 

 


コーチング ブログランキングへ

    

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村


 

 

 

イベントご案内・お役立ち情報は
LINE公式にて↓
友だち追加

友人達の企画に参加。

映画『プリズン・サークル』をネットで観て語る会。

 

観た直後に

映画を通して感じる過去の私や、未来の私を語りあえた時間も

映画館の応援になるというのも魅力。

http://www.temporary-cinema.jp/prison-circle/

 

 

 

官民協働の新しい刑務所

「島根あさひ社会復帰促進センター」のドキュメンタリー映画。

40万人強の受刑者から40名ほどだけが受けられる

TC(回復共同体)というプログラム。

日本で唯一導入しているそうだ。

 

「対話」を基本にした教育特化プログラム。

サークル(円座での語り合い)を使って

犯罪の原因を探り、問題の対処法を身につける。

 

このプログラムを通して

彼らは変わっていく様子が私に教えてくれたのは

 

人は目を合わせて大切に扱ってもらうこと

相手の考えや感情を聴き、それに意見を伝えたり

自分の考えや感情を全てだして受けとめてもらって内省できることが

人が人であれる大事な根っこなのかということ。

そして

人を生かせるのも人なんだということ。

 

 

 

ぼくたちがここにいる本当の理由

 

この副題を見て湧いてきたのは

「私がここにいられる理由は?」

 

 

その伝え方の良い悪いはおいて

私は本音を語れたり、弱さを見せられたとき、

いや、そんな上品なものでもないかもしれないくらい

本当の感情を出しきったときが何度かあったからこそ、

その人たちとの関係があったからこそ

今、ここにいると思える。

 

 

あなたは本音を語ったり、弱さをみせたことはある?

あなたは本音を語り、弱みを見せられる関係はある?

 

あなたがいまここに生きられる理由は?

 

 

 

そろそろ本物の映画館に行きたい。

そんなことも感じる土曜の午後だった。

 

 

 
 

あなたの未来はあなたのココロが決める。

自分の物語を本気で生きたいあなたの行動の一歩をともに

 

ライフデザインコーチ 砂川めぐみ

 セッションのお申込み・お問い合わせ 

   未来デザインコーチングCieloricco  HP ⇨ こちら 

 


コーチング ブログランキングへ

    

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自分らしさへ
にほんブログ村


イベントご案内・お役立ち情報は
LINE公式にて↓
友だち追加