当帰芍薬散その後 | 大阪市平野区 5分で出来るおうち薬膳・薬膳パン教室

大阪市平野区 5分で出来るおうち薬膳・薬膳パン教室

管理栄養士である坂野圭保が教える家庭で使える薬膳講座・教室です。
お家で手軽に使える薬膳をお伝えします。
希望される方は薬膳パン講師の資格も取ることが出来ます。


テーマ:

おはようございます。おうち薬膳・薬膳パンの坂野圭保(さかのかほ)です。
 


先日、当帰芍薬散を飲んだら、なんだか体調が悪くなった・・・。と書いた記事。
 

その後の様子と原因究明。

 

 

最後に飲んだ日、なんだか元気がなくて、自分では気づいていないだけで、もしかして熱ある?とか思って熱を測ってみました。

何℃だったと思います?

 

なんと34.6℃

 

それだけ低かったら、そりゃ体調も悪くなりますね!

少しお昼寝したら36.1℃まで復活しましたが、それでも、まだ低いです。

 

 

坂野が薬膳を初めたきっかけが、低体温(当時34.8℃)が原因だったのですが、それを上回る低さ・・・。

当帰芍薬散を飲むのをやめて体調悪化がマシになってきたので、漢方の学びの資料をひっぱり出してきて復習。

 

 

当帰芍薬散は血の巡りによって熱を末端まで運ぶ作用があります。

 

なのに、なぜ低体温?って思うでしょう。

 

ここからは坂野の弁証です。

当帰芍薬散は身体の中の血や熱を末端に持って行く働きをします。

 

ですが身体の中の血や熱を増やすという作用は弱いです。

という事は坂野の場合、本来、身体の中に必要な血や熱も末端に持って行かれてしまって結果、生命維持に必要な血と熱不足で低体温になったと考えられます。

あくまで坂野個人の意見なので、これが正解かどうかは分かりませんが、当帰芍薬散を飲むのをやめてから、疲れがマシになったという事は、この弁証、あながち間違っていないのではないか?と思っています。

 

《氣》を増やす補中益気湯は飲んで3日で元気出てきたので根本体質として《氣》不足があるのかもしれませんね。
(氣には血や熱を作るという作用があります)

 

この場合、当帰芍薬散を飲むなら《氣》を補充しながら飲む必要がありそうです。

 

漢方薬しっかり学びを深めないとだわ~。

 

その前に自分の根本体質キチンと把握する必要がありますね(^_^;)

 

当帰芍薬散その後でした~。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。 坂野

 

 

 

 

管理栄養士が教える薬膳教室 Felice (フェリ-チェ)

定休日 日・祝日 

OPEN 9:30~15:30


メニュー一覧  / アクセス  /  お問い合わせ  / 予約状況

 

ライン@やってます。

友だち追加

お得な情報と毎週月曜日には食材の薬膳をお届けします。

 

喜連瓜破 出戸 長吉 長原 東住吉 阿倍野 あべの 堺 河内松原 河内天美 八尾 東大阪 生野 駒川 木ノ本 岸和田 天王寺 狭山 河内長野 姫路 放出 新森古市 住吉 川西 駒川中野 和歌山 藤井寺 国分 田辺 橋本 金岡 茨木 神戸 奈良 西大寺 枚方 舞鶴 京都 八幡 芦屋 生駒 中央区 尼崎 北葛城郡 岸和田

大阪市平野区瓜破おうち薬膳・薬膳パン坂野圭保さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス