■『障がい者の就活ガイド』障がい者として就活し、障がい者を採用する立場になった紺野大輝さんの本 | 前川孝雄の"はたらく論"

前川孝雄の"はたらく論"

「人が育つ現場づくり」の専門家集団(株)FeelWorks代表取締役の前川孝雄が、この国の人材育成・キャリア支援をあるべき方向に持っていく処方箋を書き綴ります。


テーマ:

そのお人柄と思いに共感し、

応援している紺野大輝さんの処女作

 


を読みました。

*****************************************

・いままで人に「ありがとう」とばかり言っていたのが、

 会社で働くことで、逆に人から「ありがとう」と

 言われる人生に変わった

 

・「障がい者とした働く立場」と「障がい者を雇用する立場」

 の両方の経験を積み重ねてきました

 

 

・従業員の50人に1人は障がい者を雇わなければなりません

 

・法定雇用率は1976年時点では1.5%でしたが、

 1998年に1.6%、1998年に1.8%、そして、

 2013年に2.0%に

 

 

・2016年4月に改正障害者雇用促進法が施行され、

 障がいを理由とした差別はいっさい禁止に

 

「障害者雇用納付金制度」

・2%を達成していない企業は不足人数1人につき

 毎月5万円の納付金を払わなければなりません

 

・2%を超えた人数につき月2万7千円の調整金を貰える

 

 

 

・2015年から101人以上の企業が対象

 

 

・従業員50人以上の企業は、毎年6月1日の

 障がい者の雇用に関する状況をハローワークに報告する義務

 

・2%の法定雇用率を達成している企業の割合は、

 一番直近のデータで47.2%

 

 

・いま民間企業で働いている障がい者は45万人

 

 

・民間企業の雇用障がい者数は前年比5.1%増、12年連続で過去最高

 

 身体障がい者は32万人、知的障がい者は9万7千人、

 精神障がい者は3万4千人

 

 

・精神障がい者の雇用が2018年から義務化

 

・障がい者の手帳には3種類

 身体障がい者、知的障がい者、精神障がい者

 

・身体障がい者の手帳には1級から6級まであり、

 1級と2級が重度、3級から6級が軽度

 

・精神障がい者の手帳には1級から3級まであり、 

特に重度・軽度という区別はありません

 

 

・身体障がい者と知的障がい者は、手帳を1回もらうと、

 そのままずっと等級が維持されますが、

 精神障がい者の手帳は2年ごとに更新が必要

 

・一般的に身体障がい者の軽度の方、知的障がい者の軽度の方、

 精神障がい者の方は、普通に働くと1カウントになり、

 重度の方は1人働くとダブルカウント

 

 

・常用雇用者は週30時間以上労働している方

 

 週20時間未満の労働の場合は、カウントに入りません

 

 

・障害者職業能力開発学校

 全国19校

 

・身体障がい者 

 平均勤続年数は10年

 

 

・障がい者は日本にだいたい700万人いますが、

 そのうち民間企業で働いているのは45万人

 

 

・障害年金には、障害基礎年金と障害厚生年金の2種類

 

 国民年金に加入している間に・・・ 

 平成28年4月分からは1級の方は97万5125円、

 2級の方は78万100円の障害基礎年金をもらえる

 

 1級と2級

 障がい者手帳とまったく関係ありません。

 診断を受けて申請する必要があります

 

 

 厚生年金に加入している間に・・・

 障害厚生年金

 

 

・特例子会社

 雇用されてる障がい者が5人以上で、

 全従業員に占める割合が20%以上

 雇用されている障がい者に占める重度身体障がい者、

 知的障がい者、精神障がい者の割合が30%以上

 

 2015年6月1日現在で422社あり、

 1万7003人の障がい者が働いています

 1社あたり約40人

 

 10年前と比べると、

 特例子会社の数は2.4倍、そして、働いている障がい者数は3.5倍

 

・障がい者専門の就職サイト「サーナ」

 

 

・障害者就労移行支援事業所は、

 全国に2952事業所あり、2万8637人の方が利用

 

 就労系障がい福祉サービス

 障害者就労継続支援事業所

 

 雇用契約を結ぶA型と雇用契約を結ばないB型の2種類

 それぞれ4万人、19万人の障がい者が利用

 

 

・会社の中には障がい者の相談窓口があります

 

 さらには、障がい者が5人以上働いている事業所には、

 障害者職業生活相談員が1人以上いる

 

****************************************

 

タバーシティ・マネジメント推進を多くの企業で

支援するFeelWorksですが、

紺野さんの本から、あらためてたくさんの学びを頂き、

勉強になりました。

 

障がい者として生まれ、

努力と工夫を重ね続け就活し、ついに

障がい者を採用する立場の人事になった

紺野大輝さんだからこそ書けた本だと思いました。

 

障がい者として就活しようとしている方はもちろん、

障がい者を雇用しようとする企業経営者・人事の方は

必読の一冊です。

 

 

 

 

 

すべては、この国に「人が育つ現場」を取り戻すために。

 

■今年渾身の新刊、書店で売行き1位続々♪

「働きがいあふれる」チームのつくり方 (ベスト新書)/ベストセラーズ

¥950

Amazon.co.jp


 

■ありそうでなかった実務入門書、好評発売中♪■

この1冊でポイントがわかる ダイバーシティの教科書/総合法令出版

¥1,620

Amazon.co.jp
 

■約2年ぶりの最新刊、おかげさまで売れています♪■
上司の9割は部下の成長に無関心 「人が育つ現場」を取り戻す処方箋 (PHPビジネス新書)/PHP研究所

¥918

Amazon.co.jp

 

 
苦手な人ほど上手にできる 女性の部下の活かし方 (メディアファクトリー新書)/メディアファクトリー
 
¥777
Amazon.co.jp
 

あたりまえだけどなかなかわからない 働く人のルール (アスカビジネス)/明日香出版社
 

¥1,365

Amazon.co.jp

()FeelWorksの活動は、以下でもチェックくださいね
◆FeelWorksのホームページ

 

前川孝雄@FeelWorks代表取締役さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス