■感動のキャリアナビゲーターズゼミ卒業発表会。この時期だからこそ開催してよかった。 | 前川孝雄の"はたらく論"

前川孝雄の"はたらく論"

「人が育つ現場づくり」の専門家集団(株)FeelWorks代表取締役の前川孝雄が、この国の人材育成・キャリア支援をあるべき方向に持っていく処方箋を書き綴ります。


テーマ:

震災から一週間経った3月19日の土曜。

弊社が主宰するキャリアナビゲーターズゼミ2期生の

卒業発表会を開催いたしました。


日本全体が茫然自失となり、

悲しみに暮れているタイミングでこの時期の開催には

運営責任者の豊田とも相当悩みました。


私は、日本が復興するには、それぞれの人たちが、

「普段どおりの仕事と生活」を取り戻すことが大切だと考えています。

働く私たちは、経済を正常に回していく努力をすることが欠かせないと。


何より、決め手になったのは

ゼミ生である経営者、営業部長、人事のみなさんは

人災を免れ、参加可能であることでした。



ゼミのOBを中心にたくさんの聴講者もご参加。
前川孝雄の"はたらく論"


大変嬉しいことに、松本隆博さんも応援に駆けつけてくださいました。

前川孝雄の"はたらく論"
松本さん、有り難うございまました。



卒業発表会の前半部では、ゼミ生のみなさんの

1年間のアクションラーニングの振り返りを発表。


■ベテラン人事Fさん

「評価制度の運用改善によるヒット商品開発の変革」


■経営者Iさん

「業績を伸ばす組織の構築(営業力強化と人材育成」


■人事部長Iさん

「適正な評価・能力開発を通じた、ひとの成長を支える事業基盤づくり」


■営業部長Sさん

「企業発展のために組織と個人の目標をすり合わせる」



後半部では、部下や従業員を育て導く立場

指導者としての理念の源となる「働く論」の発表。


働くとは・・・

■ベテラン人事Fさん

「『おもしろさ』の質を転換させること」


■人事部長Iさん

「成長の証」


■営業部長Sさん

「降りかかる道理に合わない事や

 自分自身の壁を乗り越えることで成長し続ける事



前川孝雄の"はたらく論"

この「働く論」については、

自身の経験を棚卸し、部下や従業員には

恥ずかしくていえなかった若手時代子供時代にまで遡った物語から得られた

自分以外では語れない「思い」を語っていただきました。


1年間伴走してきた私をはじめ、スタッフ、聴講者のみなさん

ぐっと胸に詰まる感動を覚えてらっしゃいました。


続いて

本当はゲストに起こしいただける予定だったものの、

震災の影響でNGとなってしまった

老舗ビジネス生き方雑誌「プレジデント 」の長坂嘉昭編集長から

届いたメッセージを私が代読。


こ時代に生きるわれわれが

とても勇気づけられる素晴らしいメッセージでしたので

みなさんにもぜひご紹介したい思います。

************************************************************

この国難を日本再生の転機にーー。

足もとを見れば、不安ばかりが募る、この先を思えば、悩みがつきない。
ようやく訪れた景気回復の出はなを挫かれ、
頼みの経済力の足もとが揺らいでいる。
いまや全国民が自信を失ったようにも見える。
このまま日本はずるずる下り坂を行くのか、
修羅場の力を見せて、再び浮かぶのか。
    いまは、その転機。

田原総一朗さんは言います。「これは第2の敗戦だ」と。
そう。この国難が「第二の敗戦」ならば
再び世界に「奇跡の戦後復興」を見せてあげましょう。

眼前の光景は見る者の心を押しつぶすほど
壮絶ですが、立ちすくんでいては、
夢を断たれた人は浮かばれません。

卒業生の皆さま、今こそ手を携え、心をひとつにして
日本に「希望の経済」を!皆さまの力に期待しています。

***********************************************************

長坂さん、有り難うございます。

プレジデントの編集にかける強い思いも感じさせていただきました。


最後は全員で卒業記念の写真をパチリ。



前川孝雄の"はたらく論"


続いて、4月以降の

キャリアナビゲーターズゼミ の運営・参加方法などについて

パートナーの戸山孝先生から発表。


夜は、ゼミ生やOB、

見学に来られたYさんも参加されての打ち上げ。


前川孝雄の"はたらく論"

前川孝雄の"はたらく論"


立ち上げた私が言うのも何ですが、

本当に、同じような高い志、人を育て導くことに対する

強い意欲を持つ大人同士のコミュニティは居心地がよいです(笑)



この時期、思案しましたが、

開催を断行してよかった。本当にそう思います。


こういう熱い大人たちの学び場が

どんどん広がっていきますよう

できることを続けたいと思います。


また、多くの現場リーダーのみなさんと一緒に汗をかき続けたなかで、

今の日本に必要なFeelリーダーシップ というコンセプトも

私のなかで見えてきました。


働くことは自分のためだけにあらず。

組織とは営利のためだけにあらず。


右肩上がりが期待できなくなってきた現代社会に

変わり始めていた「働くこと」「組織のあり方」が

未曾有の、戦後史上最大の自然災害に見舞われ、

3.11前後で一気に加速したと感じています。


手をあげてくださる方、

気軽にメッセージ をくださいね。


-----------------------------------------

経営者の「思い」を従業員に伝え浸透させるには?

全従業員の「求心力」を生み出す人事戦略

●日 時 : 2011年4月14日(木)14:00~16:00
●講 師 : 長谷川 満 FeelWorksパートナー

       (中小・ベンチャー企業の社外人事部長)

-----------------------------------------

-----------------------------------------

震災・市場成熟でも、人と組織をあきらめない!
試練の日本企業に求められるFeelリーダーシップ

●日 時 : 2011年4月21日(木)14:00~16:00
●講 師 : 前川 孝雄 FeelWorks代表取締役

------------------------------------


()FeelWorksの活動は、以下でもチェックくださいね。

◆FeelWorksのホームページ

前川孝雄@FeelWorks代表取締役さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス