お久しぶりdesu~!


         正シャン7回目でございます~♪



そろそろ大詰めになってきましたよ~


今回は泡立ちと荒れについてです~!!



基本


・油分が多いと泡立ちは悪い


・油(脂質)を分解する


☆パーマ&カラーで髪が傷むというよりは、お客様がされている普段のケアで

 パーマ&カラー時にダメージが表面化する可能性が高い


・シャンプーは傷みます!いたむものです(正シャン1で書きましたよ)




みなさまもお解りだと思いますが


食事後の後片付けで油分が多い食器を洗う時、ドロ(油)汚れのひどい手を洗う時


泡立ちも悪く、なかなか油汚れが落ちないですよね・・・


そういう時はどうされますか?


熱めのお湯で2度か3度洗いますよね


水よりもお湯の方が汚れも落ちやすいですし


1回目よりも2回目の方が泡立ちも良いですよね



でも・・・



手がツッパリますね・・・


そういう時はハンドクリームをつけますよね




髪も一緒です



髪が油分の多い状態だと、どのようなシャンプーでも泡立ち × です


ので


熱めのお湯でしっかりすすぎ、軽く1度目を洗い、すすいでからいつものシャンプー


これで汚れはしっかり落ちます


が、スタイリング剤によってはもう1度、焼き肉けむりモンモン浴びの後も・・・




ですが



気を付けないと先程お話しした手がツッパルのと一緒で


髪も頭皮も負担が大きくなってしまうんですね


気持ち良~く泡は立つのですが・・・



髪や肌にに必要なあぶら、正シャン4でもお話しした


CMC


までとってしまうのです・・・


+冬は乾燥・・・




なぜ肌(手)がツッパル(荒れる)のか?



お湯(水)、洗剤による脱脂(油分が取られる)


それに伴う水分の減少(ガードが破られたためカサカサしてくる)


これが繰り返される


答えは 荒れ


取られた油は取り戻せ~


状態に合わせたこまめなクリーム処置が必要ですね





自分達美容師も1日に何十人とシャンプーをする場合があります


特に美容アシスタントの方達は冬は厳しく、指の関節は曲がりません


でも頑張ります!


シャンプー、気持ちいいですからね♪




次回は もしかしたら最後かなぁ?



今回のポイントをまとめて書いてみよっかな



寒いから


終了~☆(^_-)☆




FEEL HP


FEEL Facebook






FEEL☆TADA Fujimura






AD