餅と母乳 | jasmin jasmin 女医の子育て。

jasmin jasmin 女医の子育て。

ほぼ毎日、描いているマンガなどです。


テーマ:
Twitterで母乳について話していた時に、みかんさん
という人と知り合いました。

お餅を食べると母乳がよく出るようになるというのは
本当なのかと話していたんですが、私が都市伝説の
ようなものではないかと言ったところ、栄養士さんに
電話して真偽を確かめてくれたんです。



きっとご自身も栄養士さんにそう言われた後、
本当かな?とずっと覚えていたんでしょうね。

「私に指導した栄養士さんは外回り中とのことで他の方が
回答くださったんですが、社内の文献や研究者に確認を
取ったところ餅の粘り成分(アミロペクチン)が乳管や乳腺に
悪影響を与えるという研究・文献は見当たらないとのことでした。
電話では授乳初期の乳管が開ききっていない時期に餅のような
高カロリーな物を続けて摂取するとつまりやすい体質の人は
より詰まりやすくなるので、それを言いたかったのではないか、
と。しかし有資格者にいかにもソースがあるかのように
言われると信じちゃいますよね。。。」


というのがみかんさんが教えてくれた回答です。
でも、その代わりに回答してくれた人の意見というかフォローも
あまり科学的ではないと思うんです。




$jasmin jasmin 女医の子育て。





高カロリーの食物を摂り続けると乳管が詰まりやすくなる
でしょうか?そういう医学的な根拠はないんです。

充分に母乳を飲み取られない→乳汁うっ滞→塞栓→乳腺炎
というように乳管が詰まるのです。乳汁の塞栓は食物との
関連が証明されていません。
(ペリネイタルケア2009夏期増刊p60、p239)

高カロリーといえば高脂肪の食物があげられますが、
脂肪滴は乳管の一番細いところよりもずっと小さいので、
脂肪が詰まって乳腺炎になる訳ではありません。




$jasmin jasmin 女医の子育て。



太ると母乳が作られすぎて乳管が詰まるでしょうか?
それも医学的に根拠のないことだと思います。太ると
確かに循環血液量は多少増えるかも知れませんが、
太って血液が増えるなら、輸血はいらないですね。
母乳は血液から作られるので、血液量がほとんど変わらな
ければ母乳の量も増えないと思います。「母乳育児支援講座」
水野克己・水野紀子著によれば妊娠前に過体重(BMI>26kg/m2)
であった女性では産後48時間時点で測定した児の吸綴に
対するプロラクチンの反応がやや弱い(p23)ということなので、
出産後、もともと太っていた女性は母乳が初めは出にくい
かもしれません。

同じく、お餅もカロリーが高いですが、その栄養士さんが
言った粘り成分のアミロペクチンが乳腺に悪いという論文は
ないようです。逆に母乳をたくさん出すという研究した
ものはどうなのかなと医中誌という医学雑誌の検索サイトを
見てみました。アミロペクチンと母乳につい検索し、
て引っかかった文献はありませんでした。





私もそう思います。昔から言われていることには、
科学的に証明できることと、あまり科学的ではないこと
があると思いますが、お餅が母乳をよく出すというのは
後者ではないかと思います。




$jasmin jasmin 女医の子育て。



私の推測ですが、育児に苦労している母には美味しい物を
食べさせようということではないかと思います。ご馳走を
食べて頑張ってもらおうというような。

地域によって、母乳にいいとされる食物は違い、沖縄では
パパイヤがいいと言われているそうですし(情報源は母乳の
専門家、涌谷桐子さん!)、フィリピンでは野菜スープや
貝がいいと言われていると菜の花さんに聞きました。




すぐ使える!70の事例から学ぶ母乳育児支援ブック
すれ違いコミュニケーションをなくそう!/涌谷桐子

¥4,200 楽天

以前に、水野克己先生・水野紀子先生の母乳の本を紹介
しましたが(こちら)、この本もとってもいいです。
医療者向けですが、これを読んだら民間信仰やお母さん
どうしの噂よりもずっと正確な知識が得られます。






$jasmin jasmin 女医の子育て。
母乳については調べれば調べるほど
興味深い話が出てきます。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス