みなさんこんにちは

【自分らしさを感じる似合うを見つけてさらに輝く】

スマイルアップミディエイター石原智美です

書きながら、どうしても文章がかたいなと気づきました

 

ここ半年の出来事を振り返ってみて

【おしゃれになる、素敵になる、似合うを見つける方法】って結局なんだろう?

考えた結果、どうしても、とても味気なくてすごく当たり前のことにたどり着いてしまうのです

 

客観的に見る、受け止める、感じる、分析する、組み立てる(表現する)

 

理想のスタイルや憧れのファッションなどなど

想いをあふれるほどに抱えていても

見極める力、判断して調整する力、組み立て力がないと

実現しづらいものだと実感しました

 

おしゃれな人は

スタイルがいい、目鼻立ちが整っている

センスのいい親御さんのもとで育ったなど

調整すべき要素がとても少ないので

たいてい何を着てもおしゃれに見えます

 

そうでない人はおしゃれに見えるために

何かを、なにかしらの方法で、調整する必要があります

 

何を、どのように調整するのか

何かを足すのか、取り除くのか、あるいは錯覚させるのか

そのためにはたくさん見ること、感じるトレーニングが必要です

 

例えば、かわいらしくなりたいと願うAさん

顔つきは丸顔で色白

ヘアスタイルは前髪を作ったふんわりパーマ

体つきは華奢で女性らしさが感じられて

服装も明るい色彩でフリルなどの曲線を感じる服

でも、つり目

 

どこを調整すれば、願う【かわいらしい】に近づくか、なんとなくわかりますよね

Aさんの場合は、つり目です

 

このように、人のことならなんとなく判断できるのに

自分のことは判断が鈍るのはなぜでしょうか

願いや理想があふれすぎているのかもしれません

 

特に、私は【なりたい自分がなかった】ので

とりあえず、【とにかく、やさしい人に見られる】ことをめざして

服を少しずつ変え始めましたが

それでもいまいちパッとしませんでした

 

この半年で出会った人たちからは

もっとパワフルな色でもいい

直線的な要素も生かしてみたら、と

考えたこともなかったコメントをもらいました

 

どうしてそんなコメントをもらうのだろう

パワフルでシャープな感じにしたら、怖がられてしまう

人から好かれなくなって孤立してしまう、と

とても戸惑って迷いました

 

すごく悩んで考えた結果、コメントをくれた人たちは

私がずっと押し殺してきたものに反応しているのかもしれない

と気づきました

 

ごくまれにですが

すごく優しいけど、怒らせたら怖い人だよね

落ち着いているけど、ほんとは激しいでしょ

と初対面の人から言われることがあって

そんなときは

普段のわたしの【やさしい】は訓練されたものだと

この人は見抜いているんだな~と思ってしまいます

 

人と仲良くするためには、がまんしなければいけないことがある

(したくなくてもみんなと同じことをする、言うべきことも言わない)

人と円満に過ごすためには、パワーがないふりをしなければいけないことがある

(知っていても知らないふりをする、できるけどできないふりをする)

 

そう言い聞かせてずっと生きてきたけど、裏返せば

がまんなんてしたくない

思う存分に生きてみたい

という願いを押し殺してきたということなんだと思います

 

自分で願いつづけてきた【やさしくみられたい】以上に、

まったく認識していなかった【思う存分生きてみたい】を

キャッチしてくれた人たちのおかげで

方向転換が始まりました

 

自分の願いはもちろん大切にすべきですが

自分が自覚していること以上に
他人がキャッチしてくれることの中に
もっと素敵なものが隠れていたりもします

 

やさしくみられる、感じがいい、品よくみられるのは当たり前のことで

自分らしさという彩りを添えて【似合う】【おしゃれ】が形になります

 

そしたら、自分らしさってなんだろう?

自分がもっているたくさんのボディメッセージを紐解くこと

自分が自覚していること、実は思っていたことを紐解くこと

再スタートとしてスマイルアップクローゼット計画が始まります

 

 

 

こんにちは

自分らしさを感じる似合うを見つけてさらに輝く

スマイルアップミディエイター石原智美です

 

本来の【似合う】【おしゃれ】な自分を見つけるために

現在ではさまざまな診断がありますね

 

顔タイプ診断

パーソナルカラー診断

骨格診断

印象診断などなど

これらの【診断】をすべて正式に受けて、きちんとした結果を手に入れたら

次の日からすべてが解決しそうな予感がします

 

でも、実際は

すぐおしゃれになるAさんと

おしゃれになるまで時間がかかるBさんに分かれます

(これは本当の話です)

 

やる気が足りないから?予算が少ないから?

やる気も、予算も、要素として含まれる部分は確かにあります

しかし、AさんBさんどちらも同じ熱意、同じ予算で取り組んだとしても

分かれてしまう要因は何でしょうか

 

大切なことは

各種の診断はあくまでも手がかり、ヒントであると理解しておくこと

そして

自分自身を客観的に見つめる、感じる、分析する力を持つことです

 

私たちは、双子でどんなに似ていてもまったく同じ人はいなくて、

お顔(目や鼻の大きさや位置のバランス、髪形)

からだ(身長、体重、ふっくらやゴツゴツなどの質感、声の調子、髪色や質感)

パッと見の印象(やさしそう、おこりんぼ、めんどくさがり)

など、たくさんの非言語のボディメッセージと一緒に生きています

 

ただ黙って手ぶらで立っている人を見ても

性格や職業、生活状態などがなんとなくイメージできるのは

五感で伝わることのすべてにメッセージが含まれているからです

(見た時や聞いた時に感じること)

 

芸能人や経営者など

自分で【意識してメッセージを作って表現している】人もいるし

まったく何も【意識していなくてもメッセージが出てしまっている】人もいます

 

自分を見つめることは、自分を知ることです

どんな顔つきで、どんな体格で、どんな質感や色をもっているのか

どんな性格をしていて、どんな価値観をもっているのか

言葉になりづらいあらゆるボディメッセージの1つ1つをすくいあげ

感じて、分析・分類することが【自分らしさを感じる似合う】につながります

 

なので

診断を受けてすぐおしゃれになる人は

自分を知っていて、ヒントをもとにすぐ実践できる人

あるいは

自分をあまり知らなくても、ボディメッセージに共通点が多くて調整しやすい人

ということになり

 

診断を受けておしゃれになるまでに時間がかかる人は

自分をほとんど知らなくて、ヒントをもとに実践するのが難しい人

あるいは

自分を知っていても、ボディメッセージに共通点が少なかったり

突出したような要素があって調整にどうしても時間がかかる人

ということになります

 

長く書いてしまいましたが

過去に私自身が診断結果があればすぐステキになれると勘違いして

自分をほとんど見つめてこなかったために、すごく時間がかかった(………。)

ということをお伝えしたくて書きました

 

ここ半年間の体験を整理しながら

【じゃあどうしたら素敵になれるのか?】を書いていきます

 

 

新年あけましておめでとうございます

スマイルアップミディエイターとして活動します、石原智美です

 

肩書とかしたいことなどをずっとずっと考えていて

無理をせずに、自分らしさを感じる【似合う】があることを伝えたい

今よりもさらに素敵な自分=本来の自分と手を取り合う場面にいたい

笑顔を底上げしたい

ということに落ち着いたので

 

笑顔を底上げ=スマイルアップ

手を取り合う立場=仲介者・調停者=ミディエイター

としました

 

活動名もパンソー(PINCEAU=筆)としていましたが

自分らしさ、自分らしく、私らしさを表現するとか

らしくらしくばかり言ってることに気づいたので

自分らしく=ラシック

に変えました

 

ダジャレてますけど【似合う】の要素が込められています

L=Live Life

A=Attitude

S=Style

S=Shape

I=Image

C=Color

【似合う】色やかたち、世界観を知ること

意思をもって自分の人生をいきる=自分を表現すること

 

まずは私自身が実践するべく【スマイルアップクローゼット】計画として

日々の研究(?)を記録していきます

本当の最終目標は【スマイルアップスタイリング】ですが

スタイリング=ただ着るのではなく、自分を表現するために着こなすこと

なので、クローゼットを整えることから始めます

 

2020年もどうぞよろしくお願いいたします(^^)

 

こんにちは、MENOMENOです。

梅雨明けしたら、じりっとした暑さに変わりましたね。

 

星よみ講座でお世話になっていた

月とヨガ・ゆみ先生からお声かけいただいて

薬膳スープの会に参加してきました。

 

薬膳

という文字の並びが

すでに健康そのものな気がしますよね。

 

会場について、玄関に入るといきなり

何かわからないけど香ばしいような

ハーブやスパイスのような香り!

 

薬膳を教えて下さった

まき先生から食材やレシピの説明を聞いたら

「お腹すいてるでしょう(^^)

無理のない範囲で食べてくださいね」と

スープを出してくださいました。

 

今回のスープのテーマは「むくみ」。

むくみにもいろいろな原因があって

それに対応した薬膳があるそうです。

鶏肉、トウモロコシ、あずき、クコの実と

薬膳のエキスとしてトウキ、ブクリョウが入っていました。

(トウキとブクリョウはお茶パックに入れて煮るそうです)

 

まき先生のお人柄がとっても穏やかで楽しくて、

スープやごはんの味もしみわたるような穏やかさで、

最近ずっと

何か食べたいけど食べたくない気持ちだった私は

こんなのを食べたかったのかもな~と思いながら

完食しました!(笑)

 

食べながら、お話を聞きながら、

まき先生とゆみ先生はなんだか似てるな~と思ったんですが

こういうことも、きっと何かのヒントなのでしょうね。

 

いただいたキット(薬膳の材料がパックに入っているもの)を

眺めながら、スープから作るか、お茶からいただくか考えながら

薬膳の本もちょっと読んでみたいと思いました。

 

ゆみ先生、まき先生、すてきな時間をありがとうございました(^^)

 

 

★今回の学び★

いま現在の、からだの状態を答えられますか?

(冷え性、だけど真夏の今でも寒くて仕方ないですか?)

=いま現在の私を知る、そして必要があれば対処する

 

からだを冷やしてはいけないが

温めていなければいけないというわけではない

=どちらに偏ってもよくない

=効果があるからといって毎日ガブガブ食べるのは×

 

ひややっこに薬味は理に適っている

薬膳的に豆腐はからだを冷やす+薬味はからだを温める

=プラスマイナスをとっている

=昔からある食べ合わせは理に適っているものが多い

 

マクロビは地球規模、薬膳は宇宙規模

=星よみとかにもつながりそう

 

茶梅はおいしい!

(ドライフルーツのプルーンみたいな食感、酸っぱくない、おいしい!)

 

 

こんにちは、MENOMENOです。

もしかして梅雨は明けた?のでしょうか。

 

メイクインストラクター講座を受けたり

星読み講座を受けたり

この時期はなぜか出かけることが多くて

時間を確保できていないな~と

思っていましたが

 

瞬間に流されすぎず

自分でつくる!と決めて

大切な場所、好きな場所へお参りに行きました。

 

本当は翌日に行くつもりでしたが、

台風が大変かもということで

急きょ前倒しで行ってきたのでした。

 

不思議とどの場所でも

静かにしっかりお参りする時間があって、

ありがたいな~と感じました。

 

冷静に考えると、最近の私は

どうしてそんな無謀なことをと

今でも思っているけど

そんなことが実現できている

 

お金があること

ガミガミ文句を言ったり、全否定してこない家族がいること

(応援してくれているかはわからない…笑)

行き来できて、受講できているからだがあること

周りの人がハートがいい人ばっかりなこと

飛行機が時間通りに飛んで無事に行き来できること

必要なものはちゃんと与えられる感じがあること

とにかくいろいろたくさん

 

日々、守っていただいて、

与えていただいて、本当にありがとうございます。

私たちも愛を選んで生きていきますと

お伝えして帰宅しました。

 

おみくじをひいたら

「焦らずにしっかり勉強しなさい」

「行く時も帰る時も気を付けて移動しなさい」

ドンピシャなメッセージで

慣れたからと言って油断してはいけないなと

思い直しました。

 

この記事を読んで下さっている方も

ありがとうございます(^^)